« 晩御飯・・・6 | トップページ | 大敗・・・ »

2004/11/15

日米野球・・・

 結局のところ1試合も見なかった日米野球が終わったらしい。その中でTの赤星が全米4番のオルティスからスーツケースに入れて持って帰りたいと言われたらしい(苦笑。わずか170cmの小さなレッドスターがメジャー相手に3割を超え、盗塁もビシバシ決めるのがメジャーの選手達にも新鮮だったようだ。こういうタイプの選手が注目されるのもイチローのおかげなのだろうが、当の赤星はありがたいことに「生涯虎宣言」をしてくれている。まあ、お祭りの日米野球でちょっと活躍したからと言って、馬鹿みたいに『メジャー、メジャー』と、タンスでも買うんかい!と言う感じで連呼するあんぽんたんとはちょっと違い、己を知っているとも言えるのだろう。イチローはメジャーの選手が認めるようにパワーもあるけれど、自分の役割を果たすために使っていないのであって、本当に非力な赤星とは違うわけだ(赤星は自分の非力を自覚して、それを逆利用して日本球界で生きてきているので、非力を非難しているわけでもなんでもないです)。『敵を知り、己を知れば、百戦危うからず』とは孫子の兵法だが、赤星は少なくとも己を知っている立派な選手なんだなと、改めて見直してしまった。自分の盗塁の数だけ車椅子を寄付する心優しきレッドスター、これからも応援していきたいなと思う次第ですw。

 

 さて、上のリンクでも紹介している記事の下に王監督の談話が載っている。抜粋してみると「(大リーグ選抜は)この8試合の中で一番気合が入っていた。技術的な差はどんどん縮まっているが、パワーと取り組む姿勢が違っていた」ということらしい。8試合目で有終の美を飾ろうとするメジャーが本気だったのは分かる。技術的な差が縮まってきている・・・ちょっと疑問だな。何故ならば、大リーグ公式球という『飛ばないボール』を使って行われた本大会、パワーの差がHRの差だとは全く思わない。勿論王監督が言うようにパワーの差が一番大きい。しかしHRというのはパワーのみで生まれる訳ではないはずだ。芯に当てるバットコントロールという技術的な問題が一番大きいのではないのか。現に第3戦で先発した元ヤクルト石井が語っているところによれば、「真っすぐのスピードは全然出ていなかったのに、日本の打者は、バットのしんじゃないところを打ってくれたんで助かった」ということなのだ。そして、何より問題なのは王監督が言う最後のコメント、取り組む姿勢が違っていたって、あんた、本来、本気を出さなければいけないのは日本代表の方じゃないのかな?メジャーに行きたい行きたいという選手が多い中、日本のファンのために、メジャーの誇りの為に気合いを入れてプレーをした全米代表。それに対して監督自ら取り組む姿勢が・・・と言われる日本代表。ついこの間ストまで行わないといけない状況だったという日本球界の事を考えているのだろうか。本当に大切なのは自らの誇りと応援してくれるファンだという真摯な姿勢がなければ、やっぱり日本の球界の未来は暗いなと思います。

|

« 晩御飯・・・6 | トップページ | 大敗・・・ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

あら?最終戦先発のエース・・・?
・・・えっと、まっいいかw

投稿: 水色 | 2004/11/15 12:13

あたし、井川、井川慶、阪神タイガースのエースです。
打たれて負けても、ゲームを作れた
やっぱりメジャーだ、メジャーだって言うじゃない・・・
でも、あんた、メジャーではかったのはあんたの力じゃなくって髪の毛の長さですから!!!残念!!!!
さっさと床屋で髪の毛を・・・・斬り!!
(by波田陽区w

投稿: グーパパ | 2004/11/15 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/1966438

この記事へのトラックバック一覧です: 日米野球・・・:

» 日米野球終了 [THIS WORLD]
あっという間に終わってしまいました。 結果は日本3勝大リーグ5勝。 大リーグチームには歯が立たないですね。 パワーは違うし技術も上。 ピッチャーはある程度結果を... [続きを読む]

受信: 2004/11/15 11:56

» 赤星〜〜!!! [・・* WORLD-STAR *・・]
赤星が井川のメジャー熱を擁護「温かく見守って下さい」(サンスポ) 阪神・赤星憲広外野手(28)が18日、兵庫・東条町の『タイガースG・C』で行われた選手会ゴル... [続きを読む]

受信: 2004/11/19 17:53

« 晩御飯・・・6 | トップページ | 大敗・・・ »