« やめたほうが良いと思う・・・ | トップページ | トップの2人 »

2004/09/25

K-1ワールドグランプリ1回戦

 K-1ワールドグランプリ1回戦が行われた。試合を見ながらメモを取ったが、まとめるのが面倒なので、そのまま載せちゃうことにします^^;。

グラウベvsホースト
 1回戦屈指の技術戦。一撃必殺の空手対ミスターパーフェクトのコンビネーションではあるが、ホーストの老獪さが目立つ。

マイティーモーvsグッドリッジ
 マイティーモーのサモア遺伝子炸裂。しかしグッドリッジはいつ見ても礼儀正しいな、顔は怖いのに。

天田vsセフォー戦
 紀香、関西人らしく「どつき合い」とコメント。しかし、ミスマッチの感あり。セフォーが格の違いをみせる。解説陣が「差はない」と強調するのは滑稽な感じ。

スペシャルマッチ
曙vsボンヤスキー
 試合前のVTR、一発あたれば?当たり前やん。230kgあるんやで、『あたれば』KOの可能性あるにきまっとる。あんたの場合当たらないのが問題ですから!!残念!!と思っていたら、『当たる』以前に『打たない』では勝てませんから!!残念!!だった・・・。もし、逃げ回る=動くと思っているのなら、サンドバックだけを打ってなさい・・・。KOって完全にのびてるし・・・。これもミスマッチでしょう。正直な所曙は最早、K-1においては話題性はないと思う。実力にあったマッチメークを期待したい。

アーツvsマクドナルド
 動きのマクド、プレッシャーのアーツ。出だしは互いに持ち味を出し、好試合の予感。2Rで見えない膝を炸裂させたピーターが勝利だが、動きは悪くないものの全盛期を知るものとしては少しさびしい感じ。

武蔵vsアビディ
 正統派対ケンカ屋という図式ながら、どちらもパワーよりもスピード重視の戦い。パンチのアビディ、ミドルキックの武蔵とお互いに攻めあいつつ試合は展開する。なかなか思ったよりも好試合。ひとつは一発で倒れるだけのものがないから攻め合えるという感じもあるが、スピード感に溢れ、今までにない武蔵の戦い方にも好感を持てる。いつも思うことだが、解説のK-1プロデューサーの谷川さんはえこひいきがありすぎて鼻につく。まあ、武蔵の勝ちではあるが・・・谷川さんが言えば言うほど、勝ちっぽくなくなるのは何故だろう。

バンナvsボタ
 今度はうって変わって、ボクサー対決しかもパワー対決といえるだろう。KO必至という感じでわくわくする。パンチの打ち合いになるかと思いきや、バンナが冷静にキックを織り交ぜて優勢に試合を進める。しかし、ボタも肝心のパンチはなかなか食らわない、さすがは元世界チャンプだ。2R、さすがにボタはパンチが上手い、一発食らわせて、バンナにダメージを与え、冷静さを失わせると切れのあるパンチでダウンを奪う。意外にも最終3Rへ。ボタはボクサーらしくワン・ツーを中心に試合を展開し、上手く試合を運んだと思う。ここでも谷川さんのバンナえこひいきが鼻につく。ああ、ドローだ。こんなことがあって良いのだろうか。1ラウンドは確かにメモにあるとおり、バンナ優勢で1ポイントだ。でも2ラウンドはボタ優勢で、しかもダウンを奪って2ポイントボタ。3ラウンドは互角で確実にボタが勝っているはずだ。そして、バンナが試合を投げた。医学的になのだろうか、それとも・・・。もし心理的な部分ということであれば、私はバンナの勇気を讃えたいと思う。しかし、K-1は何度かこういう過ちを犯しているが(以前の魔裟斗戦でもありましたね。)、いい加減にこういうことを辞めないと、ファンは減ると思うんだけどなあ。ちなみにバンナは左腕の古傷が原因・・・ということらしい。 

 総括としてはテレビ中継の範囲では概ね良かったのではないだろうか。かみ合う相手をマッチメークしていたと思う(2試合を除いて)。ただ、ショーとしてのK-1を目指すのなら良いのだが、立ち技最強と言うなら、公正なジャッジとスターに甘い中継を辞めて欲しい。どんどんとつまらなくなっている気がする。

 試合の結果はコチラで。

|

« やめたほうが良いと思う・・・ | トップページ | トップの2人 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1521330

この記事へのトラックバック一覧です: K-1ワールドグランプリ1回戦:

« やめたほうが良いと思う・・・ | トップページ | トップの2人 »