« イタリアーフランス戦~前半~ | トップページ | イタリアーフランス戦~延長戦~ »

2006/07/10

イタリアーフランス戦~後半~

 後半、最初に動いた・・・いや、動かされたのはフランス。守備の要VieiraのアクシデントでDiarraとの交代を余儀なくされる。


 次に動いたのはイタリア。ドイツ戦でも弱点と言われていたGrosso、Perrottaの左サイドを突かれているということでPerrottaに代えてDe Rossiを、そして前半で動きの悪かったTottiに代えFWのIaquintaを投入し、PirloをTottiの位置に入れての3トップ気味にするという今大会のイタリア代表の特徴である攻撃的な布陣で臨んでくる。


 そしてそして、後半残り5分というところでCamoranesiに代え、遂にDel Pieroの登場。フランスはこの時点でもまだ交代がアクシデントによるものだけという、いかにも不可解な交代枠の使い方。延長を見据えているのか、動けない理由があるのか、点を取りに来ているイタリアの動とは対照的なフランスの静である。

 結局、動かなかったフランス。延長をどう戦うのか、このままでいいとは思わないし、このままで終わるとも思えないが・・・Domenechが何を考えているのかわからんねえ。

|

« イタリアーフランス戦~前半~ | トップページ | イタリアーフランス戦~延長戦~ »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

トレゼゲが出てきたw

投稿: ぴく | 2006/07/10 05:06

遅いよ、動くのが(笑
監督がジーコかと思うねw

投稿: グーパパ | 2006/07/10 05:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/10863298

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアーフランス戦~後半~:

« イタリアーフランス戦~前半~ | トップページ | イタリアーフランス戦~延長戦~ »