« ラグビー・・・ | トップページ | 根来裁きは期待できんよなw »

2004/11/22

爪の垢下さい・・・

NBA9選手に重い処分

 大乱闘騒ぎのあったNBA、スターン・コミッショナーが関係した9選手の処分を発表した。こういう事件があったときに、コミッショナーが声明をきちっと発表し、処分をきちっと下す。勿論、ブレーンがいて、声明文を考え、処分について論議したのだろうが、コミッショナーの権限というものがちゃんと確立されているのだなっと思わせる。経営者と選手会がもめて、スト決行か!!というときになって、ようやく自らの辞任(逃げともいうけどねw)をちらつかせて、収拾のつかない事態を余計にややこしくした某根来コミッショナーとはずいぶんと違うモノだなっと思う。ここらが、派閥の原理で動かなくてはならない総理大臣がトップの日本と、責任も大きい代わりに権力も大きい大統領制のアメリカとの違いなのだろうか。何も権力者を育て上げようっていうわけじゃない。どこかの球団の元オーナーのように権力を持っても使い方を知らないあんぽんたんでは困るのだ。責任をきちっと取れる人が、事態を収束させ、選手だけでなく、警備のあり方、ファンへの接し方まで考えて声明を出す姿が格好良いのだ。そして羨ましいのだ。日本のスポーツ界では唯一サッカーの川渕キャプテンがそういう役割を果たせそうな、そう、まだきちっと果たしているとは言い切れないが、そういう存在になりつつあるのではないだろうか。サッカーの場合、社長は経営者側でもGMの多くはサッカー選手出身だということを考えてもバランスが取れているのだろう。アメリカのスポーツ界、そして今そうなりつつあるサッカー界のようなシステムが野球界にも入ってくれば、今年のような悲しい出来事が少しは減るのではないだろうか。少なくとも某根来コミッショナーには飲ませたいねえ、爪の垢・・・。

|

« ラグビー・・・ | トップページ | 根来裁きは期待できんよなw »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今期ペーサーズは終わっちゃいましたね。
バスケを、そしてNBAを愛するが故の厳しい処分、
すばやい判断・・・
そして「多少のファンは離れるかも知れないが・・」
筋を通すコミッショナーの厳格な態度を表明にする・・・
普通なのに、凄いと思う、微妙な感情w

オーナー会議が最終決定機関では、いかんともし難い。

投稿: 水色 | 2004/11/22 14:50

ペイサーズといえば、レジー・ミラー。
反骨精神が旺盛で、その3Pシュートが決まりだすと
止まらないことから、ミラータイムと言われる。
39歳のベテランにちょっと期待しつつ、
さすがに年齢が年齢だから、期待を一身に背負うのは辛いかな^^;

まあ、コミッショナーが尊敬されるのは、決断の早さも
処断の厳しさもあるけれど、やはり公平だからなんでしょうね。
ファンを殴った選手は言語道断、でも騒ぎを起こしたファンに
対しても厳しく接する。
公序良俗に反するファンは要らないんだ!という断固たる姿勢。
尊敬はその地位や権限に対してではなく、その人柄や姿勢なんでしょうね。

投稿: グーパパ | 2004/11/22 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/2031702

この記事へのトラックバック一覧です: 爪の垢下さい・・・:

« ラグビー・・・ | トップページ | 根来裁きは期待できんよなw »