« プレーオフの是非。 | トップページ | 落ち着かない球界。 »

2004/10/14

対オマーン戦

 K1MAXを見た後にサッカーを見ると判定があるのではないかと勘違いしてしまう〈うそw)。サッカーW杯予選オマーン戦の前半はまさに『判定では負け』と言う感じの展開であった。

 しかし、運は日本にあった。なんせ、私は個人的にセットプレーだけの選手と思っている中村俊輔からのクロスを、これがまた、日本一シュートの下手なFW(失礼w)鈴木が決めたのだ。しかも泥臭いシュートでなく、『当たった』シュートではなく(重ね重ね失礼w)綺麗なヘディングだったから、余計に運が良いなと思ってしまう。年に何度もある展開ではない(苦笑。そして、何より田中誠のブロックだ。完全に1点のプレーだっただけに本当に良く守ってくれたと思うし、運が良かったとしか言いようがない。W杯予選については勝負と内容を同時に問うてはいけないようだ。それをして良いのはブラジルくらいで、後は勝てば良し、もしくは負けなければオッケーと思わなくてはならないのだろう。そういう意味では堅実に最終予選に進むことができたジーコジャパンには合格点をあげないといけないのだが・・・、やっぱり文句を言おう。一つ目はベンチ入りが18人のため、遠征メンバーのうちGKの土肥、三浦淳、藤田の3人がベンチから外れたというのを知ったときだ。『ジーコはやっぱり監督不適格。』の項でも述べたが、三浦淳を交代で使うかどうかは別として、彼はサイドの貴重な交代選手だ。なんせ、サイドのスペシャリストは一人しか居ないのだ。それをベンチから外して、万が一故障したらどうするのだろう?ましてや右サイドの加地は故障上がりのはずなのだが・・・。小笠原を真ん中に入れて、俊輔もしくは小野をサイドに回すのか?何故そういう人選になったのか、故障や体調の問題があるなら謝らなければならないが、実際のところどうなんだろうか?監督という職業は野球もサッカーも一番大事な仕事はリスクマネージメントだと思う。最悪の時にどうするか?という事が大事なのであって、試合に勝っている時、けが人が出ないときは何もしなくても良いくらいだ。
 この試合はそういう面でも運が良かったといえる。サッカーの神様と言われるジーコ。運だけでやっていけるのなら、それはそれで神様の働きなのだが、いつまでも運だけで勝ち抜けるほど甘くはないはずだ。
 結局交代のカードもロスタイムに入るまで1枚も切らなかった。ロスタイムに入ってようやくお情け程度に玉田を投入しただけだ。アウェーの過酷な条件の下、もう少しすっきりと交代のカードを使えなかったのだろうか。なんとか順調に勝ち進めたからこそ思う。本当にジーコで良いのか?と・・・。

 ちなみに収穫だと思ったのは、俊輔が意外に当たりに強くなっていること。大きな試合では1つはある、危険な場面は多々あったものの、DF面で集中力が切れなかったことだと思う。文句を言っておいてなんだが、とりあえずは良かったと思う。

|

« プレーオフの是非。 | トップページ | 落ち着かない球界。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1674622

この記事へのトラックバック一覧です: 対オマーン戦:

« プレーオフの是非。 | トップページ | 落ち着かない球界。 »