« Taxman | トップページ | Cry, Baby, Cry »

2006/05/23

Taxman 2

 橋下弁護士2500万申告漏れ

 うーん。弁護士界のことはよくわからんのですがねえ・・・

 基本的に税理士事務所には税務調査は入りません。

 理由は、税務署員が少ないということ、なんていうのもあるんですがね。

 最大の理由は

 法律(税法)を遵守すべき税理士が脱税をするとは考えない

 ということなのです。

 勿論、税理士事務所にも税務調査は入ります。しかし、それはもう、見解の相違とか、うんたらかんたらではなく、明らかに脱税をしていると分かったときなわけです。


 つまり、税務署が来たこと=税務署が脱税の証拠を握っているということなのです。


 橋下さんの場合、法律を司る最高の地位にある弁護士・・・。普通なら税務調査って入らないと思うんですがねえ。

 残念ながら、うちのお客さんには弁護士さんはおらんので、詳しいことは分かりません。

 まあ、記事を読んでも、ニュースを見てもどうやら悪質ではない・・・らしいですが、内容はタレント活動に必要として、経費として請求した飲食代の一部に領収書がないというものなわけです。


 先日NHKの件でもあったように、領収書というのは保存するのが当たり前のものなわけですね。


 勿論、領収書をもらえない場合というのはままあるわけで、そういう場合、我々は『支払証明書』・・・支払った相手、金額、目的等を記入し、他の領収書と同様に保存する・・・を利用してくださいねという指導をします。


 橋下弁護士がそれを利用したのかどうかはわかりませんが、それにしても『見解の相違』というレベルではないよな気がします。

 国税局が証拠を掴んで調査に入ったのか・・・それとも、法律を遵守すべき弁護士としてではなく、法律に詳しいタレントとして調査に入ったのかは、私には分かりませんがねw。

|

« Taxman | トップページ | Cry, Baby, Cry »

「ニュース」カテゴリの記事

「税金の話」カテゴリの記事

コメント

高額納税者番付に載って目をつけられたん
でしょうかねぇ・・・
今はタレントとしての方が稼いでそうですよねっ

投稿: ぽよまむ | 2006/05/24 14:49

高額納税者番付は今年から廃止です(笑。
まあ、何かで目をつけられたのは確かでしょう。
タレントで付加価値をつけて、弁護料もあがってるでしょうから
どちらが上なのかは分かりませんが、
職業欄には『タレント』と書くべきか『弁護士』と
書くべきか悩むところでしょうね(笑

投稿: グーパパ | 2006/05/24 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10207079

この記事へのトラックバック一覧です: Taxman 2:

« Taxman | トップページ | Cry, Baby, Cry »