« 開幕戦~ドイツーコスタリカ~前半 | トップページ | ポーランドーエクアドル戦 »

2006/06/10

開幕戦~ドイツーコスタリカ~後半

 結果はまあ、順当なのだろう。開催国ドイツがいるA組はドイツが決勝トーナメントに出るための組であるわけで、負けるわけにはいかないわけだ。

 後半は、前半と比べてミスが目立つ展開で、中盤にぽっかりと穴があくような場面もあった。


 しかし、Kloseのゴールはすさまじかった。きっかけとなったのは自らのヘディングだったが、これが強烈を通り越してえげつないものだった。コスタリカGKのPorrasがよく防いだなというくらいだった。しかし、Kloseの凄さは自らのヘディングに酔うこともなく、しっかりと次の1歩を詰めていたこと。そのおかげで2点目をげっとすることができた。

 これで、3-1。正直ホスト国相手に2点差がついては・・・と思わせた。


 しかも、コスタリカは守ってカウンターを主体としているため、攻めに回ったときに人数が足りず、ドイツの壁のようなでかいDFに阻まれる場面が目立っていた。


 ところが、先日の日本戦でも言われたように、ドイツのDFはどうも頼りないようだ。CLで無失点記録を作ったGK、Lehmannを擁しながら、DFのラインが揃わず、同じようなカウンター一発でWanchopeにツーチャンス、ツーゴールを奪われる。絶対エースというものはこういう人を言うんだろうねえ。

 脆弱なDFを助けるのはMF陣の正確なミドルシュートなのか!Fringsの強烈ミドルがコスタリカゴールに突き刺さる。途中、眠くなりそうなけだるい展開になっていたが、一気に目が覚めた(笑。


 ドイツは新に先制点を挙げたLahmに注目したい。170cmと小柄ながらも、サイドを駆け抜けるスピード、足に吸い付くような見事なドリブル、そして、先制点を挙げたような正確なミドル。これはもう見るしかない!!


 そして、コスタリカ・・・随所にいいプレーを見せ、GKの健闘もとても光ったが、開幕戦にホスト国。気の毒に・・・というほかはない。まあ、A組はドイツ以外は横一線と言っていいだろうし、この敗戦を気にせず、2点差になってもあきらめず2チャンス2ゴールを挙げた勝負強さを活かして、次戦以降頑張って欲しいね。

|

« 開幕戦~ドイツーコスタリカ~前半 | トップページ | ポーランドーエクアドル戦 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10460627

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦~ドイツーコスタリカ~後半:

« 開幕戦~ドイツーコスタリカ~前半 | トップページ | ポーランドーエクアドル戦 »