« コンフェデ杯ブラジル戦前半w | トップページ | 今日のT・・・6/23 »

2005/06/23

コンフェデ杯ブラジル戦後半w

 後半開始。日本は玉田→大黒、小笠原→中田浩二と交代し、中田ヒデを上げ、中田浩二をボランチに入れた。結果はどうであれ、動くことは必要な局面だから、評価したい。ブラジルは選手交代なし。

 開始早々、またもや、最初に攻撃の形を作ったのは日本。柳沢がシュートを打つが、GKマルコスが飛び出してセーブ。勝つんだという積極的な姿勢がとても良い。

 大黒はやっぱり良い!!後半11分、裏を取る動きから、俊輔へのマイナス方向へのパス。俊輔が合わせ、枠に飛ぶがDFに当たって惜しくもゴールならず。残念(・_・、)。

 「あいつは1年に1回くらい神になる」といわれた川口。前半2点取られるも、ナイスセーブを連発!!手、足、そして顔(笑。石崎君(古w)ばりの至近距離での顔面ブロック。後半になってようやく神降臨か?w

 そして、後半16分を過ぎて、ブラジルは勝利を確信したのか、アドリアーノとカカの攻撃の核二人を交代させる。

 中盤でボールを奪い合うこう着状態が続く中、後半29分柳沢→鈴木の交代。スピードタイプのFWが機能していただけにこの交代はどうか?と思われる。


 そして、後半43分。やった!!ヒデが貰ったファウルから、俊輔のFK。ポストに当たったこぼれ玉をやはりこの人、大黒様!!ブラジル相手に同点である。


 そして、勝たなくては決勝リーグに進めない日本は怒涛の攻め。こういうプレーが出来るんだなと思わせる良いプレーが続出した。

 しかし、無情にもホイッスル。得失点差にての予選リーグ敗退が決定した。やはり、取るべきところで取れないのは大きい。手抜きというのではないが、力を抜いていた(引き分けでも決勝トーナメントに出られるので)ブラジル相手ではあるが、負けなかったのは大きいと思う。まあ、絶対に負けられないW杯本番の決勝トーナメントでブラジルと出会いたいものだ。

 やはり鈴木は機能しなかった。日本の持ち味にすべきはスピード。この大会で収穫ははっきりとした。勿論タイプの違うFWということで鈴木は必要なのかも知れないが、今のチーム状況から言えば、厳しいと言わざるを得ない。ただ、一方でFWとしてどうか?と思われた柳沢が日本のFWとして使える目処がたったのも非常に大きい。目指すべきサッカーがはっきりと見えてきたので、東アジア選手権でこのつぼみを大きく咲かせて欲しい。
 課題は・・・多すぎて列挙できないが、まずはサントスをどうするのか?役割をはっきりさせるべきだと思う。4バックの左サイドDFというのは正直無理だと思う。3バック時の左サイドMFならば良いのだが、肝心なところでファウルで止めなくてはならないというのは高さのない日本にとっては危険な存在といわざるを得ない。そしてもうひとつは中盤。特に中盤の底、いわゆるボランチの位置をどう組むのか。ヒデの役割はどうするのか?といった所をはっきりと決めて肉付けしていかなくてはならないだろう。FWも今の状態なら核は柳沢になるだろうが、相手をどうするのか?色々と課題はある。とにかく後1年。このコンフェデでの経験が大きかったと来年言いたい。

 あ~、眠たい・・・

|

« コンフェデ杯ブラジル戦前半w | トップページ | 今日のT・・・6/23 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/4669666

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ杯ブラジル戦後半w:

« コンフェデ杯ブラジル戦前半w | トップページ | 今日のT・・・6/23 »