« 今日のT・・・6/16 | トップページ | コンフェデ杯メキシコ戦後半w »

2005/06/17

コンフェデ杯メキシコ戦前半w

 FIFAランキングは6位、しかし、南米王者を決めるリベルタドーレス杯に出場していた選手は今日到着したため、レギュラークラスを数人欠くメキシコ。つまり格上なんだか格下なんだか良く分からない相手だ。まあ、いつも言っていることだが、勝負においては格上も下もない。勝ったほうが強いのだ。


 さて、立ち上がりメキシコらしく短いパスを繋ぎ、また、いわゆるトライアングルを綺麗につくるメキシコのリズムにやられていた。攻撃のみならず守備に入ったときにも日本がボールを持てば2、3人できっちり囲い込む。洗練された見事なサッカーをするなと思わせた。しかし前半12分小笠原がカウンター一発のパスを右サイド加地に通すとゴール前にクロス。柳沢がドサクサ?って感じではあったが見事に押し込んで先制のゴールを決めると、日本にリズムが出てきた。攻めの形を作り、何度かメキシコ陣内に攻め込むも、シュートが相変わらず枠にいかない(笑。まあ、見慣れた光景といえばその通りだが、やはり良いリズムのうちに追加点を上げておきたかった。試合の中には必ず流れがあり、日本はアジアレベルですら90分間の流れを全て支配することができないのはW杯予選を通じても分かることだ。良いリズムのうちに追加点を上げられないことがメキシコに流れを持っていかれることになるわけだ。1点やられたか?のプレーを川口がとめたのは、彼独特の集中力がもたらしたものではあるが、そうそう僥倖は続くものではない。

 そうこうしている前半30分から35分にも日本にチャンスがあったが決めることができなかった。そうするとやはり流れはメキシコに行ってしまうようで、前半39分見事なミドルを決められてしまった。さすがにメキシコのシュートは枠に行く・・・悲しいくらいに・・・。

 前半43分にも加地が中央から良いタイミングでミドルを放つがこれまた見事に枠を外れる・・・。ただ、もう枠を外れるのは仕方がない。こういうタイミングでシュートを打つことが大事だ・・・ということにしよう(・_・、)。


 前半を終えて良かったと思うのは、一人は柳沢。イタリアに行って一皮剥けたのか、シュートを打とう、前を向こうという姿勢が良かった。前半35分にも勝負を仕掛けていったしこういう姿勢がFWの仕事だと思うし、相手に脅威を与えると思う。後はスピードを落とさずにフィジカルの強化をしなければならないだろう。メキシコDFに当たり負けする局面が見受けられた。もしくは今以上に技術を磨いて当たり方を変えるより他はないんだろうね。そしてもう一人は福西。中盤の底でコンビを組む中田ヒデが前に行くことが多いため守備での負担が大きいはずだが、見事に相手の攻撃の芽を早めに摘んでいたように思う。

 逆に大丈夫かよ?と思わせたのがサントス。突破を図る局面もほとんどなく守備でも相変わらず中途半端なプレーが目に付いた。ゴール付近でのファールも気になる。攻撃の選手として活用したいのであれば、後半相手が疲れてきたところにジョーカーとして投入すべきだと思うのだが・・・ジーコはそうしないだろうなあ。
 そしてもう一人は俊輔。腰の状態が悪いのかも知れないが、ゲームメイカーとしてほとんど見せ場はなかった。FKもふかしてしまっていたし、攻撃に参加するときの1歩がちょっと遅れ気味に見えた。小笠原だけでは攻撃が単調になるので小野がいない代表では俊輔にしっかりして欲しいのだが、良いリズムを作ることは出来なかった。

 さてさて、前半は1-1の同点でなんとか終えることが出来た。選手交代があるのかないのかは分からないが、全員がベンチ入りできることもあり効果的な交代を期待したい。

|

« 今日のT・・・6/16 | トップページ | コンフェデ杯メキシコ戦後半w »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/4587477

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ杯メキシコ戦前半w:

« 今日のT・・・6/16 | トップページ | コンフェデ杯メキシコ戦後半w »