« D組最終試合 | トップページ | E組最終戦~前半~ »

2006/06/22

C組最終戦。

 アルゼンチンーオランダは、お互いの破壊力の強さから、点の取り合いになると思いきやスコアレスドロー。


 勿論、選手を休ませるってな意味合いもあるんだろうけどね。


 結局、セルビア・モンテネグロ戦で圧倒的な力を見せ付けたアルゼンチンが1位通過。


 結果、メキシコとアルゼンチンが、ポルトガルとオランダが対戦することが決まった。


 私はひそかに、アルゼンチンとポルトガルが当たるのを期待していたのだが・・・・。


 そう、C.RonaldoとMessiの若武者対決が見たかったのだ。

 もう一方の、消化試合となってしまったコートジボアールーセルビア・モンテネグロ戦は3-2でコートジボアールがW杯初勝利を挙げることとなった。


 予選の10試合1失点という守備力を考えると、セルビア・モンテネグロの今回の不出来はとても残念な気がする。C組の中で最も特徴を出せなかったチームと言えるでしょうね。

 さて、今日はいよいよもう一つの死の組、E組でイタリアとチェコが激突する。3位のガーナと4位のアメリカにもまだチャンスが残っているため、激戦が期待される。当然、休む選手もないだろうしね。

 チェコは負傷や、出場停止でフルメンバーが登場できないので苦戦しそうだ。ガーナが3位とはいえ、勝ち点では差がないため、引き分けすら危ういので、絶対に勝たなくてはならない。

 イタリアも、引き分けで決勝トーナメント進出が決まるが、引き分けでいい・・・と思っていて、チェコにまけ、またガーナがアメリカに勝っちゃうと、大どんでん返しとなってしまうので、全く気が抜けない状況だ。


 いやあー、11時が楽しみですなあ。


 日本?


 うーん・・・


 期待すると腹立つので、期待はしません。


 まだ可能性が残っているとか言われてますが、ゼロに等しい可能性なので、ここはとにかく1点を取りに行って欲しい。


 なんせ、俊輔のドサクサの1点しか取れてないんだからね。スコアレスドローよりも、1-2で負ける方を選びたいと思うな。特にFWのシュートで点を取りたいね。


 日本に必要なのは技術ではなく、ゴン中山のようなひたむきさというか、泥臭さといったものだと思う。ゴンは技術は「おいおい!」と目を覆いたくなる部分もあるんだけれど、彼が出ていると、期待できるんだよねえ。枠に飛ばないこともあるけど、やっぱりシュートを打つ姿勢がある選手には期待感がある。そういう意味で、ジーコもFWの入れ替えを示唆しているが、巻や大黒を先発でガンガン使って欲しいね。

 さて、問題は・・・・・・

 いつ寝ようか・・・(笑

|

« D組最終試合 | トップページ | E組最終戦~前半~ »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

さて、
今夜の33時から41時頃にかけて
8時間ほど、寝れると思うよ。

叱られても知らんけどw

投稿: 水色 | 2006/06/22 18:48

へっへっへ~♪
明日はねえ・・・
研修会なのだあ(笑
だから、怒られませんw
えっへっへ~♪

投稿: グーパパ | 2006/06/22 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10631422

この記事へのトラックバック一覧です: C組最終戦。:

« D組最終試合 | トップページ | E組最終戦~前半~ »