« ポーランドーエクアドル戦 | トップページ | B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~後半 »

2006/06/10

B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~前半

 やはり守備の堅い両チームだけあって、スペースのつぶしあいというか、体のぶつけ合いというか、ゴツゴツとした感じの昨日の開幕戦とは全く違った趣の試合展開になっている。


 イングランドの長身FW、Crouchも、パラグアイは見事に押さえ込んでいる。彼よりも先に飛んで、競り合いに持ち込ませなかったり、後から飛んで上手くファールを貰ったりと自在に抑える技術はさすがと言うほかはない。南米のチームらしくあらゆる手を使ってのディフェンスですな。


 まあ、そうは言っても千両役者のBeckham。LampardやGerrardになかなか主役の座を譲らない。あの40mはあろうかという位置からのFKが入ってしまうというのは見事というほかない(記録はオウンゴール)。


 パラグアイも、堅守&カウンターのチームなので、昨日のコスタリカのようにワンチャンスをものにしないといけないのだろうが、肝心のエースSanta Cruzにボールがいい形で回らない。前半終了直前にValdezがいい形でボールをシュートを打ったが、惜しくも枠を外れてしまった。チャンスが少ないだけに、後半、攻め込んでいくのか、それとも、次のチャンスをじっと待つのか、楽しみにしたい。まあ、気の毒なことに、正GKのVillarが故障でわずか6分ほどのプレーに終わってしまったので、積極策には出にくいかもしれない。


 イングランドも守備が堅いとはいえ、試合を決めるにはもう1点欲しいところだ。BeckhamがCrouchを狙ってふわりと浮かせるキックを多用しているが、後半、それを徹底するのか、それとも、Owenを狙って低い早いボールを蹴るのか、それにも注目したい。


 さて、この試合で気になるのは、もう一つ・・・・

 メキシコ人審判の眉毛・・・(笑

 気になって仕方ないわい!w

|

« ポーランドーエクアドル戦 | トップページ | B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~後半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10470297

この記事へのトラックバック一覧です: B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~前半:

« ポーランドーエクアドル戦 | トップページ | B組第一試合~イングランドーパラグアイ戦~後半 »