« スーパーボウル・・・5 | トップページ | 眠い・・・ »

2005/02/07

ちょっと良い話。

 TSUNAMIと言ってもサザンじゃないし、ベガルタ仙台の監督でもない。Fujiyama、Geishaと並んで世界に通じるのが『津波』なのだ。

 今日、スーパーボウルも見ずに仕事にいそしんでいた私は(速報を逐次チェックしていたのは内緒ですw)こんなニュースを拾った。うちの所長でもある父親〈72歳)に聞いてみたところ『稲むらの火』は習ったよとのことだった。1937年から10年間道徳の教科書に載っていたこの話、読んでみると確かに良い話、現代の日本人が忘れてしまっている心の話だ。恥ずかしながら私は全く知らなかった。何が恥ずかしいってシンガポールのリー・シェンロン首相がインドネシア・スマトラ島沖地震の被災国支援緊急首脳会議で小泉首相に「『稲むらの火』の話は本当ですか?」と尋ねたと言うのだ。原作、ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲が日本の怪談だけでなく、民話を集め、英訳をしていたおかげで、海外の人にも広く知られているというのは、日本人として誇りに思うのだが、知らなかっただけに、なんだか恥ずかしい思いがした。

 ちなみにこの話の主人公五兵衛はヤマサ醤油の7代目当主がモデルだそうな・・・。

|

« スーパーボウル・・・5 | トップページ | 眠い・・・ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

稲村の火 とても良いお話でした。
私は小さいころから3世代同居で過ごしたので、
おばあちゃんなどから古いお話を聞かされてましたが、最近は核家族化が進み、こういう良い話が、若い世代に伝わらないんですねー。
関東大震災の話や、日露戦争、太平洋戦争などの話は、体験者が語るだけに迫力ものでした。
このような話がまた教科書に載ることを期待します^^;

投稿: すじわる2 | 2005/02/07 18:14

うお
真面目だ・・・^^;;;
なーんってねw

そうですね。
三世代ってのがなくなっちゃいましたもんねえ。
親が一緒にいても、わけのわからん奴に
さされたりする世の中。
もう一度教育の大事さを考えて欲しいっす。

投稿: グーパパ | 2005/02/07 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/2840597

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと良い話。:

« スーパーボウル・・・5 | トップページ | 眠い・・・ »