« 晩御飯・・・9 | トップページ | まずは1本!! »

2004/12/12

トヨタカップを見て・・・

 Jリーグは日程を考えないといけない。Jリーグチャンピオンシップの次の日にトヨタカップ。私は欧州(南米)崇拝主義でもないし、権威崇拝主義でもないが、それでもレベルの違いを感じずにはいられない。浦和が攻め、横浜が守りカウンター、ポルトが攻め、オンセが守りカウンターの構図は同じだが、シュートの正確さ、そして力強さなどなど日を違えて、世界トップレベルとの差をまざまざと見せ付けられた感じがある。 
 オンセGKのエナオの反応の速さ、ポルトのFWマッカーシーのミドルシュートの音・・・。まさに鳥肌が立つような試合であった。昨日のCSも確かに良い試合ではあったが、組織の美しさに大きな差があるような気がしてならない。何より差を感じるのはゴールが見える位置で前を向いたら、100%と言っていいほど、シュートを放つ・・・そして、それが枠に行くということだろう。DFに当たったり、ポストに嫌われたりしたこともあるが、たいていは相手を、そして観衆を驚かす場所に行くのだ。
 元日本代表の某FWのように点の入る確率を考えてパスを出すこともある・・・などと言う選手は一人もいないと言っていいだろう。なぜならば、シュートを打たない限り点は入らないからだ。パスを出して、出された選手がシュートを外すかも知れないなら、自分で打って、外すのも自分なのだという考え方をしているのだろう。欧州にいる日本人選手が小野と中田以外に評価されないのは流れの中で点を取れる選手がいないからだ。俊輔が高い技術の割りに評価が低いのもこの点に尽きるし、『日本人選手といえば中田』と言われるのも欧州デビュー戦のしかも対ユベントス戦で2得点も挙げたからなのだ。それくらい世界のサッカーはシュートにこだわる。きっと昨日のCSに物足りなさを感じるのも綺麗なゴールを決めようとするあまり、シュートが決定的に少ないという事なのだろうと思う。じっと引いて守るオンセですら、シュートを放つ。この姿勢が変わらない限り、日本のサッカーがいつまでも『得点力不足』と言われ続けるのだろう・・・。

|

« 晩御飯・・・9 | トップページ | まずは1本!! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

シュートを打つ・・・基本的に点取りゲームなのだ(入る入らないは結果論で)・・・再確認させられますね。CSでも、やはり岡田監督は延長で、Vゴールを狙うぞ!と言ったそうだが、加えて再確認させられますね。ゴール前でパスを回すゲームではないのだ。。。たくましいFWの出現を待たねばならないのでしょうか?

投稿: 水色 | 2004/12/13 14:26

大久保みたいなやんちゃ坊主が
ロマーリオのように
やんちゃでも点を取ってくれると良いんですけど・・・w
欧州で日本人が受けている評価を考えることが
すべて・・・とは言いませんけど
少なくとも欧州に追いついていない現状を考えれば
参考にはすべきなのでしょうね。
昨日も小野がPSV戦で貴重なゴールを挙げたようです。
MFだけでなく、FWがFWとして扱って貰えるような
時代が早く来て欲しいモノです。

投稿: グーパパ | 2004/12/13 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/2245051

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタカップを見て・・・:

« 晩御飯・・・9 | トップページ | まずは1本!! »