« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/24

秋2

 暦の上では秋。

 年中食欲旺盛の誰かさんは、『食欲の秋~♪』とか言っていたが・・・・


 って、はい、もうええですなw


 今回はやはり文化的にw・・・音楽の話。


 インターネットテレビGyaoで、


Paul2

 懐かしいPaul MacCartneyのライブが見れます。


 その名も"Paul is live"。1993年の映像ということで、ちょうどアルバム"Off the Ground"の時のツアーですね。


 前々妻であり、亡くなったLindaの元気な姿も見れます。

 日本で言えばGSのまちゃあきたら、ジュリーたらのコンサートに当たると思うんですが、年配客だけでなく、若い人が多いのにやっぱり驚きますね。

 勿論、Beatles時代の曲から、Wings時代のもの、そしてソロの曲も、名曲ぞろいですなあ。

 
 ファンの方にはお奨めどす^^


| | コメント (2) | トラックバック (0)

 暦の上では秋。

 年中食欲旺盛の誰かさんは、『食欲の秋~♪』とか言っていたが・・・・


 私は一応、知的に(?!)、読書の秋ということで・・・


 Gyakusetus


 こんなものを読もうかと思っております。

 井沢さんの本は実は初めて読む。

 これが文庫本で出ているので、買おうかなと思ったが、現時点で10巻・・・。

 ただでさえ、書籍代が生活を圧迫しているので(笑・・・


 と思って、歴史関係のエッセイを2冊ほど読んでみたところ、結構面白かったので、購入決定!!

 とりあえず1~4巻まで、買いました。

 まあ、暇つぶしにはもってこいですな。

 ちなみに買ったエッセイは『天皇になろうとした将軍』と・・・後なんだっけ?w。えっとね、対談集ですわ。

 手元になくて探すのが面倒なので、すんまへんなあw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/20

水色氏、噛むさハム煮だ!

水色氏、噛むさハム煮だ!

ぶっかけ冷やし素麺
胡瓜の酢の物
ねぎ
梅干し
とろろ昆布(^O^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/18

やっぱり女性は強い。

 オスメントを飲酒運転で訴追

 


 フォレスト・ガンプで注目され、シックス・センスで天才といわれ、A.I.、ペイ・フォワードなど立て続けにヒットを飛ばした天才子役のハーレイ・ジョエル・オスメント君が飲酒運転、しかもマリファナ所持なんて言うのを見るとさ・・・・

 やっぱり女性は強いなって思う。


 考えたら分かるように、天才子役と言われた男性で、大人になって活躍した人、見たことあります??


 日本でもさ、ケンちゃん・チャコちゃんのケンちゃんとかさ、大五郎とかさ・・・いたやん。

 ぜーんぶ消えていなくなっちゃたよねえ。

 しかもたいていが借金とか、麻薬とかさ、事件を起こしちゃってる・・・・

 日本のみならずさ、このオスメント君もそうだし、ホーム・アローンのマコーレー・カルキン君も親がギャラで揉めたりさ、確か同じく麻薬でつかまったはず・・・


 それに比べてさ、女性は・・・といえば

 日本だけでも、古いところで林寛子とかさ、杉田かおるとか、最近では、安達祐美だってそうだよねえ。まあ、マナ・カナがどう大人になるか?ってのは結構注目だけど(笑。

 ちなみにオスメント君・・・

 Osment1


 こんななっちゃってます・・・これは17歳のころの画像だから1年前ですな。


 Osument2


 シックス・センスのころはこんなだったのに・・・・(笑

 すっかりおっさんの風格がありますねえ。


 5年後のダニエル・ラドクリフがどうなっているのか・・・・興味がありますなw


 ちなみにハリウッドで成功した子役女優の筆頭は、ジョディ・フォスターでしょうねえ。

 ロバート・デ・ニーロ主演の『タクシー・ドライバー』でデビューし、いきなりアカデミー助演女優賞ノミネートし、その後大人になってからは、『告発の行方』、『羊たちの沈黙』で主演女優賞を獲得しちゃってるからねえ。


 後は、『レオン』のナタリー・ポートマンとか、トム・クルーズ&ブラッド・ピット主演の『インタビュー・ウィズ・バンパイア』で子供のバンパイアとして出演していたのが、『スパイダーマン』でヒロインを演じるキルスティン・ダンストだったりするわけで、やっぱ女優さんが目立ちますねえ。

 まあ、男性の場合、女性よりも声が大きく変わってしまうっていうのが大きな課題なのかもしれません。声というのは演技を大きく左右する要素ですからねえ。イメージが全く変わってしまうのでしょうねえ。

 俳優ではないけれど、男性で子供時代から、大人になるまで成功を続けている人というので思い出せるのは、唯一、この人ではないだろうか

 Michael2

 ジャクソン・ファイブで、♪ABC・・・なんて可愛い声で歌っていたと思えば、大人になってのスリラーなんっていうのは、PVを初めて見たとき感動したもんなあ。


 まあ、もっとも・・・


 Michael1_1


 手術は失敗したようですが・・・・w


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/17

 松坂が完投勝ちを収め、岩村が打ちまくった。

 メジャーのスカウトの目の前ということもあり、気合が入ったのだろう。


 ああ、勿論、彼らに力があるから、そういう結果を生んだのであって、スカウトが生んだわけじゃない。

 彼らの夢をくさそうという気もさらさらない。

 ただ、プロ野球の視聴率が低迷するのは、日本のプロ野球に夢がなくなったからなんだろうなと思う。

 BSでメジャーの野球を見ることができ、海を渡った彼らが生き生きとした表情を見せているのを見ると、逆に日本のプロ野球ってつまらんのかな?と思ってしまうのが人間の性なんじゃないのかなあ。

 視聴率が悪いのも、決してGの野球が・・・っていうわけじゃないと思うよ。だってさ、春先の好調の時だって悪かったんだしね。

 ちなみにTの場合、視聴率は一定しているんじゃないのかな。詳しい数字までは知らんけどねw。


 だってさ、Tの場合、万年最下位の時代にも球場に足を運ぶ人もいたし、視聴率だって今のG戦の視聴率よりは良かったはずだ。

 理由はね、『タイガース愛?』そんな安っぽいもんじゃありませんw

 理由は、Tファンは監督のつもりで野球を見てるので、勝とうが負けようが試合を見るのだ(笑。


 勝とうが負けようが酒の肴にするので見るのだw

 前は前でさ、弱いTがいつか・・・という夢があったんだね。


 それが常勝を義務付けられているチームとの違い。

 勝つのが当たり前なら、負けると見ないし、勝つ状況が当たり前ということなら、勝っているときも見る必要はないわけだ。


 おまけにスター選手はメジャーへ行っちゃうとなると、どこに夢があるんだろうって思うよね。

 球場へ行く、テレビを見る理由がないよね。

 きっと、原が辞めて中畑が監督になろうが、一茂(?)が監督になろうが視聴率に影響はないと思うなあ。

 子供達にいつかあんな選手になりたい・・・っていう夢だけでなく、夢破れて呑んだくれるおっさん連中にも夢がないとさ、やっぱり駄目だよね^^。

 
 
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/16

オシムジャパン

 監督がオシムになって2試合。

 正直、まだ良く分からん。

 ただ、鹿島枠が千葉枠に移行して言えることは、お上品だったサッカーが泥臭くなったこと。

 これはちなみにほめ言葉。

 前線で身体を張る巻は、オフ・ザ・ボールの動きが世界に通用すると言われた柳沢よりも素人には分かりやすい。

 ヘディングじゃなく、トラップしてシュートした方が・・・なんていう解説もあったが、本人曰く『頭が利き足』と。

 これは自分の足元の技術の未熟さを自覚しているからこそ言うせりふなのだ。

 上手くなるためには、試合の中でトラップ&シュートを試すべきなのかも知れないが、まあそれはこれから代表の中心になっていく訳だし、徐々にその部分も自覚してもらおう


 千葉枠の選手の活躍と、絶好調の浦和、個人的にJの得点王争いに加わる佐藤寿、我那覇あたりが絡み、ドイツ組みの中でも戦ってきた川口、加地あたりが絡めば悪いチームになるはずはない。

 途中から入った羽生が、佐藤勇が、田中達が、トゥーリオが、走り回った代表。

 勿論、相手イエメンが全く攻めてこず、守りだけを固めていたために、この代表の本当の力はまだ何も分からない。

 このチームには特筆する技術を持つ選手はいないが、気合は垣間見れたような気がする。

 まあ、もっとも、サントスはやっぱりサントスで不用意なパスを連発していた。

 たぶん、代表チームがもう少し熟成し、ユニット単位で選手を選ぶ必要がなくなれば、彼は代表から外れるのではないか・・・というか外してくれw。

 まあ、正直ぶっさいくな試合では合ったが、久々に気合を入れて応援できた試合だった。


 ふと、今日の試合を見て思った・・・・

 貪欲な姿勢を見せる若い選手の中に中田ヒデが入ったらいいのになあと、彼の経験を伝えるべき選手はこの中にこそいるんじゃないかと。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/14

退き際。

 オリックス・清原に現役続行要請

 なんだかな~っと阿藤快ばりにつぶやいてしまいそうな記事だねえ。

 っていうか、FA選手に残留要請ってのは聞いたことあるけど、現役続行要請って聞いたことねえなあ。

 確かに誰かに必要とされることは、とても大切なことだし、自分が誰かに必要とされたら、そりゃ嬉しいよねえ(独身者のつぶやきw)。

 しかし・・・・


 小泉オリックス球団社長曰く・・・・

 早出特打ち、試合終了後の素振りをはじめ、野球に取り組む姿勢がチームメートに好影響を与えていることや、球団グッズの売り上げなどにも大きく貢献していることを高く評価。「今までにも貢献しているとは話した。グラウンド内外で?清原は貢献の仕方がいろいろありますから。シーズンが終わってからでしょう」

 早出特打ちとかってさ、選手としては当たり前のことなんじゃないのかなあ?


 少なくとも、強い球団では当たり前だよねえ。


 弱小だったTが優勝争いに絡めるようになったのは、何より金本が来たからで、彼の野球に取り組む姿勢が選手の意識を変えたことは、Tファン以外の野球ファンにも知られていることだ。

 ただ、金本と清原の違いはどこか?

 早出特打ちってのは、試合に出て活躍してこそ効果があると、他者に知らしめるものであり、少々の怪我ではものともせず、試合に出続け結果を残す金本と、試合に出られる状況にない清原との差は歴然としている。


 試合に出られない清原に説得力があるか?と言えば、疑問符が1個や2個では足りないと思われる。


 むしろ、小泉社長の本音は、後半部分、つまり、観客動員やグッズの売り上げといった部分にあるように思えてならない。

 要するに・・・


 一言で言えば・・・

 客寄せパンダとしての価値しかないと聞こえるんだが・・・

 私の耳がおかしいのかねえ。

 あ、ちなみに私は清原は嫌いじゃないですよ。豪快なスウィング、いかつい体型に似合わない優しいハートを持っているっていうのも、岸和田のとあるイベント(や○ざの集会ではないw)の司会をやっている知り合いから聞いて知っている。カリスマ性があるのも認めるし、笑顔は可愛い(?)ところもあると思う。


 でも・・・・・


 野球選手は野球を出来るから、野球選手って言うんだよね。

 長年続く足の故障は、最早アスリートとは呼べない状況だと思う。

 『ぼろぼろになるまでやりたいんや』

 なんて言うかも知れないけど、もう十分ぼろぼろやと思うよね。

 もし・・・


 足の故障が好転する状況にないなら、すっぱり引退して欲しいと思うな。

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/12

敗因を語る。

 ジーコジャパンの話じゃありません。


 勿論、亀田でもないです・・・あ、勝ったんだったw。

 えっと、Tの話、野球の話ですね^^

 あ、今日の敗因ではありません(笑。
 


 今日も試合を見てないしねえ^^;;;


 というか、今季ほとんど試合を見てないなあ・・・ずっとサッカーモードでしたw


 今年の敗因は(まだ早い?w)、やはり今岡に尽きる。

 戦犯という意味ではなく、故障を抱えつつ、戦いつつなので、仕方ない。

 しかし、昨年147も打点を挙げた男が不調だったり、いなかったりするのは大きい。

 いかに兄貴金本が足をしばきつつ、そんな状況で満塁HRをかっ飛ばそうと、難しい。

 勿論、赤星が不調だったりしたのも事実だが、そこはカバーしあわなくてはならないのだろう。

 まあ、ピッチャーについて言えば、裏ローテが1枚足りなかったこと。

 そして、開幕直後はジェフ、中盤以降は久保田が、そしてついには藤川がと、昨年の優勝を支えたリリーフ陣が崩壊してしまったこと。

 これに尽きると思う。個々には、藤川も速球で1本立ちしたし・・・まあ、それが故に、それを期待されるが故に故障したという話もあるね。ま、諸刃の刃ですな・・・鳥谷も完全に1人前になったようだけれど、安定したDには及ばなかったようだ。


 今岡が原因といったが、彼ももう32歳。そろそろ彼を脅かす選手が出てこないことにはどうにもならない。


 正直、いつまでも、金本、今岡、矢野、下柳じゃないだろ!


 と、これは暴言だけれども・・・あ、片岡もw・・・ただ、そういう若手が出てこないことにはどうにもならない。

 打では関本、林辺りが、投では能見、太陽、江草、杉山といったところが、もっとアピールできるようになって欲しいね。

 ま、こんなことを言うと、岡田監督じゃなくても、毎年優勝すべしというチームになったのはいつからだって言いたくなるだろうけどねw

 今年はこれでよくやったほうだと思うな、正直・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

10番。

サッカー日本代表に坂田、中村ら5選手を追加招集

 さて、この5人の中で誰に期待しているでしょうw

 1.故障あがり


 2.俊輔の後釜と言われた


 さあ、おわかりですね。

 日本人のトップ下の中で松井大輔と共に、ファンタジスタといえるのは、この人しかいないと思われる山瀬功治。

 ちょっとワクワクしてきましたねえ。

 ただまあ、故障が多いのが小野同様難点なので、ここも過大な期待はなしということで(笑


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜庭。

 これが同じTBSなんだろうか。

 まあ、引っ張りに引っ張るあたりは一緒だけど・・・w

 桜庭和志、37歳。同い年だ。

 序盤、打たれて、意識を飛ばし、ダメだと思ったところからの無意識の反撃。

 好敵手だったバンダレイ・シウバの下で練習をした打撃が無意識で出る、出る、出る。

 打ち疲れたのか、打たれて効いたのか分からんが、相手が後退する。

 ようやく有効打が出、相手が出血し、得意のグラウンドへ持っていくと、最後は見事な腕ひしぎ。

 やっぱり、こういう試合でなきゃ涙は出ない。

 活躍の舞台は移したものの、彼のPRIDEは守られ、我々のHEROであり続けてくれるようだ。

 作られたHEROじゃなく、本物のHEROはやっぱり感動を呼ぶ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表のGattoso

 日本代表チームメンバーがついに発表された。

 私の期待するFC東京の今野が選ばれた。

 ちょっとコンディションを落としているようだが、同じブルーのユニフォームを着て、走り回る姿を見たいですなあ。

 過大な期待はしないけど、多大な期待をしておりますぞw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/03

痛し痒し?w

 えー、亀田の件については、ファイティング原田JBC会長同様、ノーコメントです。


 ただ、一言言うなら、亀田親子は大きな十字架を協栄ジムに背負わされたということですね。

 さて・・・・・


 話は大きく変わります。


 今日は税務調査の日でした。


 その話を少し・・・・

 税務調査といっても、普通の法人、個人ではなく、相続税の調査でした。


 で・・・・・


 驚愕の事実が発覚したので、お客さんのプライバシー等に引っかからない程度にお話したいと思います。

 調査の対象になったのは、課税資産の漏れについてでした。

 要するに、相続財産を少なく計上しているということですね。


 いったいどういうことか?と言えば・・・

 お亡くなりになった方は、株式や、投資信託でずいぶん財産を築かれた方のようで、大手メガバンクのM銀行(Mほ、M井住友、M菱東京UFJかは言明いたしませんw)の投資信託をずいぶんとお持ちの方でした。


 会計事務所としては、確認、そして申告の手続き上、『残高証明書』と言うものを相続人の方に取って頂くのですが、某外国投信を2500口(1口$10.16)という記載があり、それに基づいて、当日の為替市場を鑑み、260万円超の評価額があったわけです。


 ところが・・・・税務署の調査で判明したのが、実際は2500口ではなく、25000口だったと、つまり260万円超の評価ではなく、2600万円超の評価になるという指摘を受けたのです。


 要するに、相続人の方にも、我々会計事務所にも責任はないとのことでした(税務署の調査対象としては、本当は25000口ということを相続人が知っていたのではないか?つまり、銀行のミスを知っていて隠したのではないか?ということで、調査に入られました)。

 天下のメガバンク、M銀行がですよ・・・


 しかも、20年も前の手書きの時代ならいざ知らず、PCの時代に、桁を一つ間違うなどと信じられないミスを犯しているわけです。


 税務署立会いの下、銀行に電話したものの、向こうとしても信じられないミスのようで、調べますとの返答。

 はっきり言って、一昔前と違って、残高証明書発行には料金がかかります。しかも、申請後すぐには発行されず、最低1週間はかかって発行される資料が間違っていると、我々は何を信用して仕事をしていいのか、さっぱりわかりません。まあ、これにかかる、加算税、延滞税はM銀行さんに負担していただくよう、交渉するつもりですが(M銀行が、きちんと発行していれば払わなくて済む税金なので)、それだけで済ませていいのかどうかが悩ましいところです。


 ただ・・・・まあ・・・・・

 うちの事務所としては、調査立会料、修正申告作成料が余分にいただけるので、嬉しくもある・・・なんていうと不謹慎ですけど・・・・んで複雑な心境なのですが・・・・(笑

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/08/01

だいリーグへ・・・

 イ・スンヨプのサヨナラHRですか、水色さんに申し訳ないわ・・・・

 まあ、見てないんで、文句も言えませんが(笑。


 来年、井川くんにはだいリーグへ行ってもらいましょう。


 え?通用しない?


 井川がメジャーだなんて、とんでもない?


 誰もメジャーなんて言ってませんよ。


 ええ、だいリーグって言っただけです。


 そう・・・・・


 台リーグへ・・・・w


 あら、ここでも通用しませんか・・・・そりゃ失礼w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »