« B組第3試合~イングランドートリニダード・トバゴ~前半 | トップページ | 今日は・・・ »

2006/06/16

B組第3試合~イングランドートリニダード・トバゴ~後半

 FWってやっぱり得なポジションですなあ。へぼへぼだったCrouchが、Beckhamの絶妙クロスをようやく押し込んでW杯初ゴールをゲット。ロボットダンスを忘れてしまうくらいだったようだが、これで一皮剥けるのかも知れない。


 逆に、DFってそんなポジションだよねっていうのがトリニダード・トバゴのDF陣。あれほどイングランドの攻撃を抑え込んでいたのに、たった1回の失敗で、どん底へ落とされるわけだしね。


 そうなるとGerrardのミドルまで決まるんだから、呪縛っていうのかなあ、まさにそれを解き放つゴールだったんだろうねえ。


 結局、トリニダード・トバゴは、時折見せるカウンターを決めきることができなかったのが、敗因なんだろうねえ。そういう意味では再三、相手の決定的なチャンスをつぶしたTerryがMan of the Matchかも知れないね。


 スウェーデン戦で見せた奇跡は2度起こらなかった・・・が、技術の高さ、集中力ってこんなに大事なんだよっていうことを改めて実証してくれたトリニダード・トバゴには本当に、敬意を表したい。ただ守るだけでなく、きっちり組織だって守るということをやってるのが感心するんだよねえ。

 もう一つ、忘れないように・・・イングランド監督のErikssonはやっぱり名監督だねえ。相手の攻撃が薄いとみるや、両サイドを完全に攻撃に参加させ、Beckhamを右SBの位置まで下げ(攻めあがっているので、右SHの後ろに居るというだけw)、ボールをフリーで貰いやすいようにするなんぞ、にくい限りだ。そのBeckhamがフリーでクロスを上げた結果のゴールなのだから、素晴らしいといわざるを得ない。

 あ、そうそう、最後に、イングランドのみなさん、おめでとう(だから見てないってw)。決勝トーナメント進出を決めたことだし、いよいよ17歳の新星、Walcottが見れるかもしれない。これも楽しみだ^^。


 明日はC組。アルゼンチンーセルビア・モンテネグロ、オランダーコートジボアール、そして、D組のメキシコーアンゴラだね。見所はC組のアルゼンチン、オランダが決勝トーナメント進出を決めてしまうのか?それとも・・・・というところだろう。どちらも簡単な試合にはならないだろうし、こりゃ、楽しみですなあ。

 

|

« B組第3試合~イングランドートリニダード・トバゴ~前半 | トップページ | 今日は・・・ »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10543654

この記事へのトラックバック一覧です: B組第3試合~イングランドートリニダード・トバゴ~後半:

« B組第3試合~イングランドートリニダード・トバゴ~前半 | トップページ | 今日は・・・ »