« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

今日のT・・・3/31

 開幕試合というのはやはり、独特の緊張感があるようだ。


 初回、素晴らしい立ち上がりを見せた井川がラミちゃんっぺに打たれると、調子を崩して四球を連発(これは例年通りかな?w)。で、3-0と一気に苦しい展開になってしまう。


 一方Sの先発石川は古田PMの好リードに支えられ、捕らえられそうで捕らえられない感じで、嫌な展開となっていた。


 が、6回、ぼてぼての内野ゴロで藤本が出塁すると、コントロールが甘くなってきた石川をシーツが捕らえる(2塁で憤死w)。1死3塁から調子の上がらない金本が倒れるが、続く今岡が見事な集中力を発揮して2ランHRを放つ。


 しかしまあ、井川は相変わらず点を取ってもらった後の投球が悪い。その裏すぐさま点を取られてしまう。悲しいことにすっきりしたのは髪型だけのようだ。


 打線の湿り具合から言っても、今日はここでゲームは終わり。もし、この後勝つとすればSのミスでしかないだろう。


 明日の予想は安藤、Sは藤井。投手戦になりそうかな。


 さーて、サカツクでもするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いよいよ。

 今日からセ・リーグも開幕ですね。

 先発は今年も井川君。

 ただ、去年の井川と違うのは、契約もすっきり、そして何より・・・


 髪もすっきり!(笑

 今年こそは脱・偽エースでD川上を出し抜いて欲しいねえ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/30

大ちゃん・・・

 今日のエクアドル戦、実況はTBSの清水の大ちゃん。


 正確な実況は確かに必要なんだけどさ・・・


 お願いが一つあるんだよねえ・・・・


 エクアドルが攻め込んできたときに、


 「ここはアレックスがついています」


 と連呼するのはやめて欲しいなあ。


 だってさ・・・・


 もう分かる人には分かるというか、サッカーファンならみんなが思ってることだと思うが・・・


 「アレックスがついています」


 意味ねーーーーー!!!


 だよねえ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/03/26

今日・・・

 37歳になりました。


 早いもんですねえ・・・

 人生の折り返し地点はもう過ぎたんでしょうか?


 過ぎたんでしょうねえ・・・きっと。

 明日から税務調査やし、頑張りましょかね。

| | コメント (0)

2006/03/23

残念ながら写真はなし

 中古車センターではない。
 神戸市北区のとある中華屋さんの駐車場。
 ちなみにさして高級ではない、普通のお店・・・

 なのに、なのに・・・・


 停まっているクルマは・・・


 レクサス、セルシオ、ベンツにBMW・・・がずらーっと約三十台・・・(当然エンブレムは金w)


 その近くの公園には、およそ似つかわしくない黒いスーツのおじさんたちがずらりと立っている。

 勿論、お昼の1時過ぎ、久々の晴れ間と言うのに子供の姿はない・・・


  写真撮りて〜〜〜

 でもこんなとこで死ぬのはイヤだし、弟の会社から生コンがなくなる羽目になるのも困る。


 ということで実況リポートのみでご勘弁を(笑)

 なんの集会なんやろ・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Loco Style

 最近のお気に入りは・・・・

 

 Konishiki "Loco Style"


 こういう癒しの音楽を聴いていると、また南の島に行きたくなるなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

WBC Champion!

 FUCK!! と大声でテレビが回っているのにも関わらず、叫んでいた男が満面の笑みでインタビューに応えている。


 自分の記録については多くを語らず、プロとしての自分の姿勢を黙って見せてきた男が、興奮の色を隠せず、喜びを爆発させているのを見ると、野球の素晴らしさを改めて見せ付けられた気がする。

 初回の四球は外角に広い国際ルールにも関わらず、日本より(キューバに優勝させたくないというアメリカの意図?)に見えたが、9回に突き放す日本の攻撃は確かに力強く、世界一にふさわしい戦いだった。キューバの粘り強さが日本の強さを際立たせてくれたとも言えるだろう。

 とにかく、今日の試合は良かった。二次リーグまでの後手後手の采配が嘘のように、準決勝以後の王監督の采配は冴え渡っていた。今日も代打のこうすけがしっかりと打つなど、あたりまくった。こういう嬉しい結果になってみると、こうすけには寝たまんまで帰ってきて欲しかったが・・・・w。それにしても、王監督はやはり勝負師なんだなっと実感させられた。


 日本の今後の課題としては、アテネ五輪で盛り上がった野球熱をシーズンに還元することが出来なかったように思うが、このWBCで世界一になったことをきっかけに野球熱を再び日本に持ち込めるといいねえ。小笠原にしろ、こうすけにしろ、試合後の談話では、「技術じゃない、気持ちで打った」とおよそプロらしからぬ(いい意味でw)談話を残していたが、それは画面を通して十二分に伝わってくるものだった。勿論、短期決戦の試合熱をそのままシーズンに持ち込んでも体が持たないだろうけど、選手の意識が変わればプレーが少しは変わってくるんじゃないかな。


 実は今回、日本の野球はスモールベースボールと言われていたが、右打ちやエンドランが少ないことから、厳密な意味でのスモールベースボールではなかったと思う。それでもアメリカなどのパワーベースボールを凌駕したのだから、日本の野球の熱さや面白さを世界にアピールするだけでなく、国内で見せて欲しいよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/19

格好はついたかな?

 昨年の井川を筆頭に、契約で必要以上に揉めた奴は活躍しないと私は思っている。

 WBCにおいても、石井弘、岩村と結果を全く残せていない。


 もう一人、残せていなかったのがこうすけ・・・そう、ずっと3番を任されていながら全く快音を響かせることもなく、今日はベンチで反省させられていた福留くんだ。


 それが、停滞していた王ジャパンのムードを一変させるHRをぶっ放すのだから野球は分からない。


 王ジャパンのここまでの停滞ぶりは、優秀なヘッドコーチを欠いていることにあると思っていた。

 つまり、ベンチワークがどうも後手を踏んでいるようで、選手の気合が空回りしているように思えて仕方なかった。

 こうすけの一発の前の多村のバントも、セカンドランナーが鈍足の松中であることを考えても、普段バントをしなれていない多村であることを考えても、とても積極的な、つまりランナーを進める作戦とは思えなかった。

 結果として、バントは失敗したのだが、今江をすっぱりと変えて、打撃練習の調子が向上してきていたこうすけに変えたのが、つまり積極的に動いたのが功を奏したといえる。

 積極的采配をして、失敗をするのと、バントを失敗するのでは、精神的に大きな違いがあると思う。イチローが初回から盗塁を仕掛けて行ったのも(結果として点には結びつかなかったが)、積極的な姿勢だと言えよう。

 勝つときは、ふとしたきっかけで爆発するもので、青木の代打宮本までがタイムリーを放つようなことにまでなった。


 勿論、忘れてはならないのは先発の上原。国際試合20試合負け知らずというのは、たとえ、その多くが強い相手ではないにしても、本人の自信にも、チームの自信にもなっているのだろう。


 さて、『漁夫の利』(韓国メディアは日本が準決勝進出を決めたときにこう報道した・・・意味分かってないよねw)で出てきた準決勝を3倍返し・・・とはいえないかもだけど、見事にモノにして、決勝は松坂を擁してキューバに挑む。この勢いがあれば、恥ずかしい試合にはならないと思うし、そういう試合を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/17

大阪南港?それとも神戸港?w

 神戸というのは実は敗者の街だ。


 一の谷で平家が負け、関が原では西国大名が沢山負けた。


 そういう歴史的背景を持つから、守護大名以来ずっと島津氏に支配されてきた鹿児島とは違い、支配者が入れ替わってきたという歴史を持つ。


 そういうある種、複雑な事情があるため、大親分(「かぁぁぁっつ!!」の人ではないw)が神戸の閑静な住宅街にいる(まあ、否が応でも閑静にならざるを得ないという話もありますけどねw)なんていうことが生まれるわけです。


 で、うちの弟が経理を務める某土建屋さんの近くにもそういった複雑な事情を抱えた方が取引先としていらっしゃるわけで・・・。

 先日も、弟に向かって社長が


 社「○○さんからクレームの電話あると思うから、頼んだで」


 と、朝イチで一言あったそうな。


 ペーペーの弟に何を頼むんだか良く分からないが、とりあえず、社長直々に相手をしたくないという意思だけは十分に伝わるw。


 で、結局どうなったか??と言えば、その○○さんから電話があったそうで・・・


 ○○「あー、××さん(弟の会社w)かあ、昨日の工事なあ、不備があったから、生コン貰っといたで」


 と、公然と盗みを働いた事後承諾があったそうだ。


 まあ、生コンで済んだので、弟もほっと一息ついたそうだが・・・

 私がとっっっっっても気になるのは・・・


 その生コン・・・・いったい何に使ったんだろう・・・ってw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/15

数日遅れだけど・・・

 メキシコ戦がもう大詰めを迎えているというのに、先日のアメリカ戦の話。


 審判が色々と批判を浴びているようだが、正直仕方ない。


 なぜならば、言い方は非常に悪いが、所詮はマイナーの審判だからだ。


 今回のWBC、メジャーの審判は労使交渉・・・つまりギャラが合わずに出ていない。


 で、マイナーの審判が出てきているわけだが、アメリカの審判は日本と違い選手上がりってのがほとんどいない(皆無といいたいが、データがあるわけじゃないのでw)。

 だから、メジャーの審判ともなると、ギャラだけでなく、プライドもめちゃんこ高い。

 で、あるからして、抗議されたくらいで判定が覆ることはないと言い切って良い。

 ところが、審判がマイナーで、選手がメジャーのバリバリの場合、そういうわけにはいかないというのが今回の原因なんだろう。


 だから、アメリカのメディアまでが、日本よりの報道をしてくれている・・・とも言える。(つまり、メジャーの審判が下した判定ならば、尊重されるはずだということね。)


 日本という国は何についても外交が下手で、政治力を内側にしか発揮できない国だ。


 長嶋にしろ、王にしろ、外で恥をかかすわけにはいかないと、思っているのは選手とファンばかりで、指導力を発揮すべきところがなんの政治力も持たないので、結果こういうことが起こってしまう。


 今回は、色々と不備があり、あちこちから不満の声がでているようだが、この大会が打ち上げ花火一発・・・で終わらないようにするためにも、日本自身がもうちょっとしっかりしないといけないよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/10

浮世の値段・・・

 幕末の長州志士、高杉晋作は『浮世の値段は3銭』と言ったそうだ。

 浮世とは人の人生のこと。その値段が3銭とはとても安いように思うが、ここに含まれているのは、人生の楽しみから苦しみを差引くと、3銭くらいのものだろうという意味のようだ。

 で・・・・・・


 実は、先月3日に交通事故に遭った。そう、バリ島から帰った翌日、帰宅途中でのことだ。

 自転車に乗っていた私と、乗用車の接触事故だったのだが、幸い、怪我はほとんどなく、病院での検査の結果は、左膝蓋骨打撲で1週間の加療が必要ということになった。

 まあ、1週間の加療とはいえ、ぶつかった時のみ痛みがあっただけで、その後はなんの後遺症もなし(今のところねw)。ただ、乗っていた自転車は前輪がいがみ、軸が曲がったため、使えなくなってしまった。

 で、同タイプの自転車をコーナンで購入し、相手方の損保会社に請求するという形を取った。

 そこで、昨日、損保会社より、2通のはがきが届いた。

 1通は、物損補償金12,300円を指定口座に振り込みますというもの。つまり、自転車の代金ですな。

 で、もう1通は、対人補償で・・・・5,440円を指定口座に振り込みますというもの。つまり、私への補償ですな。

 自転車より安いのかよっ!!


 まあ、3銭よりは高いのかな?^^;


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Do you really want to hurt me


 この人だーーーーっれだ?


 ぱっと見で分かった人はマニアというよりは変態かも・・・(笑


 実はこの人、私の年代ならたいていの人が知っているはずのこの人なんです。


 ね?知ってるでしょ??

 KARMA CHAMELEONなどで有名なCulture Clubのボーカル、BOY・GEOGEですね。


 ちなみにこれは

TOPPO GIOGE(トッポジージョ)ですのでお間違いなくw

 で、そのボーイ・ジョージ。

 何を考えたのか分からんが、自宅に泥棒が入ったと嘘通報したため、奉仕活動するように命じられたらしい・・・


 有名人でも奇行で有名な人もいるけど、この人もそんな感じになっちゃったようですなあ。


 ちなみにこのボーイ・ジョージ、本名はジョージ・オダウドと言うそうな。
 



 なんとなく、風貌もこの人に似てるけど・・・関係ないよね^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/08

亀田場所

 亀田のいいところはやはり、体幹の強さなんだろうなと思う。

 父、史郎さんと練習で相撲をとるそうだが、あのゴツイお父さんと相撲をとるのだから、強くなるはずだ。

 で、その体幹の強さが軸の強さを生むわけで、軸が強いから、前傾姿勢をずっと守り、軸が動かないからパンチのスピードが落ちない。

 勿論、相手の上手さにイラついて力が入る場面もあったが、ガードが堅いために不用意なパンチを貰うことがない。

 解説でも言われていたが、あごをしっかりとガードして、自らのボディはよろいの如く鍛え上げる。派手な言動で注目されがちだが、野球と同じく守りから鍛えている選手は強い。

 20歳までに世界を獲ると豪語する彼が、いよいよチャンピオンベルトに手にするときが近づいてきているようだ。

 関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

WBC追記・・・拝啓、東尾修様。

 昨日の韓国戦で9回を迎えたときのあなたの解説・・・


 『打順もいいですし、期待しましょう』的なことをおっしゃっておりましたね。

 うん、確かに、里崎の代打金城から始まり、川崎、そしてイチローへと繋がる打線ですから、打順はいいかと思われます・・・・


 しかしですな・・・・一応、オールスターなんじゃないのかな?このチームはw。

 打順が良いとか悪いとかのレベルではないような気がしますが、いかがでしょうか?

 『好調の川崎が控えてますからねえ』とか言うなら分かる。

 だって、岩村、小笠原あたりがイマイチ調子に乗れてないんだからね。

 通り一遍の解説すんなよなあ・・・・


 ちなみにもう一人の解説、K山くん、星野の仙ちゃんに4回裏2死1、3塁の1塁に川崎、バッターイチローの場面で

 仙「ここは、(盗塁させるという意味で)動かしにくいよねえ」とふられて

 K「ええ、初めてのピッチャーで、左腕ですからねえ」と答えやがった・・・

 国際試合ではたいていの場合が、初めてのピッチャーやし、左腕を嫌っているようでは盗塁王にはなれないよねえ。

 この場合、仙ちゃんが言いたかったのはイチローのバッティングを考えると、わざわざ走らせることもないよねって言う意味じゃないのかなあ。

 まあ、K山やし、ええけど・・・・


 そういや、K山もスワローズ出身やったな・・・ボソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

WBC

 ええ試合やった。

 お互いに好守ありで、見所は多かった。

 だから、一言だけ・・・

 イ・スンヨプにストライクはいらん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/04

へー、へー、へー・・・3へー

 なんか派手にやっとりますなあ・・・WBC。

 勿論ボクシングではなく、野球の方ね。

 どうやら、中国、台湾は30年は手が出せないほど叩けておるようですね。

 後はお隣韓国が残っておりますが、どうやら、米国への切符は手に入れたようです。

 ところで、辞退だ、怪我で離脱だってことで選手が入れ替わったので、選手の一覧表を見てみようと思って、ちょっとびくり・・・

 T党でありながら、初めて知ったぞ。

 Tの守護神久保田君、右投げ両打ちだったのね(笑。

 野手でも金城くらいしかこのメンバーにおらんのに、貴重な人材やんw

 まあ、WBCでは、DH制で打席に立つこともないんだろうし、シーズンに入っても、抑えという役柄上見れないんだろうなあ。残念だ。

 桑田(現在までの通算成績が2割を超え、しかもHR7本も打ってるw)のようにバッティングもええピッチャーなら、WBCでも代打で登場することがあるかもねんw。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/01

対ボスニア・ヘルツゴビナ戦

 今日の試合、まず評価したいのは日本サッカー協会。ボスニア・ヘルツゴビナという日本が勝てる可能性があり、そして日本よりも強いチームを強化の試合としてあてがったのはとても素晴らしいと思う。勿論、ボスニアもW杯には出られないものの、ユーロに向けていいチームを作ってきてくれたということ。そこそこ本気のチームで来てくれた事には多大なる感謝をしたい。


 そして、もうひとつの評価は、欧州組が入ったものの先発でその全てを使わず、コンフェデ対ブラジル戦でいい試合を作った福西・ヒデ・俊輔・小笠原で中盤を組んだということ、これは選手のモチベーションを揚げる意味で、ジーコがはじめて見せた公平な選手起用だと思う。そのコンフェデの中盤に、久保・高原という本番を見据えたFW起用で攻撃を組み立てようとしたことは大きく評価してもいいと思う。


 ただ・・・DFについては再考すべきだと思うし、誰かがジーコに言わなくてはいけないんじゃないと思う。相変わらず4バック時のサントスの守備はひどい。失点には結びつかなかったが、エリア内でのクリアをミスしてCKを与えてしまったり、不用意な守備でイエローカードを貰ったりするのは、もう沢山だ。そして、いつも言うことだがキャプテンの宮本。彼のライン統率は・・・とか、頭脳的な守備は・・・とか言うのはもう駄目なんじゃないのかな。やっぱり欧州の高くそして強く、それでいてスピードのあるFWに対してついていけない場面が多く見られる。だからこそ代表で不動のレギュラーでも所属クラブのガンバでは時折、先発を外されるわけで、対人に強くないDFではこの先かなり厳しいと思う。

 さて、試合内容そのものは相手の中盤の厳しいチェックに対して、パスミスが多かったり、不用意なパスがあったりと相変わらずの面が見られたが、高原やヒデのゴールの形、前半の小笠原のサイドを抜いた上での積極的なシュートなど、攻撃面では、ここ数試合で最も良かったのではないか(フィンランドやインドは対象外ねw)。攻めの形だけでなく、シュートを狙う積極性を評価したい。だからこそ、2点取れたんだと思う。

 この試合で、小野、稲本が危機感を持ち、高原が自信をつけ、攻撃の形は見えてきた感じがする(持続できるかどうかは別の話w)。ただ、DFは人選を含めて再考しなくてはならないし、キャプテン宮本を真剣に検討するならば、ジーコとの確執が囁かれるマリノス松田の起用を考えて欲しいなと思う。

 今日の試合については、課題はあるが不満はあまりない。お昼にアップした記事は懸念に終わったような気がする。終了間際に引き分けに持ち込めたしね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »