« やって良いことと悪いこと。 | トップページ | ぶり大根 »

2007/01/17

ちょっとしんみりした話。

 20数年前の1月16日、母方の祖母が亡くなった。


 そしてそのちょっと前、私は母にはもう一人姉がいることを知った。


 母は3人姉妹なのだが、一番上の姉とは、母の父と、姉の夫がうまくいかなくなっていたため断絶状態にあった。

 その母の父つまり私の祖父が死んで10数年、祖母がいよいよ・・・と言うときに、母とすぐ上の姉は一番上の姉に連絡を取り、三人再会と相成った。

 つまり祖母の死が三人を元に戻したという所だろう。


 その姉の夫、つまり私の伯父は私にアメリカンフットボールの存在を教えてくれて、甲子園ボウルにも連れて行ってくれたりして、親戚としての新たな交流が生まれるようになった。


 そんな伯母夫婦もそれから10年ちょっと、母には姉との再会を喜ぶ期間が十分だったとは思えないが、別れの時が来た。


 12年前の今日、二人は連れ立って旅立った。

 あれから12年も経つんだなっていうのは、信じられないんだけれど、確かにそれだけの月日は経ったわけだ。


 全ての交通機関がダメになり、自転車で神戸の西の端から東の端まで、母を連れて自転車で駆けつけた。

 瓦礫の中を、火事の中を。

 ただ、ふと思う。

 祖母にとって、祖父にとって、一番可愛かったのは伯母だったのではないかと。


 前の日に、従兄から家に泊まりに来ないかといわれていたのに、風邪だからまた今度にすると言った伯母。

 人の運命がいかに偶然に支配されているとはいえ、祖母が寂しがって・・・と考えたくなるような偶然の出来事だった。

 なんせ同じ家に住んでいた従姉は助かったのだから。


 伯父がいなければ、何もできないように思えた伯母、伯母がいなければ、何もできないように思えた伯父。二人して連れ立ったのは幸せだったのかもしれない。

 伯母夫婦のみならず、12年前の震災で亡くなった方々に改めて哀悼の意を表したいと思います・・・合掌。

 

|

« やって良いことと悪いこと。 | トップページ | ぶり大根 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/13541230

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとしんみりした話。:

« やって良いことと悪いこと。 | トップページ | ぶり大根 »