« だいたひかる風・・・ | トップページ | 読書中感想文(笑。 »

2004/12/16

対ドイツ、親善試合・・・

 『惜しい』、『健闘』、そういう言葉はシュートを打ってから言って欲しい。『いい形』だけでは点は取れない。形を作ってもシュートを打たせないドイツ、打てない日本。この差はとてつもなく大きい。確かに親善試合、ベストメンバーではない等々、言い訳は沢山ある。ゴール前に立ちはだかる大きな壁のドイツ、それは戦う前から分かっていることで、来日後突然ドイツの身長が伸びたわけではないはずだ。しかし、ボールをシュートに結びつける特別な工夫もない。いつもと同じく、見ていてイライラする試合にかわりはない。シュートがゴールに結びつくかどうかは『結果』であって、親善試合にはそう大切なことではない。今大事なのは『形を作る』ことから『シュートを打つ』ところまで結びつけることなのではないか。トヨタカップの時にも言ったが、シュートを打たないことには点ならないのだ。今回の試合の成果といえば、2次予選を前にレベルの高い相手と試合経験を積むことが出来たという以外には何もない。

 今日の親善試合を見て、思い出したのが、今年の日米野球だ。技術は大リーグに負けていないと思われた日本の野球が、メジャーと比べてパワーよりも技術に劣ると思わせたのは記憶に新しい。それと同じく、技術では欧州に負けてない、差があるのは身体能力だけだと言われているサッカー。特にドイツはジダンのように華麗なステップを踏む選手がいたり、ベッカムの如く物凄いFKを蹴る選手が居たり、ロナウドやアンリのような技術に優れた選手が居るわけではない。それでも、ボールを持てば必ず前を向くその姿勢、ゴール前でのシュートの正確さ、フォローの早さ、いわゆるサッカーの基本という事をきっちりやっているだけなのだ。日本はそれが出来ない。リフティングをやらせれば日本の選手の方が上手いのかも知れない。FKの曲がり具合は日本人選手の方が上なのかも知れない。しかし基本の部分で欧州とはまだまだ差があることをまざまざと見せ付けられた試合であった。この差が小さいと感じるような選手は居ないはずだ。2次予選からドイツ本大会に行けることがあれば、見返せるように基本をしっかりと身につけなければならない・・・。悲しいし、悔しいが現実は厳しい(・_・、)。

|

« だいたひかる風・・・ | トップページ | 読書中感想文(笑。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/2287331

この記事へのトラックバック一覧です: 対ドイツ、親善試合・・・:

« だいたひかる風・・・ | トップページ | 読書中感想文(笑。 »