« ( ̄- ̄)フーン | トップページ | ゴジラからGODDILAへ。 »

2004/10/17

日本シリーズ第2戦

 しかし、西武も中日も強い。お互いのミスやしぶとく食らいついたヒットをきっちりとモノにしていく野球はお互いにリーグを代表しているだけの事はあると思う。これで1-1とタイになったことで、お気楽野球ファンの私はシリーズが7戦まで行って、昨日今日のような良い勝負を見せて欲しいなって思います^^。

 いきなりのフェルナンデスのHR。西武が2点先制し、またもや、西武のペースかと思いきや、3回にようやくでた、先頭バッターをピッチャーの山本昌がシーズン通りに送り、チャンスを作るとこれまたシーズン通りに中日が畳み掛ける。しかし、この回の西武の二遊間は若さが出たと言えよう。野球だけに関わらず、勝負事に『たら・れば』は禁物とはいえ、あそこをゲッツーであれば、松坂の出来がどんどんと上がってきていた状況を考えると、試合が終わっていた可能性があった。井端のスライディングも良かったのは確かだが、投手としてはがっくりくるものがあったのだろう。味方のミスで広がったピンチであるからこそ、抑えなければという気持ちがあったのだろう。松坂の美徳でもあるが、悪い癖でもある『自分が何とかしなければ』というのが力みに繋がり、死球・四球を出してしまった。やはり、四球やエラーはこういう高レベルの試合の行方を左右するモノといえよう。
 4回に入って、松坂は気分を入れ替えて素晴らしいピッチングをしてくれた。アンダーシャツを長袖から半袖に替え、しっかりと気分を変えて投じた球の速いこと速い事。156kmを記録するのだから、やはり怪物だ。POの疲れも残っているだろうに、やっぱりお金の取れる選手なのだなと再認識させてもらった。
 そして、5回、松坂の切り替えに乗せられたのか、西武打線が再び山本昌を捕らえ、1番佐藤がこの日3安打目となるツーベースを放ち、同点に追いつき、一気に逆転をしてしまった。山本昌をここでKOだ。中日は松坂を先に引きずり降ろすことはできなかった。結果論だが、3回の2アウト満塁からしっかりと力みの入った松坂を崩せなかった事が尾を引いているように思う。それにしてもまさにしびれるような好試合を展開してくれている。ピッチャーが落合に変わっても、西武の勢いは変わらずカブレラ敬遠後に和田が打つなど一気に畳み掛けてきた。3回の中日との差がこのあたりに出てきそうだ。
 7回表に和田のソロHRで3点差とした西武、さらに立直った松坂なので試合がほぼ終わったと誰もが思ったその、裏の中日の攻撃、代打大西がしぶとく内野安打を打つと荒木が倒れた後、井端がヒットで繋ぐと、やはりチームのキーマンであり、2000本安打男の立浪がなんと、同点の3ラン。そして一気に逆転してしまった。
 まあ、落合監督は心憎い、もう3点差がつき、楽な局面で、昨日信じられないミスをした英智を代打で使い、しっかりと雪辱させたことで、次戦以降、使える目処がついたように思う。それに対して、松坂はちょっと心配だ。6-3で降板したのではなく、完全に逆転されてからの降板となってしまった。まあ、エースの宿命なのだろう。これを乗り越えてこそ、大エースになるのだと、きっと松坂自身もそう感じているはずだ。6戦か、7戦かでの登板に期待したい。
 

|

« ( ̄- ̄)フーン | トップページ | ゴジラからGODDILAへ。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1705531

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ第2戦:

« ( ̄- ̄)フーン | トップページ | ゴジラからGODDILAへ。 »