« 今日のT・・・8/16 | トップページ | 今日のT・・・8/17 »

2005/08/17

たまには読書で^^

 私は、中国古代史を基にした歴史小説ファンなのですが、今回読もうと思い、購入したのが、これ

『中国の思想Ⅵ 老子・列子』
(し、しまった・・・写真がでかい・・・ま、いいや、縮小するの面倒だw)

 このシリーズ、ほかにも『左伝』、『戦国策』と読みました。

 このシリーズの良いところは、漢文がまず書いてあり、読み下しの文、そして意味・解説という具合に構成されているというところ。実は大学受験を目指す漢文に弱い方(強い方にもw)にはお奨めの本だったりします。


 で、今回の『老子・列子』ですが、老子という人は道家の祖であり、論語で有名な孔子の師といわれている人です(実在を疑う声もありますが・・・)。列子もその流れを組む人ですが、こちらのほうがもっと実在を疑われているんですねえ。まあ、それはさておき・・・。

 私は、とっても好い加減な人間なので儒教の『あれは駄目、これは駄目』という教えは理解しがたいものがあり、道教の『こうしたほうがええんちゃう?』的な、ファジーな感覚がとっても心地よかったりします。そして逆説・皮肉たっぷりの論は、あるときは耳に痛く、あるときはとっても痛快だったりするわけですね。まあ、のんびりと風呂に入りながら読んじゃおうと思っております。興味のある方は徳間書店からでておりますので^^(回し者ではござらんw)。

|

« 今日のT・・・8/16 | トップページ | 今日のT・・・8/17 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひょえ~~
グーパパさんは難しい本を読んでいるんだね。
私はこの手の本はちょっと苦手でごじゃる。

ところで、お風呂の中で読書しちゃうの?

投稿: ミナミナ | 2005/08/17 12:24

この季節だと、水風呂に近い風呂に入り
30分くらい・・・
まあ、シャワーで済ますこともありますけど、
読みたい本ができれば、ぼけーっと
浸かってますね。
で、上がってビールをきゅーーーっと
いっちゃいますw
たまりませんなあw
(まるでビールのために風呂に入っているような・・・w)

投稿: グーパパ | 2005/08/17 12:57

TBさせていただきました。
最近いつも重くてごめんね~!

孔子は、どとらかといえば負けの美学。
老・荘の思想の方が、私も好きだな

投稿: 新しい夜明け | 2005/08/18 13:37

TBどうもですm(_ _"m)ペコリ。
昔っから老荘思想がすきだったんですけど
宮城谷昌光氏の作品を読むようになってから
余計にその傾向が強まりましたね。
で、ついにそのものに手を出すハメに・・・w
この間ミナミナさんの座右の銘に書いた
『欲すればまず与えよ』も
老荘なんですよね。
なんかほっとする一言が多いっす。

投稿: グーパパ | 2005/08/18 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/5507183

この記事へのトラックバック一覧です: たまには読書で^^:

» 上善如水 [新しい夜明け]
『上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず、 衆人の悪む所に居る。』(老子) 「上善」は、理想的な生き方。 『理想的な生き方をしようと思うなら、水のように。 水は万物に恩恵を与えながら、自分は相手に逆らわないで 人の嫌がる低いところへ流れていく』 水の特徴は、 1:水は入れる器や環境によって形が変わる。   相手に逆らわないで、どのような形にも   形を変える柔軟性がある。 2:地球上の生物に大きな恩恵を与えておきながら、   自分はというと、低いところにに流れて行き、   その有り方が謙虚... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 13:34

« 今日のT・・・8/16 | トップページ | 今日のT・・・8/17 »