« その13 | トップページ | 敵ながら天晴れ。 »

2006/09/16

言葉の不思議

 『面白い』という言葉、確かに面白い・・・ナンノコッチャ


 1つ目の意味は「趣がある、興味がある」という意味だ。つまり英語でいうところのinterestingというやつだ。


 2つ目の意味は「笑いたくなるほどおかしい」という意味。つまり英語でいうところのfunnyとなる。

 小泉首相の「出れば面白いね」

 の発言はどちらの意味なんだろうか。

 興味があるっていう意味なんだろうねえ。きっと。

 暇になる有名人を探して政治家にさせようなんていう発想の方が面白いと思うんだが・・・・

 当の新庄にしても「首相、その考え、面白すぎ!」なんていうことになるような気がするが・・・w

 実際、新庄サイドはあまり興味がないようだ。まあ、この辺は新庄サイドも馬鹿じゃないってことだと思うけどw。

 なんだか話がややこしくなってきたところで、最後にもうひとつややこしい話。

 「興味がある」を日本の古語で言うと「おかし」、現代で「おかし」と言えば「面白い」となるよねえw。

 頭が「おかし」くなった人、とりあえず「面白い」って思って笑ってくださいw。


|

« その13 | トップページ | 敵ながら天晴れ。 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/11915743

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の不思議:

« その13 | トップページ | 敵ながら天晴れ。 »