« お疲れ様です、兵庫県警の皆さんw | トップページ | 野球あれこれ・・・ »

2005/01/17

久しぶりの社会派・・・

北限のサル、捕獲開始-初の薬殺処分へ

 このブログを書き始めた本当に最初の頃に取り上げた『猿害』の話、ついに捕獲→薬殺が始まったようだ。人や人家周辺に危害を加えるのを防ぐということが前提の為、住宅地近辺に罠を仕掛けること、そして、群が分裂しないようにボスは捕獲しないことを条件にしているらしい。

 こういう話を聞くと『ガリバー旅行記』を思い出してしまう。一番有名なコビトの国ではなく、馬の国の話だ。

 ~馬の国の話~
『馬の国では、フーイナム(Houyhnhnm)と呼ばれる馬の姿をした生物が高い知能を持っており、同じ国に、ヤフー(yahoo)という人間の姿をした野獣が出てきます。ガリバーは馬の姿のフーイナムたちに、知性を持ったひじょうに珍しいヤフーとして迎えられます。フーイナムたちは凶暴なヤフーに手を焼いており、最後は彼らを絶滅させるため、雄と雌を強制隔離して、もう子供ができないようにしてしまいます。そのとき彼らは特別なヤフー<ガリバー>の扱いに困り、ガリバーもそれを潮時としてその国を後にします。』(引用;スウィフト(ガリバー旅行記)さん

 知能が低いから、害をもたらすからといって捕獲、薬殺をする人間はいったい自然界においてどれだけ偉いというのだろうか。自然界にどれだけ貢献したと言えるのか。むしろ開発と言う名の破壊を繰り返してきたのではないのか。自然というのはめぐみを与えてくれる一方で、恐ろしい物のはずだ。去年から全世界的に続く地震、大津波などを考えると無宗教の私ですら、自然に対しては脅威を覚えるし、畏敬の念を抱かざるを得ない。そう言う中で、食べるという目的以外で動物を殺さなくてはならないと言うことをしっかりと考えなくてはならないと思う。今回の脇野沢村の方々は本当にしっかりと検討の末、致し方なく、しかも無計画というのではなく、計画的に捕獲という選択を選ばれたのだと思う。だからこそ余計に小さな村の一つの選択ではあるが、これを全体の問題として捉えなくてはならないと思うし、それが出来ないとすれば、人間は他の動物達すべてが滅んだ寂しい世界に生きていかなくてはならなくなるのではないだろうか。もしくは賢い馬によって隔離される日が遠からずやってくるのかも知れない。

|

« お疲れ様です、兵庫県警の皆さんw | トップページ | 野球あれこれ・・・ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

yahooってこんなところにでてくるんだ・・・

ブログって勉強になるなぁ~w

遠近両用が不適合みたいな
お目めがお疲れなおっさんでした
とほほ(┯_┯)

投稿: 水色 | 2005/01/17 22:56

おはようございますw
ブログの書きすぎにはお互い注意いたしましょうw
そそ、ヤフーはこんなところにでてきます。
野蛮人で検索・・・ってことですなあ。
ヤフーニュースは野蛮なニュースってか?w
ほっほっほ
オヤジギャグやw

投稿: グーパパ | 2005/01/18 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/2602250

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの社会派・・・:

« お疲れ様です、兵庫県警の皆さんw | トップページ | 野球あれこれ・・・ »