« 晩御飯。 | トップページ | The Concert for Bangladesh »

2005/12/10

F組!

 いよいよW杯の本戦の予選リーグの組み合わせが決まった。


 日本は、グループF、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同組となった。


 できれば第1ポッドは南米チームではなく、欧州のチームが望ましかったが、まあ突出したブラジルが相手なので2位を狙っていくという方針をしっかりと固められる分かえっていいのかも知れない。

 ブラジルはこの間のコンフェデで引き分けた・・・ということだけれども、あれはブラジルのパレイラ監督が言うように「親善試合」のようなものであり、負けなければいいというスタンスでブラジルが試合に臨んでいたに過ぎない。今回の予選も第3試合でブラジルとぶつかるわけで、『本気』のブラジルは見れないだろう。

 クロアチアと言えば、前々回のフランス大会でも予選であたった東欧のブラジルといわれる強豪チーム。しかもその大会では3位に入っている。今回の欧州予選でもグループ8を7勝3分と負けなしで1位通過している。第2戦で当たるこのチームが日本の予選突破の鍵を大きく握ることとなる。

 そしてオーストラリア。悲願の出場を遂げたこのチーム。大陸間プレーオフで出場を決めたのだが、その相手が名レフティー・レコバが率いるウルグアイだ。ぎりぎりでの出場を決めたのだが、それでも日本が苦手とする南米チームを破っての出場であり、そしてあの前回大会で韓国を率いたヒディングが監督を務めており、侮れる相手ではない。

 ちなみに必ずこういうときに登場するFIFAランキングだが、ブラジルが当然の1位、日本は(なぜか)15位、クロアチアが20位、オーストラリアは49位となっているが、このランキングは1位のブラジルは構わないとして、全くあてにならない。なんせ、日本よりもランキングが上のトルコ(11位)は出場できていないのだし、欧州予選でクロアチアの下の2位通過だったスウェーデンは日本より1個ランキングが上の14位だからだ。FIFAランキングとはそのときの強さを表すものではなく、いかに国際大会に参加するかによって決まると思ったほうが良い。

 さて、閑話休題・・・


 今回、日本のいるF組以外に注目する予選リーグは・・・というと、どれも注目なのだが、特にC組を挙げたい。ここは大会1のいわゆる死の組になるはずだ。
 アルゼンチン、コートジボアール、セルビア・モンテネグロ、オランダという組み合わせで、南米の強豪アルゼンチンと、第1ポッドの強豪国が最も一緒になりたくないと言っていたオランダがいる。そして、あのイングランドプレミアリーグの首位を独走するチェルシーのエースFWドロクバがいるコートジボアール。そして欧州予選グループ7であのスペインと同組ながら蹴落として堂々の1位通過を果たしたセルビア・モンテネグロ。つまり、アルゼンチンですら、予選敗退がありうる組み合わせなのだ。どのチームも圧倒的な力を持っていると言っても過言ではない。この組は要チェックや!(by彦一w)


 話を少し元に戻して、この段階で日本の予想(希望w)を言うと、予選リーグ1勝2分の2位通過を目論見たい。つまりブラジルに最初の2戦を勝ってもらって、日本相手(ジーコ相手w)には少々手を抜いてねという訳だ(笑。ただし、そのためには少なくとも緒戦のオーストラリアに勝たなければいけなくなる。圧倒的な高さにヒディングの戦術が加わったオーストラリアに勝つのはかなり難しいとは思うが、初参加のオーストラリアの固くなっている緒戦というのを少しでも利用したい。

 来年の話をすると鬼も笑うというから、来年、とりあえずメンバーが正式に決まってからもう一度この話題をとりあげよう。とりあえずは、相手が決まったのだし、やることはもう限られてくるよね。来年が楽しみだ~♪

|

« 晩御飯。 | トップページ | The Concert for Bangladesh »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/7549733

この記事へのトラックバック一覧です: F組!:

» W杯組み合わせ [colonna sportivo]
W杯の組み合わせが今日の朝、決まった。 <グループA>ドイツコスタリカポーランド [続きを読む]

受信: 2005/12/12 13:04

« 晩御飯。 | トップページ | The Concert for Bangladesh »