« とりあえず・・・ | トップページ | 注目の一戦。 »

2006/06/14

わっはっは、不満爆発w

 さて、韓国がトーゴに逆転勝ちを収め、フランスは負けないチームスイスと引き分け、ブラジルは順当にクロアチアに勝った。


 フランスもブラジルも大丈夫か?と思われるかも知れないが、ものすごく順調なんだなと思う。


 この2チームは端から予選リーグは適当なのだ(笑。フランスの引き分けはちょっと想定外かも知れないが、緒戦は負けなければいいという感覚だったのだと思う。特に、スイス相手だしね。ブラジルも、予選リーグの目標は怪我しないことにあるだろうし、この暑さの中で後6試合やるわけだから、1点取れば後は、取られなければいいという試合をやるわけだ。

 今日からW杯観戦に復帰するけれど、その前にどうしてもやっておかなくてはならない宿題を片付けたい。

 そう、豪州戦の話・・・・

 俊輔のどさくさクロスがそのままゴールとなったのは良いが、その後、例のごとくシュートを打たないFW陣にはホントに驚かされた。日本はこのW杯公式ボールを扱うのがこの日がはじめてというわけではない。実はこのボール、GK川口も、MF中田ヒデも言うように、非常に変化しやすくGK泣かせのボールなのだ。つまり、枠にさえ飛ばせばなんとかなるボールなのだ。ま、シュート、枠に飛びませんがね・・・・(苦笑。


 Zicoの決定的な誤りは、日本が1-0で勝ちきるだけの技術があると思っていることだ。日本は決してZicoの祖国ブラジルではない。記憶をよーく掘り起こして欲しいが、早い時間に1点を取って、そのまま勝ちきった試合があっただろうか?(ちなみに直前のマルタ戦は論外ですよw)日本が1-0で勝った試合というのは、たいていの場合、後半ぎりぎりまで0-0で決勝ゴールを決めるというものでしかないはずだ。少なくともW杯に出場する強豪相手には皆無だろうと思う。


 つまり、試合後の中田ヒデが敗因を語ったときのように、『もう2,3点取れたはずだ』ということが今の代表には必要なことなのだ。


 特に、代表DFは中澤ですら187cmしかなく、相手のエースFW、Vidukaを上回る選手は居ない。しかもVidukaだけではなく、Kewellも180cmを超え、後半投入してきたAloisi、Kenedyもみんなでかいのだ。まあ、Kenedyは相当にシュートが下手なようで、入りそうにはなかったがw。


 ここで問題は、小さい日本のDF陣が対応するには、引いて守っては駄目だということなのだ。引いて守った相手にはロングボールがドンと入ってくるし、中盤から好きに回され、隙を見つけて放り込んでくるということになる。これでは、いかに守りを固めようとも、守りきれという方が難しいのだ。時には引いて守ることも大切なのだが、ずっとそうすることに何の意味もなく、安全策でもなんでもない。あるときはプレッシャーをかけ、カウンターを狙い、相手を脅かさなければ、いくらでもやられてしまうだろう。


 Zicoのハーフタイムの指示は「カウンターを狙え」というものだったそうだが、その時点で選手達にはとまどいがあったらしい(笑。4年間一緒にいた監督と選手が肝心なところで、戸惑いを生んでしまう・・・。これで勝てるほうが不思議だよね。


 また、俊輔のゴールシーンの後、喜ぶイレブンを尻目に中田ヒデのみが給水し、気を引き締めた顔をしていたのを私は印象的に覚えている。また、Vidukaの厳しいFKを止めた後の川口がハイタッチをして喜ぶのを見て、危ないなっと感じた人が多いように、気の緩みがどこかにあったのだろう。『勝って兜の緒を締めよ』って名言やと思うんだけど、勝つ前から、緩んじゃ駄目ですな。


 まあ、簡単に言えば、大舞台の大事な緒戦で1-0で勝ちきるだけの技術も、精神性もそこにはないのだ。選手の自主性に任せたZicoの采配は、10年後の日本にとってはいいかもしれないが、今の日本にとっては最悪の選択だったのだろう。


 これは協会に大きな責任があるといわざるを得ない。昨日逆転勝ちした韓国は、前回大会と同じくオランダ人監督を選んでいる。日本はどうか?と言えば、Ooft、Falcao、加茂、岡田、Troussier、そしてZicoと国籍だけではなく、目指すサッカーも、その精神性も違う監督ばかりを選んでおり、次期監督候補もフランス人のJacquetを選ぼうとしている。そこに何の一貫性があるのだろうか。どういう強化をしていきたいのだろうか。さっぱり分からない。


 オランダなどは、ずっと伝統的に4-3-3のシステムをとっている。イングランドは4-2-2だし、イタリアもそうだ。Zicoの祖国ブラジルも4-4-2のシステムをとっている。システムは関係ないとよく言われるが、例えば、オランダの3トップの右側のポジションをやりたいと思っても、今の日本のサッカーにはないわけで、3-5-2のWHや、4-4-2のWBとは全く違ったポジションであることは疑うべくもない。つまり、子供達が目指すサッカーがコロコロと変わるようでは、10年経っても、成熟したサッカーができるとは思えないわけだ。

 Zicoは、この4年間の練習全てを公開し、時にはスタメンの発表を行ってきた。Zicoは確かに人格者で、カリスマ性があり、素晴らしい人物なのだろうと思う。

 対するHiddinkはKewellが出られないなどと三味線を弾き、競技場の芝も高速パスを得意とする日本有利にならないように刈るな!と指示したらしい(実際は刈られたがw)。采配についても、負けてなるものかとばかりに、FW陣を次々投入し、結果、投入したFWが点を取るということとなった。


 戻って、ZicoはFW陣を変えるつもりはなかったとのたまい、柳沢に変えて小野という消極的采配を行ったのは後半30分を過ぎてからだった。大黒にいたってはロスタイムになって入るという勝っているチームのやることをやっていては勝ちようもない。勿論、これには坪井のアクシデントがあり、戦略的カードを1枚切れなったという事実もあるのだが、タフなはずの坪井がアクシデントを起こすほど厳しい状況の中で、しかも各国が暑さに苦しんでいるのを目の当たりにしての、この動きの遅さはどうしたもんだろうか。俊輔は明らかに疲れていたし(小野の交代は当然俊輔だと思っていた)、3点目を入れられたときの駒野もそうだった。まあもっとも駒野の代わりはいなのだけれども。


 そう何が言いたいか?

 Zicoは人格者ではあっても、監督には向いてない。

 この一言に尽きる。


 では、どうすればいいのか?


 4年前、Troussierの呪縛を逃れたように、ロシア戦では突然、自分達でサッカーを始めた代表チーム。今、必要なのは、あのときの、あの力なのだ。


 宮本よ、点を取られることを恐れるな。もっと前で勝負しろ。後ろで守っても駄目なのは証明されただろう?それよりも、前の人間の才能を信じて、早く奪って速攻をしかけないと。豪州戦でもあれだけ、DFとMFが伸びきってしまうと速攻は出せなかったじゃないか。メキシコの速攻を見習おう。


 柳沢、高原、シュートを打て!枠に飛ばなくても怒らんから、とにかく打て。打たないことには、何も起こらない。ドイツ戦ではシュートを打ったからこそ入ったんじゃないか。もうパスは要らない。


 サントスよ、お前の守備はあてにしてない。もう単調といわれようがなんであろうが、1回だけでええから突破して、絶妙のクロスをあげてみろ。

 はい、不満はここまで(笑。


 クロアチア戦はブラジルに負けたクロアチアも負けられない1戦なのだ。日本にとって厳しいのは豪州に1-3で負けたという3失点という重さが当然ある。クロアチアにできれば2点差で勝ちたいが、もう、予選全体のことを考える余裕はないだろう。とにかくだ、力負けは仕方ない。実際、実力は劣るだろう。しかし、4年前のトルコ戦後、中田が言ったように、『燃焼しきれてなかった』という試合だけはしてくれるなよな。以上w

 

|

« とりあえず・・・ | トップページ | 注目の一戦。 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

wao!熱く語ってますね~。

オーストラリア戦。
パスミスが多いなって感じました。
次に期待しましょうね~

投稿: ミナミナ | 2006/06/14 12:34

パスミスが多いのは走れてないんでしょうねえ。

次に期待・・・ですかあ・・・
期待はもうしないことにしました。
日本の弱さも改めてよくわかったしねえ。
予想のときにも書きましたが
やっぱり、期待じゃなく希望ですなw

投稿: グーパパ | 2006/06/14 12:58

【シュートを打て!枠に飛ばなくても怒らんから】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どこに蹴ってんねん!!」 と言う声がw?!

投稿: wappy | 2006/06/15 09:02

いやあ、そういう怒りをぶつけてみたいっすw
それくらいシュート打ちませんからw

投稿: グーパパ | 2006/06/15 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10519286

この記事へのトラックバック一覧です: わっはっは、不満爆発w:

» サッカー日本代表ヒデのお気に入りのワインで、祝杯を。 [フットサルチームをつくろう!〜日本一のフットサルチーム目指して〜]
ドイツサッカーワールドカップの、F組第2戦。日本対クロアチアは、最悪の結果は免れましたね。キーとなるオーストラリアも、ブラジルに負けを喫し、自力で予選突破は難しいですが、なんとか第3戦に望みをつなぎました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/19 21:26

» ワールドカップ クロアチア戦は引き分け [ファーストネ−ションズ]
おはようございます。 昨日のワールドカップ、 クロアチアに引き分け、 残念です(^^; 中田曰く、勝てる試合を2度も落としたカタチです。 しかし、GKの川口は素晴らしかったです!(^^)/ あの流れを継続して、オフェンスは意欲的にゴールを狙ってほしかったです。 次回、ブラジル戦、最も手強いチームですが、 奇跡を信じて気合を入れ直してほしいです... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 22:09

» 10年後の日本 [最新本にコメント!批評n比較]
いきなりTBごめんなさい。一緒にコメントしましょー。 [続きを読む]

受信: 2006/06/24 15:00

« とりあえず・・・ | トップページ | 注目の一戦。 »