« C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~前半 | トップページ | D組第1試合~メキシコーイラン戦~前半 »

2006/06/11

C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~後半

 後半に入って、セルビア・モンテネグロが中盤でボールを奪う場面が増えてきた。オランダは逆に、前半とはうって変わって、圧倒的な支配ということではなくなってしまった。むしろ、セルビア・モンテネグロが攻め込む場面が増え、どちらが攻撃のチームでどちらが守備のチームかわからないような感じになってしまった。


 オランダはキーパーのVan Der Sarが何度も足をつるような厳しい場面が増え、3つ目の交代枠を使えない状況になってしまった。


 日本とドイツが親善試合を行ったときは選手は長袖、はく息は白いくらいだったのが、30度近くまで気温もあがり、選手のコンディションは厳しいものになっているようだ。


 若いオランダで(Van Der Sarはベテランだけどw)、この状況では、平均年齢の高い、フランスやブラジルは厳しいのではないか(ブラジルの場合、控えも化け物ぞろいではあるが・・・w)。


 さて、コンディションの話はおいといて・・・


 試合はセルビア・モンテネグロがチャンスをそこそこ作るも、試合を決めることができず、オランダが勝ち点3をなんとかゲットした。これで、一応、アルゼンチン、オランダが抜けた感じだが、試合内容を見ていると、3戦目が終わるまで油断はできなさそうだ。C組はどのチームも持ち味を出し、いい試合を見せてくれている。やはり、要チェックやね!

|

« C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~前半 | トップページ | D組第1試合~メキシコーイラン戦~前半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10487060

この記事へのトラックバック一覧です: C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~後半:

« C組第2試合~オランダーセルビア・モンテネグロ~前半 | トップページ | D組第1試合~メキシコーイラン戦~前半 »