« 今日のT・・・8/7 | トップページ | 東アジア選手権韓国戦・・・後半 »

2005/08/07

東アジア選手権対韓国戦・・・前半

 久々の日韓戦。しかし、残念なことに東アジア選手権の最下位争いをやる羽目になってしまっている。互いに冴えない試合だw。

 この試合の前に行われた中国ー北朝鮮戦の結果を受けて言えば、日本は韓国に勝てば得失点差で2位になる可能性は残っている。2位というのはモチベーション的にはなかなかあがらないだろうが、国のためなんぞは言わない。自分たちの名誉と誇りをかけて頑張って欲しい。

 先発メンバーは中国戦からGKが土肥に、怪我の田中達に代わって玉田が入ったことくらいで若手主体には変わりない。

 前半18分、韓国CKからのヘディングシュート、全くのドフリーだったが、土肥がナイスセービング。しかし、お互い全く良い所がない。ここまで、日本にはゴールのにおいがしない。韓国は中国や北朝鮮と比べて引いて守るというスタイルではないのに、日本の攻撃は全くかみ合わない。しょぼ過ぎ・・・

 前半20分、村井が左サイドで股抜きドリブル・・・お、好プレーと思わすも、シュートを打つ場面でパスを出してしまう。もうイライラが募るばかりで全く残念だ。このブログのサッカーの試合の度に言うけれど、シュートを打たないと得点は絶対に入らない。多少強引でもいいから、『オレが獲る!!』という姿勢を見せて欲しい。悲しいよ、そうじゃなきゃ・・・。

 
前半33分、ようやく本山のファーストシュート(笑。30分以上もシュートが一本もない・・・バスケのようにシュートを打てば入る確率が高いスポーツと違い、シュートを打っても入らないのが普通というのがサッカー。ならば、もっと『打つ』という姿勢を見せなくてはならないはずだ。もう枠に行くとか行かないとかというレベルにも達していない。確かに、対日本戦ということで韓国は気合が入っているわけで、プレッシャーが厳しいのは分かる。しかし、怪我をした田中達のように果敢に勝負をしかけたり、シュートを打つ選手がいないという事実をどう捉えたらいいのだろう。

 今現在最下位の日本は勝たなくては最下位のままなのだ。つまり、『勝つ』ということを主体にゲームを運ばなくてはならない。しかし、その姿勢は全く見えない。勿論それは選手だけでなく、ベンチの采配もそうなのだ。後半からは点を3点取られたら4点取ってやるくらいの気概でガツガツ行かなくては駄目なのだ。相手が3トップ気味なので、4バックにするのは少々怖いが、それでも守備の選手を一人下げ、攻撃の選手を入れなくてはならないだろう。好き嫌いは別として(はっきり言って嫌いな選手だけどw)このメンバーの中ならば小笠原を入れなくてはボールの落ち着きどころがない。そして韓国の高さに対抗すべく、ゴール前のパワープレーもできる福西を入れたい。頼むからサントスだけは入れてくれるなよといいたい。頼むで、ジーコ(・_・、)。

|

« 今日のT・・・8/7 | トップページ | 東アジア選手権韓国戦・・・後半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/5352571

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア選手権対韓国戦・・・前半:

« 今日のT・・・8/7 | トップページ | 東アジア選手権韓国戦・・・後半 »