« ジーコはやっぱり監督不適格。 | トップページ | しょうがねえな、ホントに・・・ »

2004/10/24

日本シリーズ第6戦

 運命のめぐり合わせというのだろうか。日本シリーズ第6戦は運命との戦いであった。
 先発はお互いに日本シリーズでは勝てないD山本昌、L松坂の登板であった。持ち味を出しながら初回に1点を奪われた山本昌、そして、持ち味を全く出せないまま打たれた松坂。『まだ運命の神様はどちらの投手に勝たせるか迷っている』そんな感じの出だしであった。

 その出だしの流れを一気にDに引き寄せたのはラッキーボーイの井上である(個人的にはラッキーじじぃだと思うんだけどねえ・・・w)。2回、4回と何故かチャンスで回ってくる運命にあり、両方とも会心ではないにも関わらず、タイムリーヒットを打ったのだ。そうして逆転すると不思議なもので山本昌はベテランらしい本来の投球になってしまった。
 そのランナーを出してもかわすピッチングで持ち味を出していたピッチングを粘りに粘って打ち崩したのが和田であった。高めのボール気味ではあったが、見事なHRだった。やはり山本昌は勝てない運命にあったのだろうか・・・。
 さて、その後だが、打たれていたら落合批判をしなければならなかっただろう。ノーアウト3塁の局面で山本と代えたのは岡本であった。しかし、中島がくそボールを振って三振となった後は圧巻であった。細川、松坂と結果は三者連続三振。今回の短期決戦では使えないと思った岡本は、自分の悪い運命を断ち切れたようだ。点差では負けているものの、中日ペースのゲームになっている。
 うーん。7回の佐藤の三盗はもったいなかった。赤田がきっちりと送った意味を全く否定してしまった。松坂が調子が悪いながら力投しているだけに、フェル・カブ・和田に大事につないで欲しいところであった。
 そんな中で、もう流れもなにもない。和田という男は凄い。一人で粘って粘って自分のモノにしていく。後ろの弱い西武投手陣を和田が支えているかのような、そんな感じのバッターだ。これで、松坂が余裕をもってしまった。ついに運命の神様は松坂に微笑むのか、いや、運命の神様とはこの試合に限って言えば和田だったのかも知れない。そういう試合であった。松坂は調子が良くないまま本当に良く投げた。自分がなんとかするんだという気持ちのでた良いピッチングだった。まさにエース復権という感じだ。
 ところで、松坂完投するかと思わせたが、9回は豊田であった。賛否両論であろうかと思うが、私は正しい選択であったと思う。8回は抑えたものの2四球だし、なにより豊田は怪我しているとはいえ、登録されている限りは抑えの守護神なのである。打たれたとしてもこれはいたし方のない選択であったと思う。

 さて、私の望みどおり素晴らしい試合で7戦まで来てくれた。両チームに本当に感謝したいと思う。6戦で松坂が勝ったものの、D打線を崩すところまではいかなかったので、7戦は本当にガチンコ勝負という感じだ。L石井貴、Dドミンゴ(たぶんw)両先発が試合を壊さず、良い試合にして欲しいと思う。

 最後に今日の中継はフジテレビ系列。きちっと回の最初から中継してくれて、本当にありがとう。アナウンサーも無駄な絶叫がないし、デーブが少々五月蝿いけど、それでもまともなこと言っていたので邪魔にはならなかったと思う。

|

« ジーコはやっぱり監督不適格。 | トップページ | しょうがねえな、ホントに・・・ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1764122

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ第6戦:

» 西武、エース&主砲の活躍で日本一逆王手! [ひろのお部屋]
今シリーズ随一の『好ゲーム』だったと思います。松坂投手は、立ち上がりからフォーム [続きを読む]

受信: 2004/10/24 23:15

» 日本シリーズ・3勝3敗のタイに。 [トラファンニッキ。]
日本シリーズ第6戦 中日(3勝)●2-4○西武(3勝) 松坂・8回2失点の134 [続きを読む]

受信: 2004/10/24 23:25

« ジーコはやっぱり監督不適格。 | トップページ | しょうがねえな、ホントに・・・ »