« バカヤロー | トップページ | プレーオフが熱い!! »

2004/10/02

お慶び申し上げますm(_ _"m)ペコリ

 中日ドラゴンズのファンの皆様、優勝おめでとうございます。
 パ・リーグはまだプレーオフが始まったばかり、これから緊張を切らすことなく、しっかりと準備をして、セ・リーグの代表として、良いシリーズにしてくださいね。

以下、関連記事
負けて胴上げ、私らしくていいじゃない-オレ流優勝?
【立浪独占手記】常識外れなことはしていない「落合采配」
信子夫人も満面の笑み…後押ししたのは私なんです

 

 Dの優勝の原因を探るというか、もうはっきり言って明らかなのは、ディフェンスの勝利だ。投手陣が特に、リリーフ陣がしっかりしているのは言うまでもなく、それを後ろから支える二遊間、そして鉄壁の外野陣が素晴らしかった。昨日も負けはしたが、アレックスの素晴らしい守備などが随所にあり、怪我で途中離脱した福留とて、打撃だけでなく数々の好守備で盛りたてていた。野球というスポーツは単純で、サッカーのように得失点差という制度はない。つまり、相手よりも1点多く点を取れば良いわけで、最強打線である必要は全くないのだ。点が取れないなら取れないなりに、やらなければええねんという極単純な発想で野球をやっていたとのではないだろうか。なんせいくら最強打線と言っても、10本に4本ヒット打つ人間はおらんわけやし、多くて10本に3本、その中でもっと少ない1本くらいがHRになるとしても、打たれるタイミングさえ間違わなければ良いという、単純な計算の元に野球をしていたのだろう。Gの『取られたら取り返せばいいんじゃ』という加算の野球でなく、『まずは取られないようにしよう、で、相手より1点だけ多くとればいいんだ』という減算の野球を実践していた。去年のTと同じく、リリーフ陣がしっかりしている事で先発は安心して、思い切って投げられる。打撃陣も6回までに2点取れば、なんとかなる。そういう思いでやると集中力も増し、勢いにも乗りやすいはずだ。Gはヤンキース型の優勝を目指しているのかもしれないが、ヤンキースは今年はHR記録を塗り替えはしたが、ジーター、ロドリゲスの二遊間、そして松井、シェフィールド、ロフトンという外野陣、守備が物凄く良かったりするんだよね。抑えは言わずと知れたリベラがおるし、攻撃型に見えて、守りもしっかりしてるのです。ま、大味なチームがおってくれたほうが、DやSやTにとっては有難いんですけどねw。

 おっと、話が大幅にずれちゃいました。とにかく、全国3000万人の信子ファンのみなさん、おめでとう!!(あれ?w

|

« バカヤロー | トップページ | プレーオフが熱い!! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1572025

この記事へのトラックバック一覧です: お慶び申し上げますm(_ _"m)ペコリ:

« バカヤロー | トップページ | プレーオフが熱い!! »