« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/30

年末のご挨拶w

 いよいよ暮れも押し迫ってきましたねえ。

 私はこの季節に聞く

 「よいお年を」

 というフレーズがとても好きだ。

 英語で言うなら"A Happy New Year!"ってやつですな。

 この英語は「あけましておめでとう」と同義語ではないと私は個人的には思っております。なぜなら原文は"I wish you have a happy new year"であり、新年が良い年でありますようにという意味だからだ。つまり"Have a nice day!"とか、"Have a good time!"というようのと同じなのだ。

 まあ、それはさておき。この「良いお年を」という言葉がとても好きで、なんだかほっとする。

 そのこの言葉を聞いた方が同じようにほっとするといいなという願いを込めつつ・・・


 今年も一年、グリンチともどもお世話になりました。

 良いお年を!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/12/26

ある冬の日の思ひ・・・

 ボケが始まっているのだろうか。

 それとも寒いから慌てているだけなのだろうか。


 ここんところ、頑張って作っている弁当・・・


 毎回家に忘れてきております。

 おかげさまでこの寒さ、晩御飯に食えば良いってなもんなんですがね。やっぱり物悲しいやら、物寂しいやら、とにかくブルーなわけです。

 家で、もそもそと弁当を食っているとやっぱり思わざるを得ませんね。

 さて、ここで問題です。私が感じたのはどんなことでしょうか。


 1.「あなた、お弁当忘れているわよ」と出かけに声をかけてくれる嫁さんが欲しい。

 2.「あなた、お弁当忘れて行ってドジね」と会社まで届けてくれる嫁さんが欲しい。

 3.弁当を作ってくれる嫁さんが欲しいw。


 さーって、どーっれだw


 4.とにかく嫁・・・

 あ、正解がこんなとこにw

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/12/22

えっ??

vfsh0046.JPG
チャリンコ通勤不能(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/15

十戒

 水色さん家のとよがわずか5歳足らずで亡くなってしまった。

 ありがたいことにうちのグリンチは病気知らずのワンコで、貧乏人の飼い主を助けてくれております。

 水色さん家のとよと違ってうちは、人間一匹、犬一人の家の為、ずーっと昼間は一人でゲージの中に入って、私の帰りを待っているわけです。

 それなのに、帰ってきても、自分の機嫌が悪かったり、疲れていたりするとろくに相手もしないなんてことがあるわけです。

 水色さん家のとよが亡くなって、思うのはこうして健康で居てくれるだけでとってもありがたいことなんだってこと。そして、もっと大切にしてやらにゃいかんなってこと。

 その気持ちを忘れないように

 犬の十戒でも読んでしっかりと自戒しようと思っております。

 最初にこの「犬の十戒」を読んだときは、グリンチを飼い始めた頃。なんとはなしに涙がこぼれたのを思い出します。

 グリンチ、男寡同士、仲良くやりましょうや^^。

 水色さん家のとよの闘病記はこちらから・・・

 この場を借りて、改めましてとよのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/10

The Concert for Bangladesh

 つい、昨日ジョン・レノン逝去25年の記念イベントが各地で行われたようだ。

 私はジョンも好きだが、実はビートルズで一番好きなのはジョージだったりする。

 そのジョージもつい最近、11月29日が命日なのだ。実は今、パソコンテレビGyaoで、The Concert for Bangladeshの舞台裏映像が公開されている(2006/1/1まで)。


 Live Aidなどのスーパースターたちによる慈善コンサートの先駆けとなったコンサートだけに、Bob Dylan, Elic Clapton, Ringo Star, Leon Russell等、錚々たるメンバーが揃っている。懐かしい声、そして若々しい顔(苦笑。いやー、あっという間の47分だった・・・。


 こりゃ、DVD買おうっかな。うまく宣伝に乗せられたようだけど・・・w

| | コメント (6) | トラックバック (4)

F組!

 いよいよW杯の本戦の予選リーグの組み合わせが決まった。


 日本は、グループF、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同組となった。


 できれば第1ポッドは南米チームではなく、欧州のチームが望ましかったが、まあ突出したブラジルが相手なので2位を狙っていくという方針をしっかりと固められる分かえっていいのかも知れない。

 ブラジルはこの間のコンフェデで引き分けた・・・ということだけれども、あれはブラジルのパレイラ監督が言うように「親善試合」のようなものであり、負けなければいいというスタンスでブラジルが試合に臨んでいたに過ぎない。今回の予選も第3試合でブラジルとぶつかるわけで、『本気』のブラジルは見れないだろう。

 クロアチアと言えば、前々回のフランス大会でも予選であたった東欧のブラジルといわれる強豪チーム。しかもその大会では3位に入っている。今回の欧州予選でもグループ8を7勝3分と負けなしで1位通過している。第2戦で当たるこのチームが日本の予選突破の鍵を大きく握ることとなる。

 そしてオーストラリア。悲願の出場を遂げたこのチーム。大陸間プレーオフで出場を決めたのだが、その相手が名レフティー・レコバが率いるウルグアイだ。ぎりぎりでの出場を決めたのだが、それでも日本が苦手とする南米チームを破っての出場であり、そしてあの前回大会で韓国を率いたヒディングが監督を務めており、侮れる相手ではない。

 ちなみに必ずこういうときに登場するFIFAランキングだが、ブラジルが当然の1位、日本は(なぜか)15位、クロアチアが20位、オーストラリアは49位となっているが、このランキングは1位のブラジルは構わないとして、全くあてにならない。なんせ、日本よりもランキングが上のトルコ(11位)は出場できていないのだし、欧州予選でクロアチアの下の2位通過だったスウェーデンは日本より1個ランキングが上の14位だからだ。FIFAランキングとはそのときの強さを表すものではなく、いかに国際大会に参加するかによって決まると思ったほうが良い。

 さて、閑話休題・・・


 今回、日本のいるF組以外に注目する予選リーグは・・・というと、どれも注目なのだが、特にC組を挙げたい。ここは大会1のいわゆる死の組になるはずだ。
 アルゼンチン、コートジボアール、セルビア・モンテネグロ、オランダという組み合わせで、南米の強豪アルゼンチンと、第1ポッドの強豪国が最も一緒になりたくないと言っていたオランダがいる。そして、あのイングランドプレミアリーグの首位を独走するチェルシーのエースFWドロクバがいるコートジボアール。そして欧州予選グループ7であのスペインと同組ながら蹴落として堂々の1位通過を果たしたセルビア・モンテネグロ。つまり、アルゼンチンですら、予選敗退がありうる組み合わせなのだ。どのチームも圧倒的な力を持っていると言っても過言ではない。この組は要チェックや!(by彦一w)


 話を少し元に戻して、この段階で日本の予想(希望w)を言うと、予選リーグ1勝2分の2位通過を目論見たい。つまりブラジルに最初の2戦を勝ってもらって、日本相手(ジーコ相手w)には少々手を抜いてねという訳だ(笑。ただし、そのためには少なくとも緒戦のオーストラリアに勝たなければいけなくなる。圧倒的な高さにヒディングの戦術が加わったオーストラリアに勝つのはかなり難しいとは思うが、初参加のオーストラリアの固くなっている緒戦というのを少しでも利用したい。

 来年の話をすると鬼も笑うというから、来年、とりあえずメンバーが正式に決まってからもう一度この話題をとりあげよう。とりあえずは、相手が決まったのだし、やることはもう限られてくるよね。来年が楽しみだ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/05

晩御飯。

 昨日、久々に泡盛の古酒を買った。


 で、弟に「にーちゃん、ええ酒はやっぱりロックで呑まな」と言われて、飲んでみたものの。


 さすがにアルコール度数43度はかなり効いて・・・throwing upしてしまったわけだ。


 で、飲んでばかりでもいけないと・・・こんなものを作ってみましたw


rarute

 はい、そう沖縄のお酒、泡盛を使った沖縄料理ラフテー(煮卵つきw)ですな。


 こんなもの作って飲まなかったのかって?


 しっかり懲りずに泡盛をいただきましたw


 気分悪くならないようにしないと・・・ね!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »