« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/31

やっぱり今年も主役はこの人?w

 堀内監督って意外と面白い。明日、プロ野球選手の正月とも言えるキャンプインを控えて、宮崎でのファンサービスについてコメントしている。


 ≪宮崎では“解説”サービス≫宮崎キャンプは堀内監督の“解説”から始まることになった。ファンサービスの一環として指揮官がファンの先生役を買って出たもので「巨人の監督というのは広報なんですよ。選手も危機感を持ってやってるし(自分も)積極的にやりますよ」と意欲を語った。

 とのことらしい。更に・・・


 「解説や説明をしたいんだよ。ファンからの単純な疑問にオレが答える。例えば“この投手はどうして勝てないのか”とかね」

 うーむ。なんとも他人事、『どうして勝てないのか分かっていて、どうして直せないの?』とのファンの質問にはどう答えるのだろう。昨年から解説者然として監督らしくない監督だった堀内さん。今年はファンサービスで更に解説者になるらしい・・・(苦笑。勿論、監督自ら色々な質問に答え、解説するのはとても良いことなのだけれど、例が悪すぎるよねえ~♪。 
真のファンサービスとは、まずはファンがワクワクするような試合をすること。ハラハラさせちゃいけませんから!!!残念!!!ってなところでしょうか(笑。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/01/29

カザフスタンさん、ごめんなさい。

 日本サッカー協会が何を意図して今日の試合を組んだのか・・・甚だ疑問だ。2月9日にW杯最終予選初日を迎えるにあたって、自信をつけさせようと言うのか?今更・・・・と思うのは私だけだろうか。相手のカザフスタン欧州予選でほぼ敗退が決定しているような状況・・・欧州予選グループ2で勝ち点を1点も上げられていないチームなのだ。今、日本が胸を貸せるほどの余裕があるとはとても思えず、対カザフの意図が全く見えない。調整試合と言ってしまえば、それまで。欧州組以外の選手のテストと言っても、これではテストにもならない。日本は欧州とは違い、1,2月はサッカーオフシーズンなのでコンディションを考えてのマッチメークだったのだろうか。それにしても見る価値の薄い、沢山集まったお客さんに申し訳ない感じの試合だ(前半25分で言ってしまうのもなんだが・・・w)。これが予選前でなければ、『沢山点を取ってよかったねえ~♪』で済む話なのだが・・・。非常に大事な時期なだけに、もうちょっと考えて、事前調査をしてマッチメークをして欲しかった。ディフェンスがバラバラ、キックは大きくふかしてしまう。1対1でもボールを簡単に取れる。今、日本が必要とするものを与えてくれる相手ではなかった。まあ、ほんの少し前まで日本がそうだったことを考えるとそこまで傲慢なことを言うのは憚られてしまうのだが、それでももうちょっと考えて欲しいと思う。次のシリアはアジア1次予選でバーレーンと同じ組の2位、やっぱりもうちょっと、後一レベル上の相手と試合をしたかったなあ。そりゃ、コンディション不足の中田、怪我の小野、ようやく復帰の稲本、わざわざ遠いところ来てもらうのはやっぱり悪いよね^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬って何よw

 実績と言おうか、貫禄と言おうか・・・。メジャー契約じゃなきゃ、ヤダっと、実績もないのにごねる日本人選手が多い中、日本人メジャーリーガーのパイオニア(マッシーさんを除く)の野茂がデビルレイズとマイナー契約したそうだ。以前も故障上がりでマイナー契約しながら、12勝をあげるなど実績を残してきた野茂だからこそ、故障が治り、調整ができればメジャー契約を勝ち取れる自信があるのだろう、堂々と「デビルレイズと合意に達し喜んでいる。開幕時には先発ローテーションに入れるよう、全力を尽くします」とのコメント。かつてイチローの上司であったルー・ピネラが野茂を先発で使う日が遠からず来るであろうと思わせるそんなコメントだ。以前、イチローが『3年結果を残して初めて一人前の口が利ける』という旨の発言をしたのを受けて、日本で1年ぽっと活躍した選手が年俸問題でごねていたのが恥ずかしいと、即判子を押したのを覚えている方も多いと思うが、日本でごねまくっているG,Tのエースと言われている人に聞かせたいねえ。旬っていうのは上旬・中旬・下旬というように『10日間』って言う意味なんだよねえ。野茂は10年・・・やっぱり貫禄が違うよね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/01/28

王さん・・・

 さすがは『世界の王』、試合の雰囲気を変えるHRを打っていた男が、鶴の一声で全球団が飛ばないボールを使用することを決定したようだ。飛ばないボール、飛ぶボール2種類のボールがあることは周知の事実だが、不自然な位飛んでしまうボールはやっぱり野球の面白さを損なうものだと思う。日米野球で・・・とか、国際基準が・・・とか、試合時間の短縮・・・とか言う以前に、HRバッターでない非力なバッターまでもがポカスカHRを打ってしまうような野球では、投手とバッターの駆け引きも少なくなるし、このバッターはここへ飛んでくるというようなバッターと野手の駆け引きもなくなるし、アベレージヒッター、HRバッターとの色分けというか、選手の個性がなくなってしまうと私は思う。そういった意味で、今回の王裁定はとても有意義であり、国際基準に添っていくという意味でも次回の北京五輪で悔しい思いをしない為にも、古い体質の球界で異例の早さで良い決定がされたと思う。

 独裁者ってのは困るのだが、やはり強いリーダーシップを持った人が座長を務めるとまとまる話が綺麗にまとまると言うことを如実に証明したのではないか。先日の構造改革の協議会では、まとまる話しどころか、まとめる気が全く感じられないまま、ただ『集まりました、話しました』の会になってしまっていたが、現場の監督さん達は、自分のクビがかかっていることもあって、しっかりと良い話し合いをしているなという印象を与えた。長嶋さんが病気になってしまった以上、やはり球界の救世主として、コミッショナーとして期待されるのは、地味に見えても王さんなんだなと改めて感じさせてくれた。いつの日か、王さんが監督を勇退することになったら、ソフトバンクの皆さんや、福岡のファンの方々には申し訳ないけれど、王さんを球団の偉いさんにして囲ってしまわずに、球界発展の為に解放してあげてくださいね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/01/26

もう、言葉もございません。

 あらかじめ言っておきたい。今回は中村ノリを批判するつもりは全くないので、そこんとこご理解願いたい。

 球団が年間30億も40億も毎年赤字がでるのはかなわんと、昨年の大騒動の元締めの近鉄が中村ノリに功労金4億円だそうだ。どこがお金を出すのか(球団は消滅しているのだから・・・)知らないが、もし上場している企業が経営不振により合併致しますと言いながら、その一方で、良く頑張ってくれた営業部長に功労金4億出すなんてことになると、これは訴訟モノになるはずだ(ま、ありえん話しだけどねw)。中村ノリが夢を追いかける為に年俸が1/10になるようだが、それをバックアップするつもりらしい。近鉄という球団は本当に最後の最後までやることがいい加減な球団だ。ファンを馬鹿にしていると思うし、中村ノリが・・・とは言わないが、こういうことをするから、調子に乗るお馬鹿な選手が出てくるのだと思うと、本当にとても悲しい。一企業のすることに一個人がとやかく言うこともないのかも知れないが、これから球界改革!!って時に本当に勘弁願いたいものだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

構造改革・・・

完全ウエーバーめぐり経営者側“内紛”…構造改革協議会

 非常に興味深い話し合いだ。球界の構図が改めて浮き彫りにされたような、そんな話し合いに見える。それぞれの立場を考えながら私見を述べてみたいと思う。ちなみに今回のテーマは①『ドラフト改革』②『球団の収支バランスの改善』だそうな。

 まずは選手会・・・①については完全ウエーバー制とそれに伴うFA権取得期間短縮、②については両リーグのプレーオフ制度導入による収益分配だそうな。①については現行の逆指名入団選手のポスティング要求という矛盾した制度を改革するには良いように思えるが、選手会のポスティングに対するスタンスが分からない限りは、選手にとって都合が良すぎる話しではないだろうか。ちなみにポスティングに対する選手会の考えはこういう感じで、うがった見方をすれば、選手は悪くないという風に見えてしまう。完全ウエーバー制にするのであればポスティングについても廃止するという形を取らなくては、制度にひずみが残ったまんまになるのではないだろうか。また、②についてもプレーオフというのは、あくまで2次的なものではないだろうか。球団が抱える赤字は毎年30億~40億、選手の年俸が平均20億として、選手の年俸を0としても10億~20億の赤字が出るわけだから、出てくる案が昨年パ・リーグが成功したプレーオフのみというのは少々お粗末過ぎる感じがする。例えば、サッカーの横浜フリューゲルスが消滅したとき、サッカー界はバブル景気にあったが選手会が年俸を引き下げても良いという案を出し、実際に25%程度引き下がったという事があるわけで、今も数選手が年俸闘争でもめているがそういう案は出てこないのだろうか。確か、昨年のスト時には年俸を引き下げても良いという旨の発言をしていたように思うが、こういう公式な場できちっと発言をして欲しかった。さて、ちょいと言い過ぎた感もあるが、選手会はソフトバンク川崎のようにプレーオフ反対派がいることも事実だが(気持ちはとても良く分かるが・・・)、選手会としてはきちっと一本化できており、そう言った意味では分かり易い。

 さて、問題はオーナー側だ。おかしいのは球界の盟主こと読売で『自由競争原理を強調し、裏金問題については不正防止のための監視機関などの設置を提案』とある。監視機関って普通はNPBがやるんじゃないのかな・・・なんて思ってしまう。そのNPBに全く権力がないのが根本的な問題なのに、また形だけの権力のない機関を作るつもりなのだろうか。しかも、裏金問題はお宅の問題ですから!!!残念!!と言う感じで、ちょっと言葉が過ぎるが、泥棒が警察を設置しようと言っているようなもので、他球団はあんたに言われたくないと言いたくなるのではないか。その一方で広島や西武が言うような『FA期間短縮がメジャー流出を加速させ、外国人枠撤廃や選手枠拡大がないままでは、選手にも影響が出る』という意見は理解できる。私は正直なところ外国人枠というものは必要ないのではないかと思っている。実は先日ナベツネ元Gオーナーがそういう旨の発言をしていたらしいが、私はこの意見には賛成だ。なぜならば、外国人枠がなくなったところで、外国人のみの球団ができるとはとても思えない。FAで選手が流出した球団が一時的に外国人の数を増やすことはあっても、先発9人が外国人ということには決してならないと思う。しかもファンサービスの良い外国人であれば、子どもも喜ぶのではないだろうか。そもそもグローバルスタンダードだうんたらかんたら言われてる時代に、外国人枠もくそもないのではないか。広島のように若い外国人を地道に育てるのが上手い球団などは生き残る道として考えるのは当然の事と思われる。選手枠というのも無くしても良いのではないか。金満球団が100人の枠を持っていたとしても1軍登録数は決まっている訳だし、試合に15人出られるわけでもないのだ。であるからして、プライドのある、良識のある選手は金が貰えるからと言って、一つの球団に集まることはないと思う。
 今期ソフトバンクが大物メジャーリーガーをFAで獲得したように、メジャーとのトレードを盛んにするためにも、日本の野球のレベルをもっと向上させるためにも、そういう努力が必要なのではないか。完全ウエーバー制は球団経営を考えると絶対に必要だと思うし、選手の年俸を下げるだけでなく、コストダウンを図るべきところは図らないと、またおかしなひずみが生じるのではないか。また、プレーオフ制度についても(選手会の所では、それだけではお粗末とは言ったが・・・)、頭から反対というのであれば、他に収益を生む策を考えてからにして欲しいと思う。「こういう案があるので、プレーオフには反対です」と言うならば理解できるが、ただ「嫌だ」というのは子どもよりもひどいと思う。誰のために話し合っているのか、良く考えて欲しい。Tの野崎元球団社長(現渉外担当役員)は、「実のある話をしないと。ファンもこの会議を見ていますから、責任を感じます」と発言している。ただ寄り集まって話すだけなら関西のおばちゃんと一緒であって、とても球団のお偉いさんとは思えない。実のある話を次回は期待したい。

 追記;プレーオフ反対と言っていたのは川崎選手ではなく鳥越選手でした。また、年俸引き下げとは言っていないモノの、選手会は年俸抑制案は出しております。お詫びして訂正いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

甘口?それとも辛口?

 連帯責任ってなんだろう。今日のサンスポの甘口辛口を見ていて思った。亜大にしろ、国士舘にしろやったことは非常に悪質で許されるべき事ではない。しかも犯行は一人ではなく、複数だ。亜大野球部にしろ国士舘サッカー部にしろそういう体質だと言いたくなるのもわからなくはない。また、大学のクラブ活動は学生である以上教育の一環だと言うのかも知れない。しかし、犯行はクラブ活動中に行われたモノではなく、プライベートで行われたモノだ。複数の部員が関わっていたとはいえ、逆言うと殆どの部員は関わってはいないわけだ。東都大学野球連盟が「連盟の名誉を傷つけた」と言うのは良く分かるが、責任の所在をクラブ全体に及ぼすのはどうなんだろうか。連帯責任はクラブだけに及ぼすモノなのだろうか。連帯、連帯というならば、連盟自体はどうなのか。今年のリーグ戦をすべて中止してボランティア活動を致しますっていうのではなく、1クラブのみに責任を・・・というのは、なんかおかしい気がする。高校野球などでも部員の暴力事件や、喫煙等で、「出場辞退」なんて言うことを良く耳にするけれど、教育の一環と言うならば、真面目に頑張っている学生達の教育はどうするのか?「犯行に及んだ奴らの前途を考えて寛大な処分を・・・」などとは言わない。むしろ、社会的影響を考えて厳罰に処して欲しいと思う。しかも集団で自分達よりも弱い立場の女性を・・・というのは社会的影響を考えなくとも許されるべき事ではない。国士舘に関しては、協会が関与した部員の登録を認めないとかボランティア活動をしたのちに、関東大学リーグへの参加は認めているとのこと。こういった形で責任をとらせるのが良いのではないのか。この処分は果たして甘いと言えるのだろうか。学生には連帯責任を求める声はあっても、株式会社○○の社員が事件を起こして、会社自体が連帯責任で・・・という話を聞いたことがない(上司が減俸ってのはあるけれど・・・)。真面目にやってる人間が馬鹿を見るような事をなくすのが連盟や協会の仕事だと私は思うんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ニフティさんしっかりしてよねんw

<ニフティ>会員に大量誘導メール ID番号を悪用

 最近、妙にエロメールが増えたなあと思ったら、こういうことだったのか・・・。うちのメアドはどこへさらすことも無く、1日に20件近くもこういうメールが来るはずもないのに、来ちゃうからどこからか情報が漏れているのかと思ったら、こういうからくりがあったのねw。まあ、私の場合、さらしていないが為に、知り合い以外のメールは即削除しているので請求メールは来ませんが、「振り込め詐欺」やら、こういう輩やら、世知辛い世の中になっちゃいましたねえ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/01/24

ひ〇やの車窓から

弟の車で移動中に見つけた看板

050124_1217.jpg

いわゆるそのまんまってやつですな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アメフトはやっぱり面白い。

 雪の吹きすさぶ中のコルツvsペイトリオッツの試合を実家で見て以来、無性にゲームがしたくなって、ひょいとインターネットで衝動買いしてしまった(近所のTUT○YAにはなかったのだw)。それがMADDENスーパーボウル2005だ。昨日、商品が届き早速やってみた。勿論、チームはインディアナポリス・コルツだ。私は元々従兄が日大フェニックスのHBだったこともあり、ショットガンシステムが大好きで、今年のMVPマニングを操りながらパスを駆使すると、1試合(ゲーム上は5分4Q制)やっぱり4,5個のTDを奪うことができる・・・。何よりすごいのはその画像だ。PS2のグラフィックが綺麗なのは周知の事実だが、昔、スーパーファミコンでコナミかなんかから出ていたアメフトのゲームをやっていた私としては驚きだった。選手は勿論、観客の仕草、そしてリプレイ時の画面の割り方まで、まるでNFLの放送を見ているかのような錯覚に陥る・・・。久しぶりにはまりそうなゲームを手に入れてしまった。次回は画像を交えて報告したいと思いますw。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/01/21

寒ッ

 今日は寒い・・・。うちの寒さの基準はとても簡単。朝起きて、グーの散歩へ行くとき、アパートのドアを開け、階段を降りる途中でグーが「クシュン」とやったら寒い・・・(笑。ちなみに今年の冬はじめての「クシュン」でした。例年比は・・・取ってませんm(__)mペコリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/19

晩御飯・・・13

水餃子 WITH うどん

050119_2019.jpg

ちなみな昨日のおでんは弟が片付けました(^O^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夢ってなあに?

FA稲葉、ヤクルトと決別-大リーグ挑戦にこだわる

 カツノリが大学時代、試合を見に来ていた野村元ヤクルト監督が「あの選手、いいな、獲れ!」との号令で獲ったのが稲葉。その稲葉があくまで大リーグにこだわってヤクルトと決別とのこと。日ハムが手を挙げたことで、日本での居場所を確保した稲葉が強気に出たようだ。夢にこだわるとは良い言葉だが、結局のところ、居場所が見つかって、もうちょい・・・と言うところが本音なのだろう。

 何度も言うが、夢を見るのはいい事だ。夢を追いかけ、達成するために努力することはとてもいい事だ。稲葉の場合、FAでのメジャー挑戦だし、制度上もなんの問題もない。ただ、自分が今まで築きあげてきた日本の野球に夢を感じられないのだろうか。夢を感じられなくなるくらい達成したのだろうか。そこんところが稲葉にしろ、同じ土俵に出すのは稲葉に失礼だけれども、井川、和田、井口、中村ノリ・・・に対しても言いたいな。Tの心優しきレッドスター、赤星が日米野球で社交辞令で「つれて帰りたい」と言われても、自分は日本で頑張ると、今季もGの松本が作ったシーズン盗塁記録76を越えると宣言しているのを見ると、とても誇らしく思うし、そこにロマンを感じてしまうのは私だけだろうか。

 大リーグに行って、活躍して大金を得ることだけが夢ではない気がしてならない。あんたら、まず日本のファンにどれだけ夢を与えたの?ファンが「いってらっしゃい」って心から送り出す声、聞こえてます?聞こえないよねえ。沢山の人に夢を与えられる商売だからこそ、そこいらのサラリーマンの年収の何倍もの給料貰えるんじゃないのかな。自分は選ばれた人だと思っているとしたら・・・大きな勘違いだと思う。

 まあ、最終的には待つという姿勢を見せた日ハムが得をする気がするな・・・。買い叩けるだろうし、そこで現実を知るんだと思うけど、日本で出来る事を良く考えて、自分が夢を追うだけでなく、ファンに夢を見せて欲しいなと心より思うな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/18

晩御飯・・・12

 おでん(^O^)

050118_1816.jpg

 中身は、ちくわ、ごぼてん、大根、ジャガ芋、ハンペン、ひら天、丸天、ひろうす、鶏団子、餅入り巾着、すじにく、タマゴ・・・


ちなみに当分おでん(-.-;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なにはともあれNFL・・・w

コルツ完敗!MVP男マニングTDゼロで終戦

やはりペイトリオッツは強い。シーズンMVPでTDパス49というとてつもない記録を打ち立てたコルツのマニングを完璧に封じ込めたようだ。まあ、もっともただでさえウィンタースポーツなのにくわえて、ペイトリオッツの本拠地フォックスボロは零下4度そして、雪が降るというパサータイプのQBにとっては厳しい条件での試合と言うこともあり、ましてや相手は昨年王者であり、今年もAFC東地区でダントツの14勝2敗のペイトリオッツ。仕方のない結果なのかも知れないが、それにしても3-20とは本当に完敗と言える。TDが零ということのみならず、FG圏内にもほとんど進めることができなかった訳で、ペイトリオッツ守備陣をほめる以外にはなんの言葉もない。前TDパス記録保持者のダン・マリーノはついにスーパーボウルを制することができなかったが、マニングにとってもペイトリオッツという大きな壁を突き崩さない限りはただの記録保持者になってしまう。今年駄目だから来年・・・というほどNFLは甘い世界ではないが、来年、またその勇姿を見せて欲しい。ペイトリオッツの次戦は21連勝を止められたスティーラーズ、どちらが勝ってもおかしくはない勝負。ただ、プレーオフカンファレンス準決勝の内容を考えると、DF陣が乗っている王者ペイトリオッツが優勢か?と思われる。NFCはイーグルスとファルコンズが決勝を闘うわけで、ファンとしては目が離せない・・・私は地上波での放送があるスーパーボウルまで待たなくてはならないが・・・(・_・、)。取りあえず、世界最大級のスポーツ祭典の一つ、スーパーボウルを今から心待ちにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球あれこれ・・・

古田が現役続行を最優先!球団社長“来季監督要請”断

 中日落合監督が昨年の新人入団会見のおりに『引退のススメ』なるものを説いたそうな。それは『さっさと引退しろ』と言う意味ではなく、『自分で引退しますと言える選手になれ』という意味なのだ。名選手と呼ばれる人の多くは「お前はクビだ」と言われて辞めるのではなく、「引退します」という言葉を発して自分で出処進退を決めることができるわけだ。それだけの実績を残した選手のみができる特権という訳ですな。そこで古田、ヤクルト一筋にやってきてヤクルトの頭脳として、時には4番としてチームを引っ張り、何度も優勝に貢献した選手なのだから、自分のそう、特にヤクルトにおける出処進退は自分で決めても誰も文句は言わないはずだ。そう言えば、ヤクルト→読売→阪神と渡り歩いた広澤がFA宣言した当時「ヤクルトにいたら自分が辞めますって言うときまで野球をできるだろうけど・・・」的な発言をしていたように思う。生え抜き主力選手がよそのチームに行くときはそういう覚悟もあるわけで、そういった意味でも古田はヤクルトにずっと貢献してきたはずなのだ。多菊球団社長がどういう趣旨で言ったのかはイマイチ分からないが、「走れればいいけど・・・」という発言はどこかの監督さんのような発言だw。古田という選手は元々足を期待されている選手ではないと思うし、怪我で走れない時があるのはどんなに足の速い選手であってもそうなのではないのか。出来るだけ早く監督にしたいという気持ちは分からなくはないが、若松監督にも失礼だと思うし、選手としての古田にも失礼な感じがする。ヤクルトファンではない私ですらそう言う風に思う。ましてやヤクルトファンはどう思っているのだろうか・・・


続きを読む "野球あれこれ・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/17

久しぶりの社会派・・・

北限のサル、捕獲開始-初の薬殺処分へ

 このブログを書き始めた本当に最初の頃に取り上げた『猿害』の話、ついに捕獲→薬殺が始まったようだ。人や人家周辺に危害を加えるのを防ぐということが前提の為、住宅地近辺に罠を仕掛けること、そして、群が分裂しないようにボスは捕獲しないことを条件にしているらしい。

 こういう話を聞くと『ガリバー旅行記』を思い出してしまう。一番有名なコビトの国ではなく、馬の国の話だ。

 ~馬の国の話~
『馬の国では、フーイナム(Houyhnhnm)と呼ばれる馬の姿をした生物が高い知能を持っており、同じ国に、ヤフー(yahoo)という人間の姿をした野獣が出てきます。ガリバーは馬の姿のフーイナムたちに、知性を持ったひじょうに珍しいヤフーとして迎えられます。フーイナムたちは凶暴なヤフーに手を焼いており、最後は彼らを絶滅させるため、雄と雌を強制隔離して、もう子供ができないようにしてしまいます。そのとき彼らは特別なヤフー<ガリバー>の扱いに困り、ガリバーもそれを潮時としてその国を後にします。』(引用;スウィフト(ガリバー旅行記)さん

 知能が低いから、害をもたらすからといって捕獲、薬殺をする人間はいったい自然界においてどれだけ偉いというのだろうか。自然界にどれだけ貢献したと言えるのか。むしろ開発と言う名の破壊を繰り返してきたのではないのか。自然というのはめぐみを与えてくれる一方で、恐ろしい物のはずだ。去年から全世界的に続く地震、大津波などを考えると無宗教の私ですら、自然に対しては脅威を覚えるし、畏敬の念を抱かざるを得ない。そう言う中で、食べるという目的以外で動物を殺さなくてはならないと言うことをしっかりと考えなくてはならないと思う。今回の脇野沢村の方々は本当にしっかりと検討の末、致し方なく、しかも無計画というのではなく、計画的に捕獲という選択を選ばれたのだと思う。だからこそ余計に小さな村の一つの選択ではあるが、これを全体の問題として捉えなくてはならないと思うし、それが出来ないとすれば、人間は他の動物達すべてが滅んだ寂しい世界に生きていかなくてはならなくなるのではないだろうか。もしくは賢い馬によって隔離される日が遠からずやってくるのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お疲れ様です、兵庫県警の皆さんw

 朝からわんさか警官がいる。10m間隔というようなものではなく、ごろっと固まって4,5人小雨の降る中立っている。というのも天皇・皇后両陛下が来神しているからだ。うちの事務所は宿泊先のホテルオークラ神戸から徒歩7分程度、思いっきり通り道になるらしい。仕事の関係でお客さんが来るのでこれはまずいと思い警官に聞いてみることにした。「すいません、今日、天皇陛下は何時頃通られるんですか?」と聞いてみると、「本日は4回御通りになられまして、第1回目が9時21分のご予定です。お仕事関係で使われるのであれば、前後10分程度は通行止めになりますので、ご了承下さい」との答え、素人の私が聞いているのだから9時20分頃と言えば良いのに、きっちり21分とのお答え・・・。まさに分刻みのスケジュールなんだなあと変な所で感心してしまった。そういう思いと共に、雅子皇太子妃殿下が自分のキャリアを活かした公務ができず・・・という話を思い出し、『年間何千万という公費をもらい、どこへ言ってもタダ、何食ってもタダ、お気楽に手を振ってりゃ良いんだから楽な商売だねえ』なんて思っていたけれども、通りたい所を通れる訳でもなく、見たい物を見れるわけでもなく、分刻みでスケジュールを管理されて・・・ってのはやっぱりぞっとするもんだなっと。貧乏人の小倅でも、行きたいところへ行け(金銭的な問題で行けないことはあるなあ・・・(・_・、))、のほほ~んと生きていける幸せを改めて感じ入ってしまった。

 あ、ちなみにごつい警官に聞いた訳ではございません。兵庫県警総動員なわけでして、中には美人の婦人警官もおるわけで・・・、そういうところは抜け目がございません(笑。

 ちなみに明日は小泉さんが来るそうな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/16

たまには豪華に・・・

 私の両親は、ともに両親を亡くしているため(私にとってはじーさん、ばーさんね)、昔のように親戚一同で集まると言えば、誰かが結婚したとか、葬式とか、もしくは法事のようなものでしか集まらないような状態になってしまった。そんな中、今日16日が母方の祖母の23回忌、明日17日が母方の伯母夫婦の10周忌(神戸なもんで・・・)ということもあり、久しぶりに母方の親戚が一同に会することになった。母親は3人姉妹なのだが、一番上(息子一人、娘一人)が前述の通り震災で亡くなり、次女が横浜(娘一人)へ、三女が母親(私を含めて男三人兄弟)という構成なのだが、うちの父親も含めて9人で、祖母の墓参りをした後、神戸外国倶楽部という所へ行ってきました。外国倶楽部の名の通り、外国人の会員専用倶楽部なのでお金が一杯あっても一般ピープルは入れないのですが、横浜の従姉が外国人、つまりうちの伯父さんは外国人で、この外国倶楽部の会員だった(既に亡くなっているので過去形です・・・だから、私は横浜の外人墓地にも入れたりします)縁もあり、また、会員の方の紹介状を携えてということでこの倶楽部で昼ごはんと相成りました。



 入り口看板


 建物


 建物入り口
 ちなみに写真を撮っている私の姿が、ウィンドウに・・・w


 ここまで順調に撮影を進めてきたのですが、中に入ると禁止されているわけではないのですが、パシャパシャ写真を撮る雰囲気ではなく・・・ここから先は写真がございませんm(_ _"m)ペコリ。

 ロビーに入り、レストランの席が出来るまでの間、ラウンジでビールを飲み、やっぱり外国人用なのでソファーがでかいなーなどとぼんやりと考えたりするわけで、なんともゆったりと時間が過ぎるわけです。
 いよいよ、レストランに入り、阿藤快似の支配人がメニューを持ってきてくれたのですが、まあ、見てびっくり、外国倶楽部なのでメニューが英語なのは分かるのですが、いわゆる値段の書いてないメニュー・・・気を遣わないようにってなことらしいこのメニュー、貧乏人は余計に気を遣うし、値段が気になるっちゅうのw。そういう寂しい貧乏人の性と闘いながら、コースメニューを選択する。

 ちなみにメニューは
 
魚介類のマリネ
ずわい蟹のロワイヤル(スープです。とは言っても、ムースが入っており、食べるスープとのこと。)
仔牛のソルティンバッコ(こんな名前だったと思う・・・。仔牛肉に生ハムを巻いて焼いたもの。なんかよくわからんけど、旨かったw)
林檎のムースアイスクリーム添え

 てな感じでした。

 うちの従姉がいくら払ったのかは全く分からないので値段がいくらするのかもさっぱりですが、旨かったのは確かw。まあ、40過ぎて独身、仕事はBank of NY でバリバリ給料貰ってるので、気にしないことにしました(笑。まあ、人のおごりでご飯を食うのは、何食っても旨いのに、良い物食わせてもらうと気分が良いですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

読後感想・・・2


  天使と悪魔

 を読み終わりました。正直な感想は『ダ・ヴィンチ・コード』よりも出来が良いってことですね。ミステリーとしての出来も、話のスケールも、私的には全て上だったと思います。ただ、それが故に、また、舞台がヴァチカンだということもあり、映画化は難しそうです。『ダ・ヴィンチ・コード』を読んで面白いと思った方は是非^^。

 話を読む上での参考にしていただけたらと言うサイト・・・

「Vino & Nino旅するテディ」さんのイタリアページ・・・この物語の舞台、ローマの町の写真があります。サンタ・マリア・デル・ポポロ教会、ナヴォーナ広場、サンピエトロ寺院・広場、サンタンジェロ城等色々あります。

「のぶなが」さんのベルニーニのページ・・・この物語のキーを握るベルニーニの彫刻。写真の多さと美しさで群を抜いています。特に『・・・テディ』さんにはない物語の舞台のひとつ、サンタ・マリア・デラ・ヴィットリア教会の彫刻はみもの。

『セルン:ヨーロッパ合同原子核研究機構』さん・・・物語の始まる場所、インターネットでお世話になっているWWWの発祥の地、セルンのHPです。まあ、ここはさほど重要ではないですが、参考までに。


 お願い・・・実は物語中に出てくる秘密結社『イルミナティ』についてのHPを探したのですが、なかなかいいのが見つからなかったw。いくつかあったのですが、ちょっと帯に短し・・・と言う感じでした。もし、よいHPがありましたらコメントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

昼休み

入った御飯屋で見つけた色紙

内藤先生の詰め将棋。
詰めたら初段だそうな。
答はないので、あくまで私の棋力で11手詰め。
違うと思う方はコメントよろしくm(__)m050113_1322.jpg

みにくいようなので、念のため。
玉方、11桂、21玉、31銀、
攻め方、13香、33飛です。
持ち駒は歩、桂、銀です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/12

Biography

 藪が契約するアスレチックスのHPを見ていて、各選手の紹介が書いてあることに今頃になって気付いた。ここで日本人選手にしぼってどんなことが書いてあるのかちょいと見てみたいw。

続きを読む "Biography"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常に厳しい~~(by財津一郎w

 やっぱり好きになれない。ダイエーを逆指名入団したのにも関わらず、勝手な条件をつけて退団した井口とWソックスとの交渉が難航しているらしい。代理人が言うには「井口という選手に見合う条件を提示せず、交渉内容をメディアに意図的に流す。彼の頭の中には井口の市場価値を落として低い条件で契約することしかない」とのことのようだが、他球団との交渉が聞こえてこない現状ではそれがメジャーの井口の評価なんじゃないの?と思ってしまう。
 そもそもアメリカンドリームなんてえのは向こうで成功した者が掴むモノで、イチローやゴジラのように野球ファンなら贔屓目を除いて日本で一番の打者というわけでもない井口がいくらごたくを並べようとそんなもんじゃないのだろうか。宇宙人新庄ですら、そういうことは理解しており、最初は最低保障年俸からのスタートだったわけで、向こうで活躍してそこそこの年俸を勝ち取ったわけだ。井口の場合、まだ交渉先があるだけマシとも言え、ほとんどのメジャー希望者の現実はとても厳しいようだ。それは日米野球の時にもパワーでなく技術で明らかに負けていたように、行けばなんとかなるってなもんじゃないわけだ。簡単にほいほい高い年俸が貰えるようじゃ

『あーまーい、小沢さん、甘いねえ~』(byスピードワゴン)ってなもんだ。

 やっぱりね、メジャーってのは大金をつかめる場所だけのことはあると思う。ほいほい出掛けて来る奴にサクサク高年俸を払っているようでは、日本以上に経営難になるってね。日本の球界のように親会社の広告宣伝費になるって訳じゃないし、現実は日本よりも厳しいんじゃないのかなあって貧乏人の私はひがんじゃう思っちゃいますけどねえ。お遊びの日米野球で来日した外国人達は「Oh, You're so great!!」って言うかもだけど、普通社交辞令だよねえ(笑。それにその選手や監督が金出す訳じゃないし・・・。まあ、これに懲りて日本できちっと精進している選手が馬鹿を見るような事が減ってくれればいいんですけどねえ。

 さて、最後に野球関係で一つ・・・闘う選手会長こと古田敦也選手がブログをはじめたようだ。打倒眞鍋かをりらしいw。皆さんのご意見をいただければ・・・ってなことらしいので、野球関係の陳情(?!)は古田選手に・・・(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/10

やったね^^

大久保鮮烈デビュー! 1G1Aマジョルカに躍った!!

 浪速の突貫小僧こと、大久保が大活躍したらしい。日本代表ではなかなか点が取れず、スペインでも大丈夫か?と思わせたが、中田のセリエAデビューと同じく、点を取ったというのは彼にとって本当に大きいと思う。結果をすぐに出すと言うのはかなり難しいことなのだろうが、きちっと出したことでチームメイトの信頼を受けられるようになるだろう。欧州サッカーは勝利に貢献する=点を取ることだから・・・特にFWの大久保にとっては・・・この1ゴール1アシストというのは出来すぎと言ってもいいかもしれない。とにかく良かった。中田の怪我、俊輔の体調不良、小野の手術・・・欧州組がとても万全とは言えない状況で一筋の光が見えたような気がする。一過性のものと言われないように次も頑張って欲しい・・・地上波で放送して欲しいが・・・WOWOWでの放送か・・・残念(・_・、)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/08

素直な気持ち・・・

藪のアスレチックス入りが確実に!

 生活のためとはいえ、G仁志、Bu中村と日本の球団と天秤にかけ、結局日本以上の条件提示を得られないまま日本残留が決まる中、Tには残らないと言い、GやEの誘いも断った藪のメジャー行きが決まりらしい。T党として、散々藪に泣かされた者としては、アスレチックスの皆さん、ご愁傷様ですという思いも多々あるのだが、とにかくFAというきちっとした権利を行使し、条件を吊り上げるために画策したりせず、夢を追いかけた姿に拍手を送りたいと思うし、夢がとりあえず適って(メジャーのマウンドで投げられるかどうかはこれからだからね。)、おめでとうと言いたい。なんとはなく、複雑な思いではあるが、アスレチックスの試合を観戦する機会があれば、藪の姿を見てみたいと思う。ポカさえなければそこそこ活躍できるはず。年俸は日本に居る時よりも下がるようだが、後は活躍しだいだ。もうY投手などとは言うまい。頑張れ!!藪!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/06

福袋・・・

 ぽよたんママのリクエストより・・・・・(笑

 正月に実家に帰ったついでに実家近くにある須磨パティオ内にあるライトオンでDJ Hondaの福袋を買いました。チラシには72,000円分の品物が10,500円と出ていたので兄弟揃ってのほほ~んと出向いて買った品がこれw
 
 まずは・・・福袋というより福箱と言う感じで・・・・入れ物が


箱なわけです。

 そして、中身は・・・最初に一番の目玉の

ダウンジャケット

 次に

ウィンドブレーカー

 更に・・・

フリースジャケット

 そして最後は面倒なのでまとめてw

スエット上下、Tシャツ、長袖Tシャツ、カッターシャツ、帽子、手袋

 といった感じでした。今年の冬はこれで過ごせそうです^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

レアモノ

オリックスバファローズの岩隈(笑)050106_1318.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/05

よーく、考え・・・たいよねえ・・・

 妙なもので、共産主義といわれる国々は指導者層以外が貧しかったりと、貧富の差がはっきりと2層構造に分かれていることが多い(だから、私は共産主義ではなく、共産党主義だといつも思っている)のだが、自由主義、資本主義といわれる欧米諸国は、『成功者は還元するのが当たり前』という考え方が浸透している。大リーグ等でも何億円という年俸を貰っている選手達は100%と言って良いだろう、毎年多額の寄付をしている。マイクロソフト社のビル・ゲイツは全収入の9割を寄付すると言う発表を既にしている。今回のインド洋大津波でも、各国の有名人たちが続々と支援を申し出ている。中でも、今日発表されたミハエル・シューマッハーの1000万ドル(約10億4千万円)の寄付は驚きを与えるとともに、「ああ、なるほどねえ」と思わせるものだった。 

 日本では、日本の新潟の地震に対してでも、日本の有識者、有名人が続々と寄付を名乗り出たが、「えええ!!!」と驚くほどの金額が出てくることは、まず滅多にない。それは日本の有名人達がケチだということではなく税制上の問題簡単に言うと、総所得の25%までしか所得控除が出来ない)があるからなのだ。

 『日本は金の使い道は国が決める』という傲慢な国だといえるのではないか。個人が自分が助けたいと衷心より思ったところへ寄付をする道を閉ざし、訳の分からないところへお金を使われているのだ。日本もこの制度を変えていかなければ、成功した人々が、自分が考える社会還元ができない訳で、社会の活性化という意味でも非常に大きな足かせとなっている気がする。ポケットマネーで10億円の球団補強費を出す社長よりも、困っている人の為に10億円出すシュー。同じポケットマネーでも大きな違いがあるように思えて仕方がない・・・(決して某社長を非難しているわけではありません。)

 やっぱり、お金は大事だよ~・・・だからね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/04

アツ君来る!

 トルシエに逃げられ(ちょっとホッとしているw)、リティにも決まらず(残念w)と、監督選考が遅れたことで、補強が遅れ気味だった我がヴィッセル神戸にちょっとした朗報が訪れた。三都主が決して悪い選手と言うのではないが、私は是非日本代表の左サイドは・・・と思っているのが三浦淳宏なのだ。そのアツが神戸に完全移籍というものだ。好守の切り替えに期待するだけでなく、高いFKの技術からも得点機が増えるだろうし、そのFKを見に行くだけでもお金を払う価値がありそうだ。

 唯一の懸念は・・・・アツのちょっぴりイタイ嫁・・・元女子サッカー日本代表の由美夫人が神戸に住んじゃうことかも・・・(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

タイヤキ

神前のものとは言え・・・

一個150円とは・・・050104_1148.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

四日にようやく

初詣


生田神社050104_1146.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/03

ライスボウル

 ラグビーの世界は実高学低と言われる(実業団が強く、学生が弱い・・・今作ったw)が、アメフトの世界はここ数年は学高実低であった。しかし、ジャパンXボウルで強い勝ち方をした松下電工インパルス。それに対し、普通QBが注目を集めるアメフトの攻撃の世界で学生ナンバーワン選手に与えられるミルズ杯は立命館大学パンサーズのWR木下に与えられていることからも分かるように、立命の中心は木下である。松下にとって木下を止める方法は二つ。1つは木下を徹底してマークすること。2つ目は木下にボールを渡さないようにQB池野をつぶすことである。松下のDLと立命のOLの力を比べてみて、松下はライン勝負に勝てると思ったのだろう。積極的にQBにプレッシャーを次々とかけ、立命の攻撃をつぶし、そしてミスを誘うことによって立命のリズムを崩すことに成功したように見えた。立命はファーストダウンすらほとんど取れないまま前半を終わってしまった。とにかくあまりの松下のプレッシャーの厳しさに3rdダウンにパントを蹴ると言う奇策を用いざるを得ないわけだから、いかに攻撃の強い立命とは言え、ライン勝負で勝てなければ苦しい。つまりアメフトはラインが全てだという事を立証したような試合であった。花形ではないラインだが、縁の下の力持ちとして、松下のラインは素晴らしい仕事をしたと思う。

 終始試合をコントロールされていた立命だが、ミルズ杯を獲っただけのことはあり木下が第4QにリターンTDを決めてくれた。唯一の見せ場であったが、完封負けを免れ、学生王者らしくチャレンジした好プレーだったと思う。最後の最後で悔しかったのだろう思わず涙を見せた立命QBの池野、攻撃の司令塔として本当に悔しかったのだろう。3年生ということは来年もあるはずなので、成長に期待したい。

 日本一を決める試合なのだからFGを外しまくった松下は決めるべきとろは決める、立命もスナップミスのような基本的なミスを犯さないで欲しいとは思ったが、NFLのような派手なプレー、驚異的なスーパープレーはないものの、劣勢に陥った立命がスペシャルプレーを試みたり、それに対して冷静にタイムアウトをとって対応した松下のプレーはアメフトの楽しさを充分に伝えてくれるものであったのではないか。

 最後に、なかなかオンタイムで放送がないアメフトだが、中継してくれたNHKに感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/02

イマイチで・・・残念!!!

 関西圏以外の人はご存知ないでしょうが、ギター侍こと波田陽区がキンキホームのCMに出ています。はっきり言って、無理矢理作ったようなCMなので波田陽区の面白さはゼロですが、ものめずらしさに見たい人はリンク先の画面下方にCMがくっついてますので、どうぞw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/01

月の湯舟

正面口050101_1455.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパー銭湯「月の湯舟」にて

風呂上がりの一杯050101_1428.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »