« F組最終戦~後半~ | トップページ | G組、H組最終戦 »

2006/06/23

さびしい総括。

 さて、これは決して批判ではない。それだけを念頭に入れて書き込みたい。


 漫画『修羅の門』の主人公陸奥九十九はこういう

 『戦うってのは怖いってことだ。そしてそれから逃げないってことだ。』と。

 今朝のブラジル戦でもそうなのだが、日本は攻めまくらないといけないのに、ブラジルの圧倒的なスピード、驚異的な技術、強力なフィジカルを怖がって引いてしまった。2点差以上つけて勝たなくてはならないという条件なのに・・・だ。


 オーストラリアーブラジル戦を見た人は思い出して欲しい。そう、ブラジルの得点シーンを・・・だ。詰め将棋のようと書いたあのシーンだ。Ronaldoがゴール前でボールを持ち、そこに3人のDFがつく、DFをひきつけたRonaldoは1対1の状況のAdrianoにパスを、そしてそれをAdrianoが流し込むというゴール。


 それに対して、日本が同点に追いつかれたシーンを思い出して欲しい。フリーのRonaldinhoが右サイドでフリーになっているCicinhoへパス。そしてそのCicinhoが中央でフリーのRonaldoへ、でヘディングゴールを簡単に決められている。


 この二つの差はいったいなんだ??怖くて引いて守っているはず、人数は足りているはずなのに、パスの出し手も貰い手もフリー。対するオーストラリアは、パスの出し手にしっかりとマークがついている。


 勿論、マークがついている状況で何かをやってくれるのがカルテット・マジコなわけで、勝負し、チャレンジした上で1-4の負けならば、これは致し方ない。というか、1-4という結果自体は、非国民的発言ではあるが順当なのだろう。


 そういう意味でオーストラリアはマークし、チャレンジした結果点を取られている。これはもうオーストラリア国民とて、「さすがブラジル・・・」とつぶやくほかはない。

 中田ヒデがずっと言ってきたように「1対1で負けない」「走り負けない」という状況にはならなかった。日本の特徴はスピードといわれる中で、スピード勝負になる局面もほとんどなく、守備の面でも抜かれても、追いつくってなスピードを活かした守備になることは1度たりともなかったと思う。


 比較の対象にあがるのはオーストラリアだが、オーストラリアはスピードはない。だが、フィジカルの強さはある。だから、2人、3人でボール保持者にアタックに行く、フォローをする。こういう守備の約束事をきちっと守っていたように思う。それは当然日本戦でも現れていたように思う。日本ーオーストラリア戦を考えてみても、オーストラリアは高さを活かした攻撃で、日本を圧倒したが、日本はオーストラリアよりも優勢なはずのスピードで圧倒する場面はなかった。それは、オーストラリアが、パスの出し手をしっかりとマークし、受け手がボールに触れないような状況を作っていたからだ。日本はオーストラリアの高さをつぶすスピードでもって守ることができなかった。日本はどういう約束事で守備をしていたのか全く分からないが、これはやっぱり戦術だけでなく、闘争心の問題なんだろうね。

 オーストラリア戦も、ブラジル戦も同点に追いつかれたときに、「まだまだ!」っという顔つきでいた選手はいなかったんじゃないかなあ?


 メンタルな強さというのは、ゲームプラン通りにゲームを運びきる強さと、そして、ゲームプラン通りにいかなかったときに発揮される強さとがあると思うが、日本には両方欠けているんだろうねえ。


 だから、ブラジルに負けるのは仕方ないと私は思っていたが、負けてすっきりしないのはそういうところにあるんだと思う。ラインを浅くし、前からプレッシャーをかけ、点を取りに行った結果、裏を突かれて、点を取られました・・・っていうわけじゃなく、ずるずるとラインを引いてしまい。ボールに対してアタックせずに点取られて納得するファンはいねえよなあ。


 結局、欧州の最前線で活躍する選手がいない日本は、こういう大勝負に弱いんだろうね。


 あ、中田ヒデですら、まともにシーズンを戦ったのはペルージャにいたころだけだし、俊輔はセリエAの下位クラブですらレギュラーになれず、欧州ではサッカー3流国のスコットランドでようやくレギュラーだからねえ。ここで優勝したとはいえ、ようやく欧州チャンピオンズリーグの予備予選に入れるレベルなんだからどうにもならんでしょ?高原はHSVで5番手のFWだし、柳沢にいたっては、メッシーナに居た時代はFWではなく、右MFの控え扱いだったことを考えると、クロアチア戦のシュートも納得がいくというものだ。大黒とて、フランス2部リーグだしねえ。VidukaやKewellがプレミアの第1線で活躍していることを思えば、大舞台で戦う経験って言う意味でも負けてますな。


 結局、フランス1部で月間MVPに輝いた松井大輔や、オランダで8得点を挙げた平山が呼ばれもしなかったことって大きいんだろうね。これはZicoに責任があるように思う。なんせ、クロアチア戦後、柳沢を評して「準備不足」と言ったらしいが、あんがた選んだんだろうと。久保が落選したときにちょいと書いたが、タラレバは言いたくないが、コンディションを整えさせた久保ならば、あのくらいのシュートは決めると思うぞ・・・。まあ、久保が出ていれば同一局面にならないだろうから、仮定の話をしても仕方ないのでこれは、ここでやめw。ただ、久保じゃなくても、佐藤でも、誰でももっとモチベーションの高い、準備の整った選手はいたはずだ。結果論かもしれないがコンディションが悪かったのかもしれないが俊輔が全く活躍できず、高原、柳沢もさっぱりだったことを考えると、ここでもZico自身がチャレンジできてなかったんだと思う。


 とにかく、日本のW杯は終わった。ここでは戦いとか、チャレンジって言葉は使えない気がする・・・。きっと時々言われるドーハ組の方が強いなんていうことは、技術の面ではなくハートの面なんだろうね。実際に試合をすれば、今の代表の方が圧倒的に強いと思うが(笑。

 最後に・・・・ピッチ上で涙を見せた中田ヒデ、きっと代表にはもう、戻ってこないのだろう。今の状況ではきっと、新しい監督や川渕キャプテンが説得しても帰ってこないと思う。中田ヒデがもう一度代表で戦いたいと思うような、そんな代表チームにならなければ、きっと南アフリカ大会は同じ結果が待っている(あ、その前に出られないw)だろうね・・・。

|

« F組最終戦~後半~ | トップページ | G組、H組最終戦 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10646956

この記事へのトラックバック一覧です: さびしい総括。:

» #1277 ドルトムントに涙雨。この瞬間から4年後への戦いが始まった。 [続「とっつあん通信」]
日本代表。無念であります。。。 前半の玉田選手のゴールの時は 心の底から「奇跡は [続きを読む]

受信: 2006/06/23 19:57

» 日本×ブラジル 終わりました [ブログアフィリエイトで月30万円を目指す!]
いまはただお疲れ様と一言いいたいです。「これがサッカー。」ジーコの言葉がすごく重く響きました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/24 01:13

« F組最終戦~後半~ | トップページ | G組、H組最終戦 »