« 日本シリーズの展望・・・2 | トップページ | Just lose it »

2004/10/15

第2回ヒヤリング

 昨日プロ野球新規参入の第2回ヒヤリングが行われた。ライブドアがアダルト問題で参入ピンチの一方で楽天は潤沢な資金で参入アピールだそうだ。。

 この両方をみて疑問に思うことは楽天は「『年齢認証』しているから18歳以上は見れない」と言っている。つまり『年齢認証』さえすれば見れるんだよねえ。普通、こういうサイトは『18歳以上ですか?』とあり『イエス・ノー』を選択するだけで閲覧することができる。免許証の提示を求められるわけでもないし、自分が誰であるというサインをするわけでもない。つまり、誰でも見れるのだ。よくは知らないが、ライブドア社のほうとて、『年齢認証』くらいはしているだろう。堀江さんは「見つければ削除するし、ただ、完全とはいえない」と言っている。それに対して三木谷さんは「見られないようにしている」の1点張りだ。これはどう考えてもおかしい。論点が違うように思える。楽天は見よう(聞きよう)によっては『やるだけのことはやってますが、後は知りません』と言っている様にしか見れない(聞こえない)。エロゲー作成の件もそうだ。確かにライブドアは作っている。自分のところじゃなくソフト会社が・・・ってのは詭弁だ。少なくとも名前を出すことでロイヤリティーを貰っているのは事実だろう。じゃあ、作ってなきゃ良いのか?というとそうではないはずだ。楽天だってエロゲーを買おうと思えば買える。作成は駄目だが、売り買いは良いのか?私はこの辺が良く分からない。無修正は駄目で、モザイクが入っていれば良いのか?『女性ファンにもやさしい球団』というお言葉があったようだが、私がネット上でよく読むサンスポはフジサンケイグループであり、サンケイグループはヤクルトの所有者であるわけで、そのサイトには堂々と『おとなのサンスポ』なるアダルトサイト・・・勿論無修正ではないが・・・がある。風俗情報だって扱っている。読売だってヌードグラビアのある『ポスト』や『現代』の広告収入があるやんって私は思ってしまう。確かに、堀江さんの場合「あんた、ほんまにやる気あるの?」とは思う。つまりちゃんと想定問答をやってんの?って。その点三木谷さんはきちっとやっているようだが、実質を捉えなければいけないんじゃないの?って思ってしまう。何度も言うけれど、私は堀江さんは好きではない。正直かばう気は全くない(笑。ただ、『審査』と言う限りは公正にやって欲しいってだけだ。「公共財としてふさわしいか」という命題は本社だけに当てはまるのか、それとも球団並びに本社にも広告を出している全てのスポンサーもそうなのか、私には良く分からない。オーナーがすでに公共財としてふさわしくない球団もあったような気がするし・・・。
 話を戻そう。アダルトサイトの規制のみで球団が決まるのはおかしい。楽天がちゃんとやっているっていうのは楽天としてというだけであって、18歳未満が『絶対に』閲覧できないということではないのだ。その点を堀江さんは『うましか正直に』答えちゃっただけなのだ。球団経営の方法や理念で判断されることを私は心より望みます

|

« 日本シリーズの展望・・・2 | トップページ | Just lose it »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1685166

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ヒヤリング:

» でもやっぱりその発言はまずい [馬好きチャリ好きのブログ]
ライブドアと楽天のプロ野球参入問題。10/14に行われた審査小委員会の第2回ヒア [続きを読む]

受信: 2004/10/15 20:40

« 日本シリーズの展望・・・2 | トップページ | Just lose it »