« 注目の一戦。 | トップページ | A組第4試合~エクアドルーコスタリカ戦~前半 »

2006/06/15

昨日の試合、今日の展望。

 応援していたウクライナは大敗を喫した。スペインとウクライナの差は守備陣にちょこっと差があるくらいと思っていたので、2-1でスペインの勝ちとか、ドローくらいに予想して見ていたら、こりゃ、おみそれ致しましたというくらいにスペインが強い。しかもエースRaul抜きなんだからねえ。


 元々、スペインリーグの特徴としては、コートを広く使いパスを回すスペクタクルなサッカーをするということが挙げられる。それがゆえに、スペインリーグは人気があるわけだ。

 で、結果、守備は攻撃に比べるとおざなりになりがちで、イタリアやイングランドと比べるとかなり落ちると思っていた。


 まあ、今回の相手がウクライナということで、よくも悪くもShevchenkoのチームなわけだ。昨日の試合も、Shevchenkoが裏へ走りこんだり、ポストプレーをしたりしていたが、裏へスルーパスを出しても、ほとんどがオフサイドになっていた。


 究極のワンパターン戦法で予選を勝ち上がったウクライナだが、W杯の壁は、スペインの壁は厚かったようだ。2-0となってからは、スペインに余裕ができたこともあって、究極のワンパターンが炸裂することはなかった。

 残念だが、予選後2試合でのShevchenkoの爆発に期待しよう。


 サウジは大健闘でというと怒られそうだが、チュニジアと2-2の引き分け、しかもロスタイムまでリードしていたのだから、本当に惜しかった。でも、とりあえずの勝ち点1ゲット・・・うらやましい(笑。


 ドイツは辛勝と言った方がええかな?これもまた、ロスタイムでの1点で、勝ち点3をゲット。これでほぼ決勝トーナメント進出をモノにしたと言えるだろう。


 逆にポーランドは2連敗で、決勝トーナメント進出の可能性はほとんどなくなった。厳しいのう・・・


 さて、今日はA組の残り、エクアドルーコスタリカ戦、今日こそは爆発するか?のイングランドがスウェーデンと引き分けたトリニダード・トバゴと。そして、そのスウェーデンがパラグアイと戦う。


 注目はエクアドルがドイツに続いてA組突破を図ることができるかどうか。そして、イングランドが豪華な中盤を活かした魅力あるサッカーを展開できるかというところにある。楽しみじゃのう~♪

 

|

« 注目の一戦。 | トップページ | A組第4試合~エクアドルーコスタリカ戦~前半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10533116

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の試合、今日の展望。:

« 注目の一戦。 | トップページ | A組第4試合~エクアドルーコスタリカ戦~前半 »