« イタリアーオーストラリア~前半~ | トップページ | ウクライナースイス戦 »

2006/06/27

イタリアーオーストラリア~後半~

 勝負は下駄を履くまでは分からない。そして、勝負をしないと勝負には勝てない。


 劇的な幕切れは1人少ないイタリアの、そう、超攻撃型といわれたイタリアの本領、カテナチオ・・・そして、最後の最後は、DFのGrossoが勝負を仕掛けて得たPKだった。勿論決めたのは王子Totti。この試合はたぶん、今大会のベストバウトになるのではないか。


 Nestaの代わりに入っているMaterazziを一発退場で欠いたイタリアは、守る、守る、守る。この集中力は、一朝一夕に培われるものではないんだろうね。子供の頃から、ずっと、ずっとこういうアズーリを見て育ったイタリア代表には、攻撃型のチームになろうとカテナチオの血が流れているのだろう。


 そして、試合の流れを読みあう二人の名将にも注目しなくてはなるまい。後半開始早々から、動いたLippi。ゲームプランは退場で狂っただろうが、それでも最後のカード、Tottiを切った途端に流れはイタリアへ。


 ところが、その流れを再びオーストラリアに持ってきたのはHiddink。1人欠いたイタリアを相手にすることから、120分を考えた采配だったのだろう。それでもTottiが入ることで流れが変わったことに機敏に反応し、Aloisiを投入する。そのAloisiがリズムを変え、流れを再びもってくる。


 次のカードはいつ??


 延長開始早々から投入か??

 そう思われた矢先のPKだった。なんせ、PKが決まってすぐにタイムアップ。


 本当にぎりぎりの勝負だった。

 死力を尽くす・・・まさにそういう試合だったように思う。

 感想は・・・・90分で終わってほっとした(笑。これ以上遅くなるのは辛いよねえ^^;


 次も見たいけど、まだまだ先は長い。今日はこれにて寝ます。昨日と違って堪能したし!


 おやすみなさい~♪

|

« イタリアーオーストラリア~前半~ | トップページ | ウクライナースイス戦 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10694836

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアーオーストラリア~後半~:

« イタリアーオーストラリア~前半~ | トップページ | ウクライナースイス戦 »