« 今日のT・・・8/9 | トップページ | さらば、大魔神。 »

2005/08/10

今日のT・・・8/10

 昨日の試合で、岡田監督の采配を非難する声があがっているようだ。だが、私は岡田監督を擁護したい。なぜならば岡田監督は井川をエースとし、彼に勝ち星をつけることでチームを勢いに乗せよう、優勝するにはエースの力が必要だと考えている。そして指揮官たるもの、いったん決めたことを簡単に覆すようでは困る。つまり、部下が仕事をきちっとやるためには、指揮官がしっかりしなくてはいけないのだ。あの5回、井川に勝ち星がつく状況で、交代はありえない。他の投手ならば、代えて当然なのだが、井川はいかんせんエースなのだ。あそこでなんとかできる投手でなければエースとは言えない。エース扱いされているにも関わらず、応えられない井川が悪いのだ。鳥谷の扱いについても、私はシーズン前、競争のないところに良い結果は生れないと言ってきたが、岡田監督が鳥谷が少々スランプでも使い続けた結果が、今の鳥谷の成績を物語っている。そこを非難せずして結果論のみで、昨日の岡田監督を非難するわけにはいくまい・・・というのが私の見解だ。猛省を促すのは井川にであって、岡田監督にではない。ただし、『井川をいつまでエース扱いするのか?』については再考を促したいと思う。

 さて、昨日のとってもとっても嫌な流れを引きずっての先発はリズムの良くない福原。昨日のあの負け方は対D3連敗の可能性を大きく残すものとなってしまったが、福原がその流れを断ち切ってくれるかどうか、福原の真価もここにかかっていると言える。


 その福原の登板前の1回表、『エースが駄目なら4番がやる!』とばかりの金本の3ラン。やっぱりココイチ頼りになるのは兄貴だね。後は解説の小山が言うまでもなく、投手陣がどう踏ん張るのか?にかかっている。今日は頼むで・・・

 はあ・・・とりあえず3回(一回りってことねw)を0点に抑えて欲しいと思っていたが、2回、いきなりウッズにHRを浴びる。ウッズ・福留には打たれてはいけないのだ。調子に乗らせてはいけない打者を抑えて欲しいと思うのは無理な注文なのだろうか。いつも下柳を見ていて思うのは、彼のピッチングは例え2-3とかのカウント、つまり球数が増えて苦しいカウントになっても、それは計算した上でなっているということで、打ち取るために丁寧なピッチングを心がけているということなのだ。それが福原や井川のような中堅そして、中心となる投手達ができないところにこの二人の苦しさがあるのだと思う。同じカウント2-3になってもストライクの入らない3ボールと、計算した上での3ボールは大きく意味が違う。Gの上原を見習うのも良いが、自分のチームに本当のお手本がいるのを忘れないで欲しい。

 3回にゲッツー崩れのドサクサで1点を追加するが、またもやその裏に1点取られてしまう。取ってもらったらビシッと抑える。相手にやる気を起こさせないというピッチングをして欲しい。福原が援護を得られないのはこの辺にあるのだろう。4回ノーアウト満塁のチャンスに鳥谷、シーツ凡退で無得点。後半に強いDを相手には嫌な展開になってきた。

 さすがに岡田監督、今日は動くのが早い。6回早くもJFKの一角、藤川を投入。その藤川が悪いなりに2回を0点に抑える。悪いながらも抑えてくれるというのは本当にありがたい。5日や6日に1回投げるだけの先発投手二人には本当に見習って欲しい限りだ。しかし、8回またもやノーアウト満塁のチャンスを活かせず得点できない。

 ピンチの後にはチャンスあり、つまり裏返すとチャンスの後にはピンチがある・・・またもやウッズにソロHR。ついに5-3と2点差になってしまった。はっきり言って、今のウッズは外角一辺倒で抑えられる状況ではない。もうストライクをまともに投げてはいけないのだ。内角にボール球の速球を投げ、外角にボール球のスライダーを投げて、『できれば振ってね』とお願いすればいいわけだ。この状態は非常にまずい。明日も打たれそうな気配が漂う。
 最後はなんとか久保田が抑えて、なんとか勝ち。これで首位の座はなんとか守った感じだ。

 しかし、本当に首位攻防戦なのだろうか?昨日はお互いに失策の嵐。結果失策の多かったTの負け。今日は今日でDの投手陣は四球の嵐。なのにT打線は肝心なところで併殺打。お互いが神経を使った結果こういう状況になった・・・のかも知れない。ただ、本当はもっと緊張感がお互いの能力を限界まで高めるような、そんなピリピリ感が見たい。能力的には日本の選手が大リーグで通用するのは証明されているが、それでも日本の野球に魅力を感じず、海外へ流出する選手が多いのは、単にお金目的というだけではあるまい。ヤンキースとレッドソックスのような因縁の戦いを見ていても、確かに死球合戦になったり遺恨を誘うこともあるが、それよりもお互いが『負けてたまるか!』とばかりに闘争心むき出しで、それこそあのプレーに関してはとてもクールな松井ですらガッツポーズを思わずやってしまうような環境なのだ。ゲーム差1.5から始まった首位攻防戦がこれでは、日本のプロ野球の未来はとっても暗いと思うが、どうだろう。

|

« 今日のT・・・8/9 | トップページ | さらば、大魔神。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

Dファン視点から一言

福原、ウイリアムスは
かわすタイプで、怖くない。
好不調の差が、はっきりでそうだ。
やっぱ、藤川、久保田の早い球は、
脅威だね。

投稿: 水色 | 2005/08/11 10:36

その通りだと思います。
Tファンから見ても
切れで勝負するタイプのピッチャーの
切れが悪いとどうにもならない。
下柳のように丁寧さが加われば別ですけどね。
藤川、久保田は確かに制球のよさはまだまだだけど、
速い球はやっぱり得ですね。
二人とも調子は良くないみたいだけど
結局は速い球に頼って乗り切ったしね^^。

投稿: グーパパ | 2005/08/11 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/5397238

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のT・・・8/10:

» 福原、お祓ひに行つた? [仙丈亭日乘]
何が何でも負けられない試合。 けふは6囘裏から見ることができた。 その時點で2−4で勝つてゐた。 しかし、きのふのこともあるので、氣は拔けない。 先發は祟られてゐる福原。 名古屋に近い熱田神宮にお祓ひに行つてくれたのか。 5囘を投げて2失點。 味方は珍しく4點も取つてくれた。 福原のあとは、6囘・7囘を藤川。 8囘をウィリアムズ。 9囘を久保田。 いはゆる「FJK」=「勝利の方程式」である。 結局、... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 22:46

» 猛虎の逆襲!虎は死なない - 8月10日・中日戦 [猛虎雑貨店]
8月10日(水) ナゴヤドーム阪神タイガース 5-3 中日ドラゴンズ勝:福原 6勝 セーブ:久保田 3勝2敗18セーブ 敗:朝倉 3勝5敗本塁打:金本24号3ラン ウッズ×2衝撃的な敗戦から一夜明けて・・・。スポーツ各紙、各メディアが、横浜・佐々木の引退登板とともにネガティブな報道... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 22:59

« 今日のT・・・8/9 | トップページ | さらば、大魔神。 »