« C組第1試合~アルゼンチンーコートジボアール~ | トップページ | C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~後半 »

2006/06/11

C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~前半

 本日最も注目される1戦、オランダvsセルビア・モンテネグロ。別名Van対Vicの闘いw。


 ちなみに、オランダ語でVanは剣を意味し、ユーゴ語でVicは盾を意味する・・・というトリビアを明日、会社で話すと・・・

 Ogawa_4

 となりますので、くれぐれも注意を・・・w


 冗談はさておき、欧州随一の攻撃対欧州随一の守備の戦いであることは間違いない。まさに、矛対盾の闘いなわけですな。予選12試合で27得点のオランダ対、予選10試合で1失点のセルビア・モンテネグロ。


 オランダの凄いところは4-3-3のシステムの3トップ左のRobben、右のVan Persie、そして中央のVan Nistelrooijの攻撃力が圧倒的に凄いところにある。両サイドのスピード、そして中央は高さ似特徴がある(とは言うものの、両サイドも180cmを超えてるんだけど・・・w)。

 前半は、18分にそのRobbenがサイドをなかなか抜かせてもらえなかったのに、中央からスピードに乗って突破し、ゴールをあっさりと奪う。セルビア・モンテネグロとしては、想定外、計画外の失点だろうと思う。オランダ相手に無失点で切り抜けられるとは思っていないだろうが、それでもこれだけ早い時間帯でやられるのは考えていなかったはずだ。圧倒的にボールを支配するのはオランダなわけで、試合展開としてはかなりセルビア・モンテネグロは苦しくなってしまった。


 さて、前半終了間際にセルビア・モンテネグロは攻撃の選手を入れたようだが、これが吉と出るか凶と出るか・・・。これが普段のスタイルならばいいのだが、なんせ、予選では点を取られていないからねえ・・・。昨日アルゼンチンがしっかりと勝っているため、C組通過するためには、引き分け以上が必要になってくる。セルビア・モンテネグロとしては負けたままではいられないので、仕方ない処置なのだろう。手を打つならば早くという積極采配がどうでるか・・・後半も緊迫した試合を楽しみましょう~♪


 

 

|

« C組第1試合~アルゼンチンーコートジボアール~ | トップページ | C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~後半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10485637

この記事へのトラックバック一覧です: C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~前半:

» トリビアで放送されたジャストローの台形錯視 [mixiコミュ紹介ブログ]
カップヌードルを2つ縦に並べると・・・ [続きを読む]

受信: 2006/06/15 06:37

» トリビアでポストイット [みかんの国の社労士]
ポストイットは失敗から生まれたものだった [続きを読む]

受信: 2006/06/15 07:29

« C組第1試合~アルゼンチンーコートジボアール~ | トップページ | C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~後半 »