« 切り口を変えてみましょうw | トップページ | ジーコはやっぱり監督不適格。 »

2004/10/23

日本シリーズの展望・・・6

 日本シリーズの展望もいよいよ最終回です。第5戦を終わって、Dが3勝、Lが2勝とDが一足早く王手をかけています。勝敗もDが優勢なのですが、展開的にもDが優勢と言えるでしょう。では、Lにチャンスがないか?と言えば、そうではなく、ある条件をクリアできれば、まだまだ勝負は分からないといえます。
 さて、そのある条件ですが、先発投手が7回、もしくは8回まで投げぬく事というものです。第6戦の先発はDが山本昌、Lがエース松坂、第7戦はDはたぶん、ドミンゴ、Lは石井貴でしょう。この先発投手のマッチアップだけで言えば、明らかにLが優勢なのです。ですから、早い回からの乱打戦にならずに7回できれば8回までの投手戦になれば、打力はLの方が上なだけに、チャンスは充分にあるといえるのです。早い回のうちに乱打戦、もしくはアクシデント等があって、先発投手が降板するようなことがあれば、ただでさえ頭数を4人多く揃え、しかも強力な中継ぎ陣を要するDのペースになることは間違いありません。Lは頼みの豊田までの中継ぎが打ち込まれ、打たれていなかったセットアッパーの小野寺までが第5戦でHR2本を浴びるという状況なので、先発が支えきれないと後ろの投手が相当開き直って必死で投げなければ駄目だと思います。 また、キャッチャーのリード面でもDの谷繁が一歩も二歩もリードしてしまっており、第4戦の山井、第5戦の川上のスライダーをL打撃陣が全くと言って良いほど打てなかったという実戦に基づくデーターを仕入れてしまっているのに対し、Lの細川、特に野田の配球は、HRバッターでないリナレスや立浪にHRを浴びていることからも分かるように、読まれていると言えます。
 パ・リーグPOの対ダイエー戦での勝因は松坂の内角攻めによってダイエー打撃陣がフォームを崩された事にありました。第6戦で松坂及びキャッチャーがどうやってDを攻め、フォームを崩させるかによって勝負は決まると思います。さてさて、明日はいよいよ最後になるかも知れません。巷では視聴率が悪いと言われているこの日本シリーズ、注目度はそれでも今期のGよりも上なのです。日本最高の試合を期待したいですね。

|

« 切り口を変えてみましょうw | トップページ | ジーコはやっぱり監督不適格。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1753562

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズの展望・・・6:

» 憲伸,最高!! [D.D.のたわごと]
今回は出張やら何やらで,生中継を見れなかったけれど, 川上憲伸,やってくれました! 前日の山井のピッチングから「外角スライダーが有効」 というデータを得るや,得... [続きを読む]

受信: 2004/10/23 22:43

« 切り口を変えてみましょうw | トップページ | ジーコはやっぱり監督不適格。 »