« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

今日のT・・・5/31

 今年の杉山は安定感が出てきた。いや、ここで言う安定感は下柳のように悪くてもなんとかできるという安定感ではない。昨年までの何球かは良い球が行くねえというのではなく、1試合を通じて良い球が行くようになってきたということなのだ。しかも勝負所できちっとした球を投げることができるようになってきたので、今後の活躍が見込まれるのではないだろうか。

 しかし、その杉山をあざ笑うかのように、そしてジェット風船とともにラッキーセブンの攻撃に期待の胸を膨らませているTファンをあざ笑うかのような、ズレータのHRであった。決して甘い球ではないと思うし、矢野の構えたところへ投げていたように思うが、こればっかりは打ったズレータを褒める以外にはないのだろう。打たれた後もすっきりと抑えた辺りが成長の後をうかがわせる内容であった。そして一方のHの杉内、パ・リーグはおろか両リーグを通じて防御率No.1の1.47(この試合まで)というとんでもない防御率に恥じないピッチングであった。悔しいがこの投球では仕方ない。

 明日は井川か・・・期待してええんかいなあ・・・不安だ(・_・、)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

晩御飯・・・16

ナムルたっぷり冷麺
050531_1818.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/05/30

今日のT・・・5/30 そしてさようなら貴ノ花。

 今日も今日とて下柳、6回を75球、被安打は3、与四死球は1、当然の如く失点は0。ピンチらしいピンチは3回のみで、後はスイスイとノルマを果たした。打線も2回り目の3回。赤星の速いこと、速いこと、一気に3塁を陥れると藤本の犠飛で軽く生還。その後も4回、8回と追加点を重ね、藤川までたどり着けば、いわゆる勝利の方程式。簡単なもんである。守護神久保田と安定度は今季の球界ではナンバーワンのセットアッパー藤川との配置転換がどうのと外野では喧しいが、藤川も久保田もまだ若い。慌てる必要はないと思う。それよりも何よりもこの二人を初め、リリーフ陣の登板過多の方が気になる。なんとか福原、井川の若い二人にはもう少し頑張って貰わないとばてたとき、もしくは故障したときに困るというものだ。


 さて、今日は野球の話はここまで、私の世代以上の人にとってはとても悲しく、寂しいニュースが飛び込んできた。そう、今日二子山親方がなくなったのだ。横綱にはなれなかったものの、自身は大関まで昇り、弟子は横綱二人、大関1人という風に、常に角界を人気実力ともに支えたお相撲さんであった。私は特に小兵力士が好きだったし、横綱になれそうでなれないといういわゆる判官びいきもあったのだろう、大好きなお相撲さんであった。本当に寂しい。そして、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2005/05/29

今日のT・・・5/29

 先発は下柳ではなく、ブラウン。味方の援護を損ねることなく、先発投手としての役割を終えて余裕の降板。そして、調子の上がらない能見を登板させるが、覇気を感じさせないというか、自信を喪失したかのような投球で結局1死も取れずに降板。試合には勝ったものの不安材料を残してしまった。

 またも岩隈で負けた田尾監督と、調整登板が調整にならなかった岡田監督。成績(1勝1敗)と同じく、内容も痛み分けと言ったところか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2005/05/28

今日のT・・・5/28

 先発の安藤、立ち上がり2点を失うがしり上がりに調子を上げ、9回2失点で負け投手。ちょっと可哀想だったかな?今岡の見事な悪球打ちでの1点のみではちょっと辛いね。1死満塁のチャンスで濱中、矢野が連続三振では負けは致し方なしと言うところか。ただ、今日の試合は負けても良い試合だっただけに、納得の負けと言うところだろうか。Eの田尾監督の顔を見ていると、『まあ、しょうがないかな?』と思ってしまう(笑。明日は下柳、今季まだ負けなしなので、今日の雪辱を晴らしてほしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/27

ジーコです・・・

ジーコです

キリンカップ勝ち点を1点もとれんかったとです

ジーコです

勝ち点どころか得点も1点もとれんかったとです

ジーコです

シュートが枠に行きません

ジーコです

枠に行ったと思ったらキーパーの正面に行くとです

ジーコです

毎度おんなじカウンターにやられるとです

ジーコです

真ん中のMFしかおりません

ジーコです

あんなに優しかった川淵キャプテンが恐い顔しとったとです

ジーコです、ジーコです、ジーコです・・・。

なんだかなあ・・・(┬┬_┬┬)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/05/26

今日のT・・・5/26

 私はゲームが決まってしまうと観戦をやめてしまうので、最後までは見なかった。でも、今日の福原は今までと見違えるような投球をしたようだ。球数も100球ちょっと、丁度いい感じだ。味方が先に点を取ってくれた後も緩むことなく最後まで投げきった。見事な完封勝ちだったようだ。打線もやはり初回に赤星が先頭で出ると得点になるという典型的な展開。追加点も効果的に上げ、まさに投打が噛み合った今季一番の試合であったと思う。悪循環だった福原も一息ついて、夏場の正念場に向けて頑張って欲しいね。

 さてさて、明日からはいよいよ宮城。ホームでは3連勝したが、アウェーしかもDを3タテしてのE。前のイメージを引きずって舐めてかかると痛い目に遭いそうだ。安藤・下柳・能見の裏ローテではあるが、気を引き締めてビシッとこの勢いを保って欲しいね^^。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

体罰

 乙武洋匡オフィシャルサイト『教え、諭す。』にTB。

 教育の場における体罰は是か非か?を考える前に体罰はあったほうが良いか?なかったほうが良いか?と考えてみる。答えは簡単だ。


 体罰はないほうが良いに決まっている。


 では、是か非か?を問いかけてみる。これは実に難しい問題だ。

 体罰はないほうが良いに決まっているのに何故、是か非かは難しいのか?
 
 それにはいくつかの要因があるように思われる。

 

続きを読む "体罰"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/25

今日のT・・・5/25 エース復活?

 エース復活か?の副題の意味は、チームがエースを負けさせるわけにはいかないと思うところからきている。思い起こせば一昨年、井川は20勝を挙げた。しかし、エースらしくビシッと押さえ込んだ試合はそんなに多くはないはずだ。打線に勝たせてもらった、もしくはチームの采配に勝たせてもらった試合がかなり多かったのだ。そこを勘違いすると何も始まらないわけで、まさに今日の試合は一昨年のプレイバックを見ているようだった。まあ、↓で、観戦は終わってしまったといいつつ、気にしてチョコチョコ見ていたっていうのがバレバレですけど・・・^^;
 兎に角、井川は今日負けなかったことを忘れないで欲しい。エースの意味をもう一度考えて欲しいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日のT・・・5/25 史上最速(笑

 仕事から帰って、グーの散歩をし、洗濯機を回して、ほっと一息。時計を見ると6時20分。「お、T戦始まってるやん」とテレビをつける。

 ピッチャーは井川かあ・・・

 あれ?1回の表??

 え?5-0???

 はあ?

 今日の観戦は終わってしまいました(笑。

 泣きたいけど、笑うしかない。ようやく調子が上がってきたと思われた井川くん、長続きしないのね・・・(ノ_・、)シクシク。伸び放題の髪の毛と同じく成績も伸び放題、才能も伸び放題とはいかんもんかねえ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・駄目だこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/24

今日のT・・・5/24

 中5日での杉山の登板。調子のあがらない福原の登板を1回飛ばした形で登場したが、惜しかった。初回、変化球のコントロールが定まる前に3点取られてしまった。TもJ.P.の立ち上がりを捕らえるも1点どまり。7回に1点を返したがなかなか追いつけない。8回もチャンスを作るも代打の濱ちゃんがあえなく倒れて後1歩。9回の攻撃に期待するぞ!!というところで、古巣を相手に今季初登板の牧野。相手は北川、一発のある相手だ。そこへ不用意に持っていくものだからあっという間にHR。試合の流れをぶち壊してしまった。たかがソロHR1本と言うなかれ。チャンスを作りながら後1本が出ないT打線も『1点ならなんとか・・・』と思うのと『あらま、2点差になっちゃったよ』と言うのでは精神的に大きな差が出てくるわけで、J.P.を捕らえきれないT打線には重くのしかかってしまう1点となってしまった。昨日今日出てきた新人じゃあるまいしプロ10数年のベテランが不用意に試合の流れを決めてしまう1球を投じてしまうのだから・・・本当に残念だ。交流戦は早く試合を消化させるために基本は火~日の6連戦。ただでさえ完投の少ないT投手陣は中継ぎ陣が苦しいわけだ。そこで1軍初登板の選手がこういうピッチングをされるとがっかりしてしまう。私が監督なら即「2軍へいってらっしゃい」と言うだろうね。ショボ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/22

今日のT・・・5/22

 能見は昨日の下柳のピッチングを良く思い出して欲しい。点を取られても良い。毎回完封しろとは言わない。だけれども味方が点を取ってくれたら、それ以上に取られない。同じ取られるなら打たれて取られる方がマシ(四球で逃げないということ)。ここまで能見が良いピッチングを続けてこられたのは逃げずにびしっとストレートを投げられたからなのだから、その原点を思い出して、次、しっかりやって欲しいね。

 そしてまたもや「兄貴~、兄貴~」と金本兄貴。ありがたいっすねえ。それに今日も濱中。DHではなく、代打での出場で駄目押しの三塁打。レギュラーとして守備につくことは難しいだろうけど、代打の切り札としてこれからのTを支えて欲しいね。明日はゆっくり休んでおくれ~♪

| | コメント (3) | トラックバック (8)

キリンカップ対ペルー戦・・・いつも同じ愚痴(笑

 キリンカップ対ペルー戦。前々から言っているがジーコのリスクマネジメントには疑問符がつきまくる。何度も言うようだが、ジーコの選手招集も単に選手を集めているというだけで、そこにどういう意図があるのか感じられない。真ん中のMFばっかり集めてどうすんだ?という疑問は結局解消されないまんま最終予選の第2ラウンドを迎えなくてはならない。

 ジーコジャパンの不動の右サイド加地が怪我で出られないということで右サイドは三浦アツが勤めた。アツの出来は非常によく、右サイドも充分に勤まるのは証明された。しかし・・・もしアツもしくはサントスが試合中に削られたら、怪我をしたらどうするのか?という点については益々不安が募るばかりだ。結局サイドの選手はテストされることもなく、かといって同じメンバーでチームを熟成させることもなく、正直どうにもならない状況で本番を迎えなくてはならない。3バックについても坪井はぶっつけで左CBを勤めなくてはならないし、ツギハギのチームではとても点が取れる感じがしないわけだ。むしろたとえ1軍半のチームとは言え、終了間際まで点を取られなかったのが奇跡的と言わなくてはならない状況だ。

 前監督のトルシエのように約束事で選手を縛り、誰が入っても同じことが出来るというチーム作りではなく、それを一歩も二歩も進めて、選手の個性に合わせてチームを作るジーコジャパン。だとすれば普段から選手の個性を見極め、バックアップの選手を招集し、どういう事故があろうともチームが機能するようにしなければならないと思う。いつも召集するメンバーは一緒。レギュラーも一緒。で、怪我などで出られないときだけ、ツギハギのように選手をただ送り出すだけ。これで億の金を貰うのだからサッカー協会も気前が良いとしか言いようがない。トルシエの時と比べてチームが後退したようにしか見えない試合をいつまで見なくてはならないのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/05/21

今日のT・・・5/21

 中継終わっちまった(・_・、)。最初っから中継してないので、1回の金本のHRは見れないし、最後まで見れないし、なんじゃそれ(・_・、)。まあここまでを振り返ろう。


 なんと言っても下柳。点は取られている。しかし味方が取ってくれた以上には取られない。球は最速137km、決して速くはない。しかしコーナーに丁寧に投げ分けるその技術。そして精神力には頭が下がる。せっかく同じチームにいるのだ。Tの各投手はお手本にして欲しい。そして兄貴金本。ええ仕事してくれてます。調子が思いっきり悪いとはいえ、Hの開幕投手和田を立直らせない2ラン。この試合を決められたのはシーズンの流れからも、明日のH戦をとってもかなり大きいといえる。どうしてもDH制の試合は大味になりがちだが、明日もいい試合をして欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/20

今日のT・・・5/20

 その昔、たぶん初めてシフト・・・ということばを使われた野球選手は王貞治だと思う。少なくとも私が始めて耳にしたのは『王シフト』という名のものだった。王貞治の凄さはシフトを屁とも思わなかったこと。かといってシフトの裏をかいて流し打とうなんていうせこいバッティングはしなかった。そう、要は『シフト』が機能しないバッティングをすれば良い、つまり頭をはるか超えるHRを打てば良いという発想だ。それが王貞治をして『世界の王』と言われる所以であり、いまだもって日米野球で来日したMLBの錚々たるメンバーからサインをせがまれる所以であろう。

 そして今日の話。遊撃の鳥谷がセカンドベースの後方へ、セカンドの藤本がライトの定位置のちょっと前へ、サードベース側はがら空き、レフト線もがら空きである。そうそれが『松中シフト』だ。そして監督の王貞治をダブらせるかのように、シフトを敷くT守備陣を、ピッチャーの安藤をあざ笑うかのようにHRをかっ飛ばす。こういうときに使う言葉はこれしかない。

敵ながら天晴れ。

 まあ、もっとも安藤もまともに勝負をしすぎだし、球は甘いというほどでもないかもしれないが、決して厳しくはない。しかしそれを差し引いても、打ち損じることはなく打ち返されたわけで、明日からは松中とはまともに勝負できなくなってしまった。そのためにも前後のバティスタや城島・ズレータはきっちり抑えなくてはならないのだろう。


 しかし・・・えげつないバッターや(・_・、)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/19

今日のT・・・5/19

 ♪デロデロデロデーン。クラプトンのギターが流れる。そう、濱ちゃんの登場だ(釣りバカではないぞよw)。Tの主催試合では守備につけない濱中は代打の1打席のみに勝負をかけないといけない。そしてそのチャンスは、なんと4回2-2同点、二死満塁の場面で訪れた。しかも関本に代わっての代打、藤本が戦列復帰したこともあってではあるが、どちらかと言うと我慢強く、悪く言えば腰の重い岡田監督が動いたことで生れた。ここまでの代打の成績は5打数1安打。決して良いとはいえない。しかし、執念で打ったような1打がライト前にぽとりと落ち、2点を追加して逆転した。とりあえず勝負強い濱ちゃんらしい打撃を見せてくれた、グッジョブ^^。

 さて、先発の井川、この間とうってかわって、初回はどうなることかと思った。ただ、今日の井川は点を取ってもらったあとのピッチングが良かった。球数が多かったため7回で降板したが、役割は果たしたと言えるのではないか。まあ、給料があがるほどではないかな(笑。そして圧巻は藤川。交流戦はとにかくパーフェクトピッチングを続けている。私を含め多くのTファンが思うことは『いつの間にこんなに球が速くなったんだ?』ってことだと思うが、ほとんどの打者が振り遅れているわけで、セットアッパーとして本当に良い働きをしていてくれる。まあ、ウィリアムス、久保田が不安なので、『もう安心だ』とは言い切れないのだが、それはシーズン終盤までに間に合わせてくれれば良いと思う。

 さて、明日からはいよいよ好調ソフトバンク。新垣、和田の登場だ。勝ち負けよりもとにかく、良い試合をして楽しませて欲しいと思う。いやー、ワクワクするねえ^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/18

今日のT・・・5/18

 小気味良いピッチング。今日の杉山はまさにそういった感じであった。和田にはタイミングを合わされていたようだが、その後さっくりと併殺で切り抜けるなど、テンポの良い投球だった。そして圧巻はフェル・カブの両大砲に対する投球で、この二人から5三振を奪うという素晴らしいものであった。まだまだばらつきがある杉山だが、このピッチング、そして何より同世代の松坂に投げ勝ったという自信を次に繋げて欲しい。

 もう一人は桧山。いつも私が言っているのは『桧山はあてにならん』という言葉なのだが、今日はそれを撤回しなくてはならない。真ん中とは言え、杉山を援護するいいバッティングだった。ナイスHR!!。まあ、赤星、金本、今岡以外は松坂がかなり力を抜いているので、次は、本気の松坂から打って欲しいねえ^^。


 ちなみにこのHRの時のアナウンサー、次のようにのたまった。『高校時代に甲子園負け無しの松坂。松坂が甲子園でHRを打たれたのはほとんどの試合で皆無です。』・・・『はあ?』と思わず魔邪風に語尾を思いっきり上げて突っ込んでしまった。選手の心情を勝手に読んでしゃべるわ。わけのわからん奴です・・・ε=(・o・*) フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/17

今日のT・・・5/17

 福原は自分が投げるときに援護がないということを、もう一度よく考えて欲しい。
 先日から楽天の話のときに投球のリズムということを書いてきたが、やはり福原はリズムが悪い。解説者が『6回3失点ならいいじゃないか』的な言い方をしていた。確かに結果から見れば悪くはない。福原の防御率が格段に悪いということではない。だからこそリズムなのだ。福原の場合、とられ方がとても悪い。下位打線に甘く入った球を痛打される。バッテリーミスを起こす。すっきりしゃっきりとアウトを取って、『攻撃よろしく!』とはいけない。同じ0点でも、だらだらとアップアップで投げて結果0点というよりも、すっきりしゃっきり球数少なくという方が打者はリズムに乗れるはずだ。投球のリズムがどこかちぐはぐなので打者のつながりもどこかちぐはぐになってしまう。確かに5連敗しているので、自信満々でずばっといくわけには行かないだろうけど、『6回3点なんだから・・・』という開き直りではなく、別の意味の開き直りに期待したい。


 リズムの悪かった打線も最終回に帆足を捉え、豊田からも点を取った。まあ、良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

金の鷲の苦悩。

 楽天戦を終えて思うのは、戦力差があまりに大きいということ。勝負の世界なんだから、甘いことは言ってられないとは言うものの。勝負ではあるが興行でもあるわけで、赤字が指摘されているのであるからそれなりに全体で努力をしないといけない。

 田尾監督が、交流戦を利用して各監督やコーチに選手を分けて欲しいと懇願しているようだ。特に投手を・・・という願いは強いようで、岩隈以外に先発を任せられるのがいない現状としては当然なのだろう。Tは私がかなり贅沢を言ってはいるものの12球団を見渡しても、かなり恵まれている方だと思う。戦力的に○○に抜けられると、誰かが怪我をしたり不調になったときに・・・というのは分かるし、シーズンが始まった以上いらない戦力はいないというのが基本的な建前のはずだ。ただ、その○○が怪我・・・や不調・・・といったことがない限りチャンスがもらえない選手も沢山いるわけで、そういった選手が自ら手を挙げるわけにはいかないのだろうか。契約の問題が素人が思っているよりも複雑なのは分かるが、Jリーグでは磐田で出場に恵まれないベテラン藤田を欲しいと浦和が手を挙げ、直接交渉もしているようだ。タンパリングたら、なんたらという問題もあるのだろうが、FA選手・・・というのではなく、余っている選手を・・・というのであるから、なんとか認めてやって欲しいと思う。トレードの期限は後1月、それまでに良いトレードがまとまって、少しでも楽しみが増えた方が選手にとっても、ファンにとっても、そして興行面でもええと思うんですけどねえ。


 「たかが選手」の某球団さん、たかが・・・でしょ?控えの良い奴出してやらんかねえ。あ、あそこは弱投で、田尾監督も申し訳なくて「くれ!」とはいえないかw・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

| | コメント (4) | トラックバック (1)

スーパーですなあ・・・

 島耕作もびっくりの部長さんが登場した。成果主義とはいえ、100億の収入、しかもほとんどが給与というのだから、驚くのを通り超えてしまう。あのソフトバンク孫正義ですら、3億超の納税なのに、この清原さん(はげピアスにあらずw)は36億超の納税・・・。きっと市民税もわんさか取られるんだろうねえ。石原さんも大喜びですなあ。


 清原さんもたくさん税金払っているってのは分かってはいても、いざ自分が日本で一番税金を払っている個人なんだって思うと、やっぱりびっくりするんでしょうねえ。もちろん、ご家族も・・・。


 で、もって、やっぱり、あれですかね。今日の晩御飯は・・・


   


   『寿司だ!寿司にしろ!!』


 すでにこの発想が貧乏人の証だな・・・おまけに古いし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

今日のT・・・5/15 哀れ岩隈。

 岩隈が可哀想だ。今日は試合前、難しい試合になるだろうと思っていた。それはEの先発が岩隈。Eで・・・というだけでなく、パ・リーグで、いや、球界でも有数の素晴らしいピッチャーだからだ。Tが先制したときは、岩隈にも『まだまだ』と言った余裕の表情がうかがえた。で、その余裕の通り磯部が逆転のツーラン、そしてさらに追加点を上げて、Eが2点のリードを挙げての6回。シーツ、金本のヒットを足がかりに、今岡の同点打、そして桧山の2ランでひっくり返した。矢野には死球鳥谷がヒットで続いて、ブラウンの代打町田のときにキャッチャーのパスボールで、失点と崩れてしまった。
 冒頭の可哀想だ・・・は、結局プレッシャーなのだと思う。Eというチームを考えたときに、同点に追いつかれるとTのリリーフ陣からさらに突き放すというよりも、逆転される可能性の方が高いわけだ。そう考えると岩隈ほどのピッチャーでも自然と力が入ってしまうんだなと思うと、やっぱり可哀想だよね。まあ、野球は1人でやるもんじゃないという典型なのかもしれない。昨日も書いたが、攻撃力が劣るのはもとより、守備力でもかなり劣るので余計に力が入るのだろう。これでEに3連勝。週があけると松坂が、そして新垣が、和田が立ちふさがるだろう。ここでの力を過信せずに、パ・リーグを代表するピッチャーと良い勝負を繰り広げて欲しいな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/05/14

今日のT・・・5/14 でも中身は楽天?w

 田尾監督には少々申し訳ないが、TとEではチーム力に差があるのは明らかだ。なかなか楽天のゲームをテレビできっちり見ることは出来ないので、どういう戦力なのかな?と思っていたが、浅いセンターフライが犠牲フライになったりするのを初め、言われている攻撃力そのものよりも守備力がかなり劣っているようだ。これでは投手も野手を信用して思い切って・・・とはいかず、『打たせたくない』という意識が働く、必然的にボール球が多くなり、四球の数が増える。四球だけでなくとも投手の球数が増えるとそれだけで長いシーズンかなり辛くなる。投手のリズムが悪くなると、攻撃のリズムが悪くなる。そうなるとまた投手に力が入ってしまうと、デフレスパイラルのように悪い流れに乗っかってしまうわけだ。

 Tの投手陣でも昨日投げた安藤や福原の時には援護が少なく、今日投げた下柳には援護が多いというのも、投手がもつリズムと無関係ではあるまい。安藤は調子が良くないとボール球が先行する癖があるから、当然野手が守る時間が長くなり、打席のリズムも悪くなる。Gのエース上原の先日の試合は2時間ちょっとで終わったわけだが、彼がエースたる所以は持ち球の素晴らしさもあるが、投球リズムのテンポ良さにもよるものだと思う。Eが今の状況を打破するには『誰』というのではなく、一人一人が試合のリズムを自分で作るんだという気概が必要なのだろう。田尾監督もしきりにその辺の『気持ち』ということを話題に出しているが、新規球団参入の良い流れを崩さないためにも頑張って欲しいな。

 どうも楽天相手というのはやりずらい(笑。個人的には注目して見ているしね^^;。ただ、T党としてはこの対Eで打線の調子を上向きにして、停滞しているDを捉えるべく、投打の調子を上げて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/13

今日のT・・・5/13 一場編w

 一場がつくづくヤクルトに入らなくて良かったと思う。今日の登板まで5戦5敗ではある。弱投の楽天だからローテーションに入ってるのか?と思いきや、決してそうではない。やはり素材は抜群に良い。ファストボールで三振が獲れるあたり、大学ナンバーワンと言われていただけの事はある。また、カットボール、スプリット気味のフォークなどの変化球もなかなか良い。しかし、いかんせんハートの面ではまだまだだ。だからこそ、冒頭のヤクルトに入らなくて良かったとなるのだ。中村には悪いがやはり古田と比べると同じベテランとは言え、キャッチャーとしては大きな差がある。毎年のようにルーキーを一人前のローテーションピッチャーに育てている古田が受けていれば、一場の投手としてのスタートはかなり変わったものになったと思う。ただ、田尾監督がピンチになってすぐに代える事もなく、「なんとかしてみろ」と我慢して使っているのが救いなのかもしれない。

 さてさて、Tだ(笑。立ち上がり不安だった安藤も1失点で抑えた後は、楽天打線に助けられたこともあり、勝ちに結びつけることが出来た。打線もしぶとく得点に繋げているとは言うものの、楽天相手に・・・という感はまだまだある。とりあえず、取りこぼさないように頑張って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Priceless

 安全な水が手に入る・・・Priceless

 ここでいうPricelessは別に『タダ』という意味ではない。『お金には換え難い』という意味だ。

 国連がイラクで生活調査を行ったところ、安全な水が常に手に入る家庭は61%、安定した電力供給を受けられる家庭は15%、近所で毎日銃撃がある家は37%だそうな。これはイラク国内のあくまで平均なのだ。

 毎日銃撃があると答えた割合がもっとも多かったのはアンバル州ということろで60%!!ここは大規模制圧作戦があったファルージャや、先日拘束された斉藤さんがいたヒートなどが州内にあるところのようだ。ちなみに首都があるバクダット州も59%とかなり高い。

 安全な水が・・・のもっとも低い割合は、陸自が活動するムサンナ州で42%電気はともかく、水がなければ安全もくそも生活ができない。

 イラクで毎日銃撃を聞きながら生活する子供たちがどんな思いで、日々をすごし、どう成長していくのかを考えると胸が痛い・・・。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/12

今日のT・・・5/12

 エースが投げて、4番がHR。この試合に負けたら、イチローでなくても『今日のゲームで勝てなければ、絶対に勝てない』となるだろう。初回危うかった井川も併殺打でピンチを切り抜けると後はスイスイといった感じで、綺麗に抑えてくれた。見事今季チーム初完封、おめでとう。そしてありがとう^^。いやあ、めでたいめでたいw。3連敗だけは避けたいところだったので本当にありがたい勝利だった。
 さらに、打線は頑なに触らなかった岡田監督が、2番にシーツ、3番に濱中、6番に関本とてこ入れをしてきた。この配置転換が当たったとは言い切れないが、カンフル剤になったのかも知れない。この後甲子園に戻ってどういう風に打線を組み替えるのかが問題だが、取りあえず良い形を維持して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/11

今日のT・・・5/11

 今日も今日とて試合中。


 はあ~、ボビーに間違った日本語を教えてしまうことになりそうだ(・_・、)。

 Mは強い。Tのキーマンが赤星と睨むや、厳しいマーク。赤星が出られないとやっぱりTの得点力は低下してしまう。で、このブログを書き始めた8回表、先頭の赤星が出ると、やっぱり得点シーンが生れるわけで、続く関本のタイムリーでやっと1点を返す。さー、Tの畳み掛けるような攻撃が始まるでぇ~と思った矢先、リリーフに出てきた薮田に、シーツ、金本、今岡のクリーンアップが綺麗に三者連続三振。これでは勝てない。守護神の小林雅の調子が昨日もイマイチではあったが、もう調子以前の問題で、流れが悪すぎる。勝負のアヤとしては終わってしまいっている(とは言いつつ、見てますけどねw)。明日の先発予想は井川。悪い流れを断ち切るのはエースの役割ですぞ・・・。頼むで、ホンマ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/10

今日のT・・・5/10

 うーん。岡田監督の采配には本当に疑問符がつく。いや、結果論を言っているのではなく、毎度毎度の鳥谷の問題だ。鳥谷だけは勝負や成績を度外視して育てるのではないのか?7回の二死満塁のチャンスで鳥谷に代打町田を送った。ここで他の打者、例えばスペンサーとかであるならば町田が結果アウトになってもこうは言わない。しかし鳥谷は別だ。勝負どころで使わないなら育てる意味はないのではないか?確かに勝負にこだわるならば、鳥谷よりも町田の方が確率は高い。しかし本当に勝負にこだわるならば鳥谷は2軍に落としてしっかりと試合に出すことで育て、1軍ショートは誰か他の・・・例えば藤本が怪我で離脱している間は沖原でもいいではないかと思う。他のファンは知らないが、少なくとも私は『将来を見据えて育てる』という目的があるからこそ、鳥谷が溌剌と全力プレーをしている間は成績に目をつぶろうと思って応援している。肝心な局面でおろしてしまうなら育てる意味はないのではないのか・・・。もう一度岡田監督には考えて欲しいな。

 しかし・・・・このままではいかん。ボビーに正しい『交流』の意味を教えるためにも!!もうちょっと頑張って欲しいな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日からはマリーンズ戦。

 いよいよ交流戦第2弾、千葉ロッテマリーンズ戦を今日から迎えることとなった。ネットでうろうろと関連記事を探していると、

 こんなポスターを見つけた・・・。思わずにやりと笑ってしまった。ボビー・バレンタインが監督だからこそできるこのポスター洒落が効いていて面白いなって、素直に思ってしまった。マリーンズは交流戦用にこういったポスターを6種類も用意しているらしい。このポスターを見たからと言って、即売上につながるとはおもえんのだが、T党にもきっと『マリーンズやるな』と思わせることは間違いない。『きぃぃぃーーーーー』と思わせても大成功なのだろうけどね^^。しかも交流戦にあわせて弁当も作るようだ。今日からの対T用にはたこやきや串カツを詰め込んでいるようだ・・・ちいと妙なイメージだけどw。

 同じ交流戦でもGとGEの交流戦の視聴率が14%台で期待はずれだったらしい。どういう数字を目標に挙げていたのだろうかと疑問に思ってしまうのは私だけだろうか。14%も見てくれたと思うのか、14%しか見てくれていないと思うのかは大きな差だとは思うが、正直そんなもんじゃないの?って思う。いつまでマスコミはそんなこと言ってんだろうねえ思ってしまうわけで、もし、目標はもっと高いんだよって言うならば、マリーンズを見習って、ちょっとは洒落たポスターでも作ったらどうなのかねえ。


 最後に、Tの選手の皆さん、洒落は洒落で終わらせてあげましょうねw。T党が笑って済ませられるようにねw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/08

昨日のT、今日のT・・・5/7、5/8

 さて、まず昨日のT、怪我から復帰の下柳が6回無失点と『らしい』投球でゲームをしっかりと作る。しかし、今まで下柳の先発試合にはあれほど打ちまくった打線が沈黙してしまい復帰を祝うことができなかった。残念ではあるが、次につながる試合ができている。久保投手コーチが悔やんでいた継投ミスではあるが、こういう試合もあるのは仕方がない。

 続いて今日の試合、今度は逆に開幕以来好投を続けながらなかなか勝ち星に恵まれなかったルーキーの能見。それがなんとなんと、今季初の完投勝利。これで今季2勝目と勝ち数は多くはないが、セ・リーグの新人王争いに充分参加できるようになってきたのではないか。我慢が実を結んで本当に良かったね。今季、これ以降にどんどんとつなげて行って欲しい。


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/06

今日のT・・・5/6

 筋書きのないドラマ・・・。今日の試合はまさにそんな感じであった。某所にてひすわしさんとチャットしながら観戦していたのですが、8回、赤星の打席を見ていて『出そうだ』と言っていたら、本当に出塁し、関本がしぶとく2塁打。シーツ、金本がラッキーなヒット。今岡がお手本のようなセンター返しで同点としたときも、『スペンサーアウトで・・・』と言っていたら、三振。で、で、で・・・『復帰逆転満塁HRか??』と盛り上がっていたら、さすがにそれは甘かったものの、綺麗に打ち返しての2点タイムリー。日ハム先発の金村が打てそうにないくらい良かっただけに、粘りに粘って出塁した赤星の力がとても大きかったと思う(まあ、もっとも6回辺りからボール球が増えてきていたこともあるのだが)。悪い流れを断ち切って、一気に畳み込むという強い頃のTの試合運びを久しぶりに見せてもらった。昨日の井川が試合を支配・・・とまではいかなくとも、久々に仕事をしてくれたので流れが戻ったのかも知れない。


 しかし・・・この試合、日ハム主催の札幌ドームだよねえ・・・。なんであんなにどこにでもTファンはいるんだ?w。一瞬、甲子園かと思うような大声援。日ハムファンに申し訳ないくらいだったよね^^;。まあ、初めての交流戦盛り上がってくれるといいですな。

 明日もいい試合を期待したいっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お土産・・・

 今日、うちのオヤジの古い友達が事務所に遊びに来た。で、土産がなんと、思いっきりこちらの地元の神戸南京街の某超有名店の豚マン(笑。昼飯時ということもあり、オヤジとその友達は昼ごはんへ。残された私は久しぶりにその豚マンを食べることにした。以前食べたときも思ったし、今だに良く分からないのが、この某超有名店の豚マンを買うのに1~2時間も並ぶ人がいるという事なのだ。
 そして、今日食ってもやっぱり思った・・・

美味しくねえ~~~~~w

 正直に言えば、

まずいw

 土産を貰っていう事じゃないんだけどねえ(笑。あ、ちなみにその某超有名店ですが、南京街じゃないちょっと離れたところに本店ってのがありまして、そこは閑散としておりますw。その人が南京町で並んで買ったんじゃないことを祈っております・・・そうじゃないと申し訳なくって・・・。


 ちなみに神戸にいらした、もしくはこれからいらっしゃる方に言いたいのは、そこのお店の豚マンが神戸で一番美味しい豚マンだとは思わないで下さいねw。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/05

今日のT・・・5/5

 今日の先発井川、ようやく8回途中まで投げて、それでも3失点。普通のローテーションピッチャーならなんも文句はないけど、次は後ろのピッチャーを煩わせずに、ビシッとしたところをそろそろ見せて欲しいな。とにかく勝ちに貢献してくれたので、先に点を取られなかったので良しとしよう。暑くなってきて、大好きな夏がやってきそうなわけだし、頑張って欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/04

小ネタ・・・

 今日の横浜の先発は新外国人のセドリック。で、嘘のような本当の話、このセドリックの奥さんの名前がグロリア。


 二人揃って来期はマリノスに移籍だなw


息子がシーマならいう事ないだが・・・( ̄o ̄;)ボソッ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日のT・・・5/4

 初回に打線が繋がった。で、先発がすいすいと投げる。勝ちゲームらしい勝ちだった。GWの連戦、そして週末からの交流試合を睨んでのブラウンの今季初先発だったのだろう。よく井川が言うところの『ゲームを作る』仕事をそのブラウンが見事に果たしてくれた。ローテーションに即固定かどうかは分からないが、やりくりを心配する必要がなくなった気がする。明日こそは中6日の井川。『ゲームを作る』のではなく『ゲームを支配』して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/03

今日のT・・・5/3

 ハイ! ハイ! ハイ  (. `Д)_(Д´ )  ノ ノヽ |  |>  ノ >  < ヽ

  ワォ! あるある探検隊! ヽ(`Д´) ヽ(`Д´)   | ヘ|ヽ  | ヘ|ヽ   | ̄  

 『異例の速さで落ちぶれる』

 つい、先日まで首位攻防戦と言っていたはずのTが今日も負けて、ついに借金1。順位も4位まで落ちている。まあ、勝っているときからチーム状況が良くなかったわけだが、ここまで来ると、なかなか先に点を取られると勝てる気がしなくなる。今日も先に点を取られて追いついたのもつかの間、またもや我慢がきかずに突き放される。とても勝てる流れではないわけで負けも致し方なしという感じだ。前にも言ったがこういう流れを断ち切るのがエースの仕事・・・つまりTで言うところの井川の仕事なのだ。明日もしくは明後日先発するだろうが、ビシッと抑えて絶対に先に点をやらないと言う気迫を見せて欲しい。たのむで・・・ほんま(・_・、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

昨日のT・・・5/1

 古田のいないSに完敗だった昨日のT。先発は好投を続けていたルーキーの能見だったが、やはり四球からずるずると崩れてしまう今のTの投手陣の悪い癖が出てしまった。早々に5-0の状況になってしまえば、それをひっくり返すだけの力が今のTにはない。やはりエース井川で7点差をひっくり返されたあのD戦の影響が大きいようだ。Tにしろ、Gにしろ成績が悪いと必ず出てくるのがお家騒動。特にTの場合は前監督が優勝したまま辞めてしまったので、まもなく、そういう声があがってくるのは間違いない。T党にとっては憂鬱なGWになりそうだ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »