« よくある名前をつけた子は~♪(古いw | トップページ | たまには社会派で・・・ »

2004/10/19

日本シリーズ第3戦

 静かな投手戦の出だし、帆足、ドミンゴが持ち味を出し、展望4の予想を裏切り、謝らないといけないかと思った展開。しかしカブレラの大きな1発で、西武が先制し、続いて中島のHRで中押し、落合監督や立浪が第2戦後に言った『名古屋には帰らないかも』発言は西武のためにあるのか?と一時は思わせた。6回、中島のエラーをきっかけに、まさに畳み込むような中日の攻撃、谷繁がキャッチャーらしい読みで(まあ、もう打ってくださいの球だったが・・・)満塁弾を放つ。中日強しの印象よりも西武の若さが目立つ展開になってしまった。バッテリーも、内野陣もまだまだ発展途上(高木はいるんだけど、何故かピンチの場面で目立たない)。守備面だけでなく、メンタルのケアーも、井端、立浪のいる中日とはずいぶん差がある感じに見える。中継ぎ陣も岡本や落合といった老練なピッチャーのいる中日と、長田や小野寺といった、活きの良い若手との差は勢いのあるときは良いのだが、やはりピンチの時にモノを言うようだ。
 7回を迎えて、セ・リーグで散々やられているパターンなので中日の勝ちかと思って↑上の段落までのブログを書いたところ、西武が同点に追いついた・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ。そして、またもや、カブレラが逆転の満塁HR。やはりこの人が打つと流れが一気に変わる。この試合2本、果たしてシリーズの流れまで変えてしまうのか?
 しかし、この場面で理解できないのは岡本の続投だった。西武よりもベンチに4人も多く投手を入れ、シーズンも細かい継投で勝ち抜いてきた中日が、この局面のみ、気が変わって交代しなかった。この負けは中日が勝っていた試合であり、中日らしさを出して負けたわけではないので、大きな負けだと言える。第4戦以降岡本は使えなくなってしまった。勝ちパターンの投手が一人使えないというのは大きな損失だと思われる。
 出足と大きく違い、結局はエラーに四球・死球、そしてHRと大味な試合になってしまった。1,2戦と違い、シーソーゲームではあったが、試合としては面白い試合とはいえなかった。4戦目以降、流れは西武にある。先発はD山井、L張になるのであろうか。この試合も荒れそうな感じだが、良い試合を期待したい。

|

« よくある名前をつけた子は~♪(古いw | トップページ | たまには社会派で・・・ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1723065

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ第3戦:

« よくある名前をつけた子は~♪(古いw | トップページ | たまには社会派で・・・ »