« お手柔らかにw | トップページ | 開幕戦~ドイツーコスタリカ~後半 »

2006/06/10

開幕戦~ドイツーコスタリカ~前半

 まだ日本の試合がないW杯開幕戦ということもあって、とてもニュートラルな気持ちで試合を見た。


 グリーンのピッチ。白のシャツに黒のパンツのドイツ。赤のシャツに青のパンツのコスタリカ。


 美しいコントラストが織成す、美しい試合。

 CMでやっているように『打て!』ということを徹底していたドイツ。ミドルシュートを打とうという姿勢、そしてその精度ともに素晴らしいものがあった。Lahmの先制点は、開幕戦、そして開催国のプレッシャーをはねのける美しいゴールだった。


 そして、すぐに返したコスタリカ。これも守って守ってカウンターという開催国相手の常套手段のワンチャンスをWanchopeが見事に決めた(あのぎりぎりのタイミングをオフサイドにしなかった審判団には敬意を表したい)。

 次はドイツのエースKlose。あれだけミドルシュートを打ちまくれば、Schweinsteiger、Schneiderの両サイドが生きてくる。そのサイドを崩した流れるようなパス回しで最後はごっつぁんゴールで、再び突き放すドイツ。

 全てに共通するのが、明らかなミスというのではなく、お互いが持ち味を出し合った末のゴールだったということ。緊張でがちがちとか、コンディション不足とかそういう情けないレベルではなく、最高の舞台に相応しい内容だったのではないか。


 力強く、精度の高いミドルシュート、強豪を相手にしたときのカウンターやそれをモノにする勝負強さ、そして、流れるようなサイド攻撃。どれもサッカーのお手本になりそうな美しい試合だった。ゴールの瞬間はどれも「うおー」と声をあげてしまった^^;。

 さてさて、後半も楽しみやのう~~~♪

|

« お手柔らかにw | トップページ | 開幕戦~ドイツーコスタリカ~後半 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10460298

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦~ドイツーコスタリカ~前半:

« お手柔らかにw | トップページ | 開幕戦~ドイツーコスタリカ~後半 »