« 存在感 | トップページ | ゼターイニ、アリカメナーイ! »

2005/10/15

商君の法

 禿げてもいないのにハゲタカとはこれ如何にw。

 まあ、某会長が言うのもわからなくはないですが、『紳士たれ』の球団のトップが言うせりふとは思えませんなあ。

 ただ、阪神電気鉄道のタイガース上場にしろ、TBSの楽天買収による横浜売却にしろ、私は基本的に反対だ。それはファンがどうのとか、金儲けがどうのという以前に、スポーツと利益追求は相容れないものだと思っているからだ。つまり、スポーツは音楽や芸術と同じく、文化事業であり採算追求と合致しない点が多いと思うのだ。たとえば、目的が売名行為であってもいいと思う。そこにスポーツを文化として捉えてくれるならば・・・だ。だからこそ、昨年の合併・新規参入騒動の時に、『1年や2年で売却・・・では困る』という話になったのではないか。文化事業であるからこそ、短期保有での利ざやを抜くとか、広告宣伝費的所有の仕方では困るということであったはずなのだ。

 元々が投資屋の村上氏は別として、イーグルス、ヴィッセルと二つのクラブスポーツを保有する三木谷氏のやることはどうも理解が出来ない。まあ、今季のヴィッセル、イーグルスのやり方を見ていると、氏がとても文化事業として保有しているわけではないのは、なんとなく分かるのだが、あまりに金にモノをいわせたやり方には、違和感を覚えるといわざるを得ない。厳しく言えば、彼にはクラブスポーツのオーナーたる資格はないのではないか。

 確かに、M&Aをやらない間は株価が下がると言われるIT事業において、TBSという巨大メディアをターゲットにするのはIT事業としては美味しい話なのだろう。それはソフトバンクがテレ朝を、ライブドアがフジテレビを買収しようとした経緯からもうかがい知ることが出来る。しかし、それならばクラブチームなど持たなければ良い。それならば資本の理論から言っても、金を持ってるやつが強いのだ。それでいい。文化事業であるスポーツに手を出すなといいたい。ただそれだけだ。

 紀元前350年ごろ、中国は戦国の七雄と呼ばれた時代。秦の始皇帝が中国統一するきっかけとなった事件がある。それは商鞅という人が秦の国を大改革したからなのだが、彼の思想の根幹は簡単に言うと、『農戦』というもので、農業と戦争で国を富ますというものだった。江戸時代の士農工商という身分制度の基を作った人で、商業を徹底して排除しようとした人なのだ。その理由は『自分では何も作り出そうとせず、モノを右から左に流すだけで暴利を貪るのは悪だ』という考え方があったからなのだ。

 今ふと、商鞅の考え方を思うと二千数百年の時を経て腑に落ちるから不思議なものだ。

|

« 存在感 | トップページ | ゼターイニ、アリカメナーイ! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/6402770

この記事へのトラックバック一覧です: 商君の法:

» 横浜ベイスターズはどうなる?! [ひとりの独り言]
楽天がTBSの発行済み株式の15.46%を取得し、筆頭株主になったことによりベイスターズの身売り問題が懸念されている。 三木谷氏自身も「一般論として一企業がオーナーシップを持つことは好ましくない」とコメント。野球協約にも抵触するため、ベイスターズの売却が予想される。 売却先として2010年に本社を発祥の地である横浜に移す日産ではないかと予想されている。マルハから02年にベイスターズ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 01:17

» 理不尽!楽天・村上連合軍、ベイスターズ売却を要求 [飫肥椀庵〜おびわんいおり〜]
横浜売却せよ!TBSに村上&三木谷22.91%の圧力(サンスポ) 野球協約上、1企業が複数球団の所持を禁止されている現状を考えると、こういう話が出てくる [続きを読む]

受信: 2005/10/15 09:46

» どうなるんだ? [三鷹スポーツ:略して“三スポ”]
村上ファンドが阪神電鉄の筆頭株主になったと思ったら、 今度は楽天がTBSに筆頭株主に。 って、楽天はすでにイーグルスを持ってる。 で、今回TBSの筆頭株主ってことはベイスターズどうなるのよ? なあ、三木谷さん、確信犯でしょ? 複数球団の保有とみなされるのを....... [続きを読む]

受信: 2005/10/16 01:38

« 存在感 | トップページ | ゼターイニ、アリカメナーイ! »