« D組第1試合~メキシコーイラン戦~前半 | トップページ | D組第2試合~ポルトガルーアンゴラ戦~ »

2006/06/12

D組第1試合~メキシコーイラン戦~後半

 この後の試合は同じくD組のポルトガルーアンゴラ戦。


 メキシコとしては、ポルトガルがD組最大のライバルと考えているわけで、同点のままでいいとは考えていない。対して、イランは同点で勝ち点1でもいいと思っているのだろう。


 その差を後半開始時から、メキシコがなんと2人を入れ替えたことからも分かるだろう。また、後半開始7分後にも中田のボルトンでの同僚Borgettiを変えてFonsecaを入れて、徹底的に高さで勝負するようになってきた。


 イランは、もう専守防衛になってしまったのか、前半のダイナミズムは影を潜め、中盤ががら空きになってしまい、メキシコの猛攻を許すようになってしまった。


 そういう執念の差がメキシコBravoの2点目を生んだのだろう。メキシコらしい、素晴らしいダイナミックな攻撃だった。


 残念ながら、Daei一人に頼る攻撃は機能せず、足が止まってしまったところにZinhaに追加点を決められて、イランの健闘は終わった。


 結果だけを見れば順当過ぎる結果だが、前半のイランの頑張りには敬意を表したい。


 付け加えるならば、メキシコは攻撃は当然いいのだが、Marquezを中心とした守りが素晴らしい。決してサイズは大きくないが、技術に長け、うまくいなすという感じの守備はサイズに劣る日本の大きな手本となると思う。まあ、今の代表には間に合わなくても、今後ってことね^^。


 ただ、イランの今後を考えると英雄とは言え、大ベテランのDaeiを交代させたり、外せるようでないと、厳しいように思う。とにかく、残念だった。

|

« D組第1試合~メキシコーイラン戦~前半 | トップページ | D組第2試合~ポルトガルーアンゴラ戦~ »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10488959

この記事へのトラックバック一覧です: D組第1試合~メキシコーイラン戦~後半:

« D組第1試合~メキシコーイラン戦~前半 | トップページ | D組第2試合~ポルトガルーアンゴラ戦~ »