« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/29

最近の気分・・・

 年末になり、暮れも押し迫ってようやく冬らしい気候になりましたねえ。

 みなさん、いかがお過ごしでしょうか・・・どうもグーパパです。


 こういう寒さが増して、空気が透き通った感じになると、音楽も透き通ったものを聞きたくなるようです。


 昨日、今日と、ずーーーっと流れているのが


 Carpenters


 そう、大工さん・・・カーペンターズです。

 聞いているアルバムはこれじゃないんだけど、適当な画像がなくって・・・(笑

 カレンの歌声は、透き通るような美しい高音にもあるんだけど、私が好きなのは、ぐっと胸に染み入る低音だったりします。


 私はこうしてシミジミと2006年を終えようとしております。


 皆さんは、どんな2006年の結びを迎えられるのでしょうか?


 なーんってね、こういうしっとりとした曲を聴いていると、ガラにもないことを言ってしまったりします(笑


 とりあえず・・・


 皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

 2007年も、グー共々、よろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/12/25

何をやりたいんだろうw

 最近、自分の読む本があまりにバラバラで自分で何をやりたいのかイマイチわからない(笑。


 移動中に論語を読んでいるんだけれど、漢文をきちんと味わいたいので、少しづつ進めている状況。


 ただ、それでは時間に対して読む量が追いついていないので、何かないかと物色していると、コンビニで

 Kiki

 こんなものを見つけた。


 このシリーズの聖書関係の本を買ったのだけれど、まだ読まないでいるというのに、全く懲りないもんだ。

 あ、見つけただけじゃなく買っちゃいました(笑。


 実は古事記に関しては


 Kojiki_1


 こいつを買おうと目論んでいるのだが、2巻組と下手をすると断念しかねない状況なので、軽めの本を探していたのだ。


 何故に古事記か???


 と言えば、これまた途中で断念しているシリーズ『逆説の日本史』のせいなのだw。

 井沢氏曰くは、資料至上主義の現日本考古学会は間違っているとの指摘をしているわけだが、井沢氏の本を読んでいても、結局、原本となる資料・・・つまり古事記や日本書紀を読んでいないわけで(子供用の神話集を子供の頃に読んだだけなのだw)、どこをどう解釈しているのかイマイチ分からないまま来てしまっているので、原点回帰を考えていたということなんですなあ。

 やっぱり、口語訳、しかも現代語訳のものから入ると、きっと嫌になるので、その前の予備知識として、地図であるとか、写真が入っているものから入るのが正しいやり方なのだろうと思うんだよねえ。

 まあ、これで記紀の世界を少し垣間見て、それから本編に入ろうかな^^。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなトイレは嫌だw

 今年最高の変換ミスは……「怪盗アンデス」?


 

 私の場合、将棋用語、麻雀用語が登録されているので、やっぱり妙な変換がありますねえ。

 例えば、『今日』・・・って入れたいのに、『香』となったりするのは将棋用語のせい。

 『そう言えば』・・・って入れたいのに、『索言えば』となるのは、麻雀用語のせい。


 
 
 それにしても・・・お客彷徨うトイレ・・・やだなあw。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

JB逝く・・・・

 Get up!・・・・イノウエ!(と、うちの松坂世代の弟は聞こえると主張するw)


 ファンクの帝王、James Brownが亡くなったそうだ・・・


 まだ73歳、うちのオヤジより若いのにねえ・・・合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

有馬記念。

 私は普段、競馬をしないんだけれど、年に1回、有馬記念だけは買うことにしている。まあ、見るのは結構好きで、時間があれば、メインレースだけだけれども、見るようにしているんだけどね^^。

 ということで、買いましたよ、馬券。元町ウィンズで、あっほみたいに人がいる中を掻き分け、ウィンズ内に張り出されている出走表を見て、ようやく購入した馬券が、これw(競馬情報誌などは一切買わないので、ローテーションと前走3戦の成績のみで判断しているので、今回の人気具合、馬体重、調教状況などは一切知りませんw)。

 Arima06


 今回は、ディープインパクト(4番)を軸にしないわけにはいかないので、馬単での相手探し。


 適正距離にはちょっと長いのかも知れないが、松坂、井川、岩村がポスティングでメジャーに行くってことで、ダイワメジャー(5番)を、まずチョイス。

 そしてアメリカに行くには、パスポートが・・・ってことで、ドリームパスポート(3番)を選択。まあ、JC2着という前走実績もあるしね^^。

 最後は、ペリエの乗る、ポップロック(1番)にしようと思ったが、そのポップロックに前走、前々走に先着している、デルタブルース(2番)にすることにした。


 本当は、連には良く絡む牝馬をってことで、スイープトウショウも買いたかったのだが、最初に3つまでと決めていたので、やめにしたんだよねえ。こいつが絡んできたら泣くぞ(笑。


 サンタさんは、クリスマスプレゼントをくれるんでしょうか・・・それとも、普段の行いが悪いとばかりに、くれないのでしょうかw


 追記・・・・。外したペリエ騎乗のポップロックが2位となって、3位がダイワメジャー。典型的な1着3着銭ならずですなあw。

 サンタさんは、JRAの方へ降り立ったようです・・・(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/12/23

やっぱねえ・・・

 長髪井川に“鉄のおきて”!ヤ軍・キャッシュマンGMが散髪指令


 あれほど、日本で言われ続けた井川の髪型だけどさ、ヤンキース入った途端に切ったら、日本のファンをなんだと思ってんだ!って言いたくなるよねえ・・・


 せめて罰金かなんか食らうまで我慢しろと言いたいな(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子、曰く・・・・

 はーい、良い子のみんなー、クリスマスプレゼントといえば??

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 うん、そうだね、プロテインだね。


 はーい、は、はーい、エブリィバディ、パッション!

 どうもパッション・グーパパですw


 クリスマスイブを、初対面の男性と過ごすことになり、なんだか悲しいやら、一人で過ごさなくて済むというので嬉しいやら、妙な気分で、今日を迎えております・・・(注;あちらの組合員ではございませんので・・・ひすわしさんの親戚を一晩拉致するだけの話でございますw

 えー、クリスマスと言えば、キリスト教なんですが、最近、宗教本に凝っているっていうのは、以前お話したとおり。まあ、クリスマスにキリスト教の本を読むほど、素直な人生は歩んでおりませんで・・・


 今、読んでいるのは、

 Rongo


 論語だったりします。まあ、いわゆる儒教なわけですねえ。


 孔子、その人については「偉い人だね」というスタンスでいるのですが(これは、キリスト、仏陀についても同じことですね)、中国の思想では、儒教よりも道教の考え方が好きな私としては、論語ってのは、どうも苦手な本でして、まあ、苦手ってほど、読んだわけじゃないですけどね^^;


 この本は、そういう苦手だなとか、儒教は堅苦しいからなあ・・・という印象を持っている人向けに書いているそうな・・・内容自体は、「へー」と思うことも多々ありますが、やっぱり儒教は儒教だねと思ってしまうのだw。


 ただ、今までの論語関係の本よりも、とっつきやすいのは事実。こういう本で論語を勉強すれば、高校の時にもっと論語に触れることが出来たんだろうなって思いますね。なんせ、孔子の教えを説くというよりも、文化としての論語と言う感じで説明してくれるのが魅力だと思います。

 まあ、これでこの本を読んでみようって思う人・・・いないだろうな(笑

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/19

夢も智謀もないw

 <サンタを解雇>英高級百貨店、ハロッズ “差別”発言で


 夢を売るはずのおもちゃ屋さんの店員としては、ホントに夢もないし、言っていい事と悪いことが分からない程度の智謀もないってのは、どうなんだろうねえ・・・(笑


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/17

やっぱり・・・

 日本がブラジル相手にサッカーで勝てるようになるには、10年や20年は早いんだろうなって思う。

 今日の、クラブW杯決勝は、ヨーロッパ代表バルセロナと、南米代表インテル・ナシオナル。バルサの10番ロナウジーニョはバリバリのブラジル代表なのはいいとして、対するインテルもブラジルのクラブっということで、今日の先発メンバーは全員ブラジル人。ところが、このメンバーの中にはセレソン・・・つまりブラジル代表は一人もいない。

 世界最高とされるバルサを相手に、引いて守って、なんとか・・・っていう試合をしているわけではない。DFラインを高く上げ、互角に渡り合っているわけで、技術もブラジル人なんだから当然高いし、フィジカルで劣っているわけでもない。これだけのメンバーが代表に入れないわけで、こりゃすげえわって改めて思った。

 し・か・も・・・だ。インテルには17歳の新鋭FWアレシャンドレは17歳だし、そのアレシャンドレと後半交代で出場してきたルイス・アドリアーノは19歳。若手もじゃんじゃん出てきている。


 アレシャンドレは特に、先日の試合でも肩でリフティングをするなど、技術的にも非常に高いものをもっているだけでなく、自らがいう「アイドルはロナウジーニョ」を目の前にしても、物怖じしないメンタリティも素晴らしいと思う。


 そして、やっぱりサッカーはこうでないと・・・って思うのは、ゴール前で後ろを向く選手はいないということだ。必ず前を向いて勝負するし、少々の悪い体勢でも必ずシュートを打つ・・・少なくとも打とうとする。「自分がゴールしなくても、味方がゴールすればいい」と、ゴール前でパスを選択する選手は皆無といっていい。必ず自分で責任を取るプレーを選択するんだよね。だから、相手は気を抜けないし、味方は味方で、ゴール前に詰めておけば、悪くてもこぼれ球が来るって思って、冷静に待っていられるんろうと思う。準決勝でのロナウジーニョのゴールもそうだよね^^。

 このクラブW杯も川渕キャプテンは、開催国枠を作るようにFIFAに働きかけているようだが、アジアチャンピオンになれば、出場できるわけで、少なくとも、そういうチャンスがある限りは、開催国枠なんていう格好悪い出場のしかたをして欲しくないと思う。満員のファン(まあ、自国のクラブチームでないのに満員になる方もどうかとは思うがw)が入っていることを見ても、開催国が出場しないことで、盛り上がらないなんていうことは通用しないように思う。正直そんなことを働きかける暇があれば、もっと自国の強化を考えた方がええんやろうね。

 まあ、そうは言うものの、自国のクラブでもないのにお客が入っちゃうし、しかもケンカや、発炎筒を投げ入れて妨害するなんていうことがないからこそ(ましてや、犬が乱入するなんてありえないしw)、日本でこういう世界最高峰の戦いが見れるんだけれども・・・それだけではさびしい限りですな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/14

庶民シュー

 オシムは言う、『勝利と内容両方を達成できるのはバルサだけだ』と・・・・

 ほんの4日前にリーグ戦をこなし、10数時間をかけて移動し、時差ボケがあるようにはとても見えないバルサのサッカー。

 エトー、メッシを怪我で欠いてこれかい!!


 と、クラブ・アメリカ関係者が言ったかどうかは知らないが、このチームはホント、どうなってるんだろうねえ。


 無駄な走りがないから、疲れない、疲れないように見えてきっちりと走っているからダイレクトでボールがつながる。


 勿論、走るだけではない、正確なパス、シュート、ドリブル・・・雨で滑るピッチを計算の上でのプレーだ。

 グジョンセンも・・・マルケスも・・・デコも・・・それぞれ技術度の高い素晴らしいゴールではあったが・・・


 やはり千両役者は、ロナウジーニョ。


 ゴールまで決して慌てることなく、きっちりと、ゴールにボールを置いてくるそんなシュートだったねえ。


 安西先生に似ているオシムも、こんな庶民シューを望んでいるに違いないw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/12

大ショック・・・

 ポチたまの人気犬「まさお君」が病死


 ご冥福を祈りたいと思います・・・合掌。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

へー、へー、へー(大笑

 1Rでホールインワン11回

 タイガー・ウッズも真っ青だそうな・・・(笑


 いやー、ここまで行くと、すごいというか、なんというか・・・・


 水色っ氏、レッスンに行くより、こちらの国に行けばいいのに・・・って思うけど、どうよw

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/12/11

ラストサムライ。

 やっぱねえ、渡辺謙は御家人斬九郎のイメージがあるからさ、時代劇似合うんだよねえ。体がでかいから、殺陣も格好ええし・・・

 でも、真田広之もいいんだよねえ、この映画。役どころも、見せ場も良いもの貰ってるよねえ。やっぱりアクション出身の俳優さんはこういうの似合いますねえ。


 とはいえ・・・やっぱりこの人でしょう・・・いや、トム・クルーズじゃないよ。寡黙な侍として登場の、福本さんねえ。斬られ役専門の大部屋俳優さんだけど、ナイト・スクープがきっかけで徹子の部屋にも出演し、そしてハリウッド映画・・・ここではせりふが全くないけれど、勝元を救い出すシーンでも弓をとっての大活躍、そしてやっぱりこの人の見所は最期のシーンだよねえ。


 まあ、この映画、内容自体はたいしたことないと思うんだけど、殺陣のシーンがとてもかっこええんだよねえ。香港映画のカンフーアクションもいいんだけど(ワイヤーアクションじゃないやつねw)、やっぱり私は日本人。時代劇の殺陣が一番好きだなあ。この映画では現役最高の松平健は出てないけど、渡辺謙も、真田広之も格好いいからねえ。

 うちの家はケーブルテレビのケーブルが通ってないから見れないんだけど、スカパーでも入ろうかなあ・・・時代劇チャンネル見たくなってきたよ。

 まあ、スカパー入ったら、MONDOで麻雀ばっかり見てそうだけど・・・(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/08

今日は何の日?

 といわれて、John Lennonの命日でしょ?って言う人は40台か、もしくは洋楽好きな人でしょうねえ。

 太平洋戦争勃発の日もしくは、真珠湾攻撃の日って言う人は70台以上か・・・w

 力道山が刺された日だろ?って言う人はプロレスマニア

 針供養の日って言う人は、和裁・洋裁関係者以外は・・・やっぱ変態かな?(笑


 寒くなってきたと思ったら、今日は少し暖か・・・みなさん、体には気をつけましょうねえ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »