« 今日のT・・・7/30 | トップページ | 今日のT・・・7/31 »

2005/07/31

東アジア選手権対北朝鮮戦・・・前半。

 今日からいよいよ東アジア選手権。欧州組の参加がないとは言え、コンフェデでのスピードを生かした日本のサッカーをどう熟成していくのか。そしてまた、今回から新たに参加した若手がどうA代表に食い込んでくるのか。また、日本の攻撃に足りない高さを千葉からやってきた巻が補うことが出来るのかどうか。そういったところが注目されるポイントだろう。

 先発メンバー自体は今までのA代表のメンバーで構成されている。攻撃の核は小笠原、W杯予選ではあまり良い所がなかった彼が、コンフェデでは持ち味を発揮していたように思う。しかし、欧州組がいない・・・つまりプレッシャーを一身に背負う中でどう戦うのか。また、FW陣は大黒・玉田のスピード型ツートップ。特にエースと指名された大黒の先発する試合として多いに注目したい。

 今日の相手は北朝鮮。W杯予選でもあたり、苦戦を強いられた相手だ。また、日本相手ということもあり、いつも以上に気合を入れて臨んでくる事は間違いないわけで、足元をすくわれないようにしたい。

 序盤は北朝鮮にやりたいようにやられている。欧州組がいないのがやはり大きいのか、中盤でボールが落ち着かない。そのためのなさを北朝鮮に突かれて、ボールを支配され、高い位置でプレスを受けてしまう。日本も15分近くなって、ようやく遠藤とサントスが左サイドをワンツーなどで動かそうとするがなかなかうまく行かない。やはり、加地、サントスが高い位置でボールをもらえないため、早い攻撃ができないようだ。

 15分を過ぎるとようやく日本が高い位置でボールを奪えるようになり、いい攻撃を見せるが、なかなかシュートまで結びつかない。ゴール前でファールを貰ってもFKが壁に当たり、ゴールを脅かすことができないでいる。北朝鮮にうまくFKのタイミングを読まれているようだ。

 そして前半27分、またもややってしまった。不用意なバックパス。もう、ゴール差し上げますとばかりの小笠原のパスだった。それをなんとか防いだと思ったら、今度は中澤の中途半端なクリア。二つミスが積み重なれば、さすがに駄目だ。見事にゴールを奪われてしまう。

 やはり中盤でボールが落ち着かないため、加地・サントスが上がる暇がない。サイドチェンジは試みてはみるものの、低い位置でのサイドチェンジなので、大きな効果は得られない。小笠原が全く起点になることが出来ないので、どうにもボールが前に動かない状況だ。

 とにかくなかなかシュートが打てない。いや、打たないのか。ゴール前で不要と思われるパスを出してしまう。責任回避するかのようなボール回しは腹立たしいくらいだ。前半38分にようやく小笠原が個人技からミドルシュートを打つが、これをきっかけになんとか雰囲気を変えて欲しい。

 前半を終えての感想はとにかく工夫がない。そして相変わらず守備ラインが深いため、高い位置でしっかりとプレスをかけることができないでいる。だから、攻守の切り替えが遅いため、小笠原にマークが厳しくついてしまう状況になっている。小笠原でボールをためることが出来ないため、両サイドの加地・サントスをうまく使えないでいるため、全く攻撃にリズムができないでいる。はっきり言うと、点が取れる予感が全くない。なんせ、シュートを打つ機会がほとんどないのだ。それに対して逆に追加点を挙げられるにおいはする(笑。昨日、スポーツニュースで大差で勝っていれば若手を試すのも・・・なんていう楽観した意見が出ていたが、こうなっては若手を試す・・・という意識ではなく、A代表レギュラーでどうにもならないものを若手でなんとかしてみろ!という感じで、活きのいい若手を起用して欲しい。特にDFラインでどうしてもラインを下げてしまうキャプテン宮本でなく、阿部あたりの起用をしてくれると、とっても期待して見れるんだけど・・・、まあ、ジーコとは間違いなく趣味が合わん(・_・、)。

|

« 今日のT・・・7/30 | トップページ | 今日のT・・・7/31 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/5246053

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア選手権対北朝鮮戦・・・前半。:

« 今日のT・・・7/30 | トップページ | 今日のT・・・7/31 »