« 晩御飯・・・16 | トップページ | 名人に誰よりもなりたかった男。 »

2005/03/21

パ・リーグの展望2005・・・2

 パ・リーグ第2弾は、昨年の覇者ライオンズを取り上げたい。

 投手陣は名実共に、そして自他共に認める大エース松坂。ライオンズでの最後のシーズン(?)を飾るためにもこの男が大車輪の活躍をするのはまず、間違いないと見て良いだろう。復調の西口、石井貴のベテラン勢、帆足、三井の若手、そして期待の新人涌井と先発には事欠かず、大本命ホークスを食う対抗どころか、松坂が20勝を挙げようものなら一気に本命に駆け上がるだろう。後ろもセットアッパーの小野寺、抑えの豊田と万全な体制だけに力強い限りだ。

 ライオンズ唯一の弱点が捕手陣だろう。昨年の日本シリーズでも野田、細川といったところが、名捕手伊東の後を継ぎ切っていないことを露呈させてしまった。捕手というのは急激に良くなったりするポジションではないので、今年も状況に応じて使い分けることになるのではないか。

 野手陣もカブレラ、フェルナンデスの両外国人が健在。その脇を固める和田や中島も元気なようだ。中島は若いこともあって守備面の難を差し引いても打撃面の向上が著しいようだ。高木浩、小関などのベテランも健在で、バックアップは小粒ながらもホークスよりも充実しているのではないか。投手陣が良いだけに野手も2,3点先に取ればなんとかなると楽に仕事ができそうだ。

 捕手が唯一と言ったが、もうひとつライオンズは弱点を抱えている。それは昨年の日本シリーズですら満員にならないファンの温度の低さだろう。私も球場で馬鹿騒ぎするのは嫌い=家でテレビを見る派なので偉そうには言えないが、それにしても日本シリーズで一杯にならないといつなるんだというのはちょっとお寒い感じがした。年間300万人超の観客が入るホークスや、熱いファンのロッテ、札幌の空を焦がすようなファイターズ、新天地で小さな球場を一杯にしそうなイーグルスと比べると、バッファローズと共にファンの寒さが身にしみてしまう。ファンの後押しがなくても優勝してしまう底力には脱帽するが、それでもファンの応援があると選手の力の入りようも違うはずだ。優勝チームに相応しいファンの熱さを期待したいな。戦力的にはホークスに次ぐ2番手であることは間違いないので後1歩の力が欲しいところだ。連覇への道はファンが握っているかも知れない。

|

« 晩御飯・・・16 | トップページ | 名人に誰よりもなりたかった男。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/3385535

この記事へのトラックバック一覧です: パ・リーグの展望2005・・・2:

» 【ライオンズ展望】激!!極獅子一家 [さいたまblog]
気がつけば早くもプロ野球パ・リーグがこの週末に開幕となる。わが西武ライオンズの昨年は激動の球界再編劇あり、プレーオフからの激闘を制しての日本一達成を経て、オフに... [続きを読む]

受信: 2005/03/24 20:03

« 晩御飯・・・16 | トップページ | 名人に誰よりもなりたかった男。 »