« ウクライナースイス戦 | トップページ | ブラジルーガーナ戦~後半~ »

2006/06/28

ブラジルーガーナ戦~前半~

 2点目のAdrianoの得点は完全なオフサイドだった。ちょっとこの試合の線審はオフサイドに対して甘いような感じだ。Adrianoの得点シーンだけでなく、何度かオフサイドを取り損ねているシーンがあった。これはガーナにとってはかなり厳しい判定になりそうだねえ。


 しかし、そうは言っても、ガーナ。日本は同じブラジルに負けるならこういう負け方をして欲しかったなあ。ラインを高く保ち、中盤を厚くし、ブラジルゴールを何度も脅かしていく。まあ、その勝負した結果、1点目のRonaldoの裏を見事に取ったゴールを生んでしまうので、諸刃の剣には間違いないのだが、これだけの勝負をしてもらうと納得するんだよなあ・・・いかんいかん、何を見ても日本がこうだったらと思う癖はやめよう(笑。純粋に楽しまねば!!


 Ronaldoは日本サッカー協会に大会終了後何か贈らないといけないねえ・・・。減量マッチとなった日本戦でしっかりと火を点けて、今日のこの先制点でW杯通産15得点目、最多得点記録を更新した。


 ブラジルの凄さは、先制点を取った後、無理をせず、ガーナにボールを回させるところにある。ボールを回すとき、回させるとき、回す位置、回させる位置というのがはっきりしていて、ジーコが言うように「日本はいつも同じように戦ってしまう」という言葉を立証するかのような試合運びだねえ(おっと、また日本の話に行ってしまうなw)。


 勿論、危険な場面も沢山あったが、決めさせないのは運もあったが、さすがだねえ。そして、耐えに耐えて、終了間際にAdrianoの追加点。こりゃ、監督楽だねえ(笑。ゲームプラン通りに運んでおりますなあ。


 さて、ガーナはもう、同じ戦い方をするしかないだろうね。ラインを浅く高く保って、ボールを上手く回してチャンスを作るしかない。カウンターを食って、3点4点取られる恐れはあるが、ブラジルももうスローダウンするだろうし、そういう心の隙をつくしかないね。後半開始早々に1点取れると面白いのだが・・・・。とにかく1点を!

|

« ウクライナースイス戦 | トップページ | ブラジルーガーナ戦~後半~ »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10706394

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルーガーナ戦~前半~:

« ウクライナースイス戦 | トップページ | ブラジルーガーナ戦~後半~ »