« Sexy Sadie | トップページ | The End »

2006/05/31

The Nigth Before

 親善試合とはいえ、ドイツと引き分けたらしい。

 しかし、喜んでいいのだろうか??


 素直じゃねーな!と言われるかも知れない。

 でも、これが逆のパターンならばこうは言わない。

 つまり2点を先制されて、それを追いついての引き分けならば・・・だ。

 現実は、2点を先制したにも関わらず、2点ともFKからの失点だ。

 問題はいくつかあるように思う。

 実は、試合自体は、明け方目を覚ましたときに一瞬だけ見た・・・そのときは0-0で、加地が負傷退場したことを伝えていたので、そのまま、寝てしまったのだ。

 だから、2点を取ってからの動きは紙面でしかみることができない。


 親善試合とは言うものの、この試合は、代表を選ぶ試合ではなく、W杯本番の戦い方をシミュレートするものであるはずなのだ。

 ということからすると、論点は簡単だ。


 リードしたときにどうする?


 これに尽きるわけだ。


 ひとつは、ベンチワーク、ひとつはDFの仕方であるが、まずはベンチワーク。

 2-0になったときには、交代枠は負傷の加地に代わって駒野が入っていたので、残りは2つ。

 ベンチの選択は、高原→大黒が後半21分に。柳沢→玉田が後半31分にというものだった。

 FWを入れ替えることによって、前線から積極的にプレッシャーを与えるという意味では、この交代は正解だろう。

 しかし、同じ足を生かしたDFの裏を取るタイプのFWを2人入れてどうするのだろうか。

 普通、相手が点を取りに来たことにより、ラインが下がってしまっていても、前線に一人大きいのをどかっと置いて、カウンターを狙うようなことがあっていいのではないだろうか。


 つまり、高原からの交代は大黒ではなく巻であるべきではないか?ということだ。

 勿論、巻は5人のFWの中で5番目の選手であることは間違いない。しかし、サッカーは序列でやるものではないはずだ。そうでなければ、巻きを選んだのは、予選リーグのクロアチアや豪州を睨んだでかい奴対策として紅白戦要員として呼んだのか?ということになる。


 まあ、これについては賛否両論あると思う。なぜならば、ドイツは日本のスピードに全く対応できていなかったからだ。


 であるからして、高さよりもスピードを選んだのだということはいえる。

 ただ、常識として、カウンターを狙うのなら・・・という思いはぬぐえない。しかも、巻のもうひとつのいいところは前線での体を張った守備にあるのだからね。


 もうひとつ、戦略として考えられるのは、スコットランドの所属チームでもそうであるように、2点リードした時点で、後半30分過ぎに変えるのであれば、俊輔を変えるのがいいのではないか?と思う。

 FW陣と違って、MFは層が厚く、たとえ点を入れ返されたとしても、小野や、小笠原であれば、攻撃を組み立てなおすこともできるのではないか。


 この二人であれば、所属チームでも、守備的な位置を経験しているのだし、問題ないように思う。


 もしくは、やはり高さ対策として、稲本を入れ、中田ヒデを前にやるような、そういうベンチワークをしてほしかったなと思う。

 勝てるチャンスがあるときに、強豪に勝っておかないと、いつそういうチャンスがあるか分からないわけだ。


 しかも、親善試合とはいえ、観光気分で日本に来てやるのとは違い、W杯本番前に、しかもバリバリのホームチームのドイツとやるわけだから、ここは本当に勝ちたかった。

 さて、選手は・・・と言えば、試合をちゃんと見てないので、なんとも言い難いが、1点目はやはりツネ様のところだったらしい。FKがツネ様のところへ行ったが、簡単に吹き飛ばされたようだ。


 勿論、ゴール近くでファールしないという大前提はあるものの、1対1に弱いDFがど真ん中にいる現状はいかんともし難い。


 正直、ジーコは変えるつもりはないだろうし、左サイドのサントスとともに、目をつぶらないといけない場所なのだろう。

 もはや、メンバーのことをどうこう言っても仕方がない。


 ・・・・が、色々と選手間で意見交換したように、もっと前から追い込むディフェンスを心がけて、自陣ゴール前でファールしない戦略を練り上げていかねばなるまい。


 あ~、勝ちたかった・・・


 

|

« Sexy Sadie | トップページ | The End »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10327805

この記事へのトラックバック一覧です: The Nigth Before:

» 中村俊輔 [芸能新聞【究極の芸能新聞!?】]
中村俊輔に関する厳選した記事を集めてみました。どうぞ! [続きを読む]

受信: 2006/06/09 21:37

« Sexy Sadie | トップページ | The End »