« 今日のT・・・5/19 | トップページ | 今日のT・・・5/21 »

2005/05/20

今日のT・・・5/20

 その昔、たぶん初めてシフト・・・ということばを使われた野球選手は王貞治だと思う。少なくとも私が始めて耳にしたのは『王シフト』という名のものだった。王貞治の凄さはシフトを屁とも思わなかったこと。かといってシフトの裏をかいて流し打とうなんていうせこいバッティングはしなかった。そう、要は『シフト』が機能しないバッティングをすれば良い、つまり頭をはるか超えるHRを打てば良いという発想だ。それが王貞治をして『世界の王』と言われる所以であり、いまだもって日米野球で来日したMLBの錚々たるメンバーからサインをせがまれる所以であろう。

 そして今日の話。遊撃の鳥谷がセカンドベースの後方へ、セカンドの藤本がライトの定位置のちょっと前へ、サードベース側はがら空き、レフト線もがら空きである。そうそれが『松中シフト』だ。そして監督の王貞治をダブらせるかのように、シフトを敷くT守備陣を、ピッチャーの安藤をあざ笑うかのようにHRをかっ飛ばす。こういうときに使う言葉はこれしかない。

敵ながら天晴れ。

 まあ、もっとも安藤もまともに勝負をしすぎだし、球は甘いというほどでもないかもしれないが、決して厳しくはない。しかしそれを差し引いても、打ち損じることはなく打ち返されたわけで、明日からは松中とはまともに勝負できなくなってしまった。そのためにも前後のバティスタや城島・ズレータはきっちり抑えなくてはならないのだろう。


 しかし・・・えげつないバッターや(・_・、)。

|

« 今日のT・・・5/19 | トップページ | 今日のT・・・5/21 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

えげつないのかぁ~

最高のほめ言葉?w

投稿: ホークス党 | 2005/05/21 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/4208841

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のT・・・5/20:

« 今日のT・・・5/19 | トップページ | 今日のT・・・5/21 »