« B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~後半 | トップページ | B組第二試合~スウェーデンートリニダード・トバゴ戦~後半 »

2006/06/11

B組第二試合~スウェーデンートリニダード・トバゴ戦~前半

 得点こそ入らなかったものの、LJungberg、Ibrahimovic、Larssonが織成す攻撃は欧州予選10試合で30得点という驚異的な破壊力を生んだだけのことはある。特に、IbrahimovicとLarssonは二人だけで突破し、シュートまで持っていく技術とスピードがある。しかし、対するトリニダード・トバゴもしっかりと研究し、意思の疎通を図り、守っている。特にIbrahimovicに対するディフェンスは徹底しており、まさに組織だった守備とはこのことを言うんだ!という堅さを見せている。0-0という結果はイングランドーパラグアイの後半と同じではあるが、中身はだいぶ違う。ただただ蹴りあうだけのものではなく、そこに意図があるからだ。


 トリニダード・トバゴの攻撃が全く目立たないが、致し方あるまい。カズがレンタル移籍したシドニーFCのYorkeもエースFWのStern Johnも全く目立つことがないので、後半はワンチャンス、ツーチャンスを作ってものにするところを見たい。


 スウェーデンに関しては、いつ決めるのか?それともこのまま攻めっぱなしのまま決められないのか?B組を突破するにはいかにイングランドに相性の良いスウェーデンとはいえ、ここでしっかりと勝ち点3を取っておきたいはずだ。

 攻めのスウェーデン、守りのトリニダード・トバゴという図式は変わらないだろうが、それぞれが持ち味を出し切った前半。このまま、後半に注目やね!

|

« B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~後半 | トップページ | B組第二試合~スウェーデンートリニダード・トバゴ戦~後半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10472913

この記事へのトラックバック一覧です: B組第二試合~スウェーデンートリニダード・トバゴ戦~前半:

« B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~後半 | トップページ | B組第二試合~スウェーデンートリニダード・トバゴ戦~後半 »