« 一応の総括。 | トップページ | 一進一退。 »

2006/10/21

まずはドラゴンズ。

 川上、ダルビッシュの投げあいで始まった日本シリーズ。


 初回は川上がグダグダ、ダルビッシュは完璧と、これはドラゴンズ勝てないなって思わせた出だしだったが、初回のグダグダの川上を攻略できなかったファイターズは、なんとその裏、ダルビッシュがウッズとの勝負を完全に逃げてしまってグダグダに・・・(笑


 グダグダのピッチャーを攻略できないほどドラゴンズは甘くないわけで、2点を先制する。


 ところが、川上のグダグダ具合は治らず・・・獲ってもらった後に点を獲られる、しかも追いつかれるという最悪の展開になってしまう。


 ところがところが・・・ダルビッシュもグダグダ具合は治らず、獲ってもらった直後にまたもや1点を失う。


 ファーボールから点を獲られると、これは誰も防ぎようがないわけで、お互いらしくない展開になる。


 ただ、4回以降は、貧打といっていいのか、それとも、落ち着いてきたといっていいのか、ファイターズの外野、そして特筆すべきは、個人名をあえて挙げるが、8回の井端のプレーは、井端にとってはいつもの当たり前のプレーなのだが、ファイターズにとっては痛い、大きなプレーになったと思う。

 結局は、ベテランの多いドラゴンズが、本拠地ということもあり、相手のミスに付け込んだいつものプレーを見せて逃げ切った。


 川上、岩瀬ともに本来のピッチングからは遠くかけ離れた状態ではあったが、それでも勝ったことはとても大きい。また、ファイターズはダルビッシュが崩れはしたものの、なんとか立ち直ったことで第6戦に期待できる状況になった。武田の点の獲られ方が悪かったのが、ちょいと不安だが、こればっかりはもう1つ見てみないと分からんね。次、救援に失敗すると使えなくなってしまうが、リベンジして欲しいね。

 さて、明日は山本昌と八木になるのだろう。八木が生まれた年にプロになった山本昌という因縁めいた対決。チームカラーから言っても大崩はないだろうから、明日もしまった試合を期待しましょう^^

|

« 一応の総括。 | トップページ | 一進一退。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/12367581

この記事へのトラックバック一覧です: まずはドラゴンズ。:

» 06日本シリーズのオレ龍【目指せ!テッペン】 [水色桔梗みたいな]
ファイターズ 2-4 ドラゴンズ まずは、1勝。 ヒーローインタビューは川上だっ [続きを読む]

受信: 2006/10/21 21:50

« 一応の総括。 | トップページ | 一進一退。 »